« 2007年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年5月

2009年5月10日 (日)

ガラムスピードダッシュ!2009

スラロームみたいにスタート失敗とかジャイブ沈など関係なく
速度のみセッティングデータが結構使えるかもです
09050910
2009ガラムスピードダッシュ
9日のみ成立
予選
20名づつ3組
内10名ごとに別テーブルでタイム集計
一回15分トライ、競技の15分内に浜に帰着しないと失格
決勝は予選上位10名づつ30名

一回戦
ガスティーでシフティーインサイド無風あり
TR4:9.2、ダウン:+10mm強風仕様、クリュウ:引き気味、ジョイント最前
タブー09マンタ79、124L:ストラップ:前ネジ前から3番目、後ろネジ後ろから2番目裸足ゆるめ
フィン44cmマウイ
ウエストハーネス使用ハーネスラインはあまりにもガスティーなので長めのまま
下らせた時にフィン抜けあり、ジョイントネジ緩みで海上でジョイント外れ7分ロス
今まで試乗ボードで他人任せの時に一回あっただけのトラブルがこの一戦で起こるとは
まし締めが必要。
9.2では危険を感じるブローあり
49.8km 10人中4番目くらいのタイムで決勝進出

決勝
ガスティーでシフティーインサイド無風ありだが明らかに強風10m以上のブロー有り
タイタン:7.5、ダウン:0mm、クリュウ:0、ジョイント中央-20mm
タブー07ロケット74、115L、スラローム4ストラップ外側位置で裸足きつめ
フィン36cmタブー純正
どの確度が最速か思考錯誤、GPS表示はトライ毎に見られるように固定する方が良い
52.4km中間くらいの順位
他は60km台は2名
自分以外にフリーライド系ボードはシマーのレースセールにクワトロフリーライドマウイフィンの佐藤さん(有限会社 ザ・ブルー)くらい
セールも女性でタイタン使っている人がいたがそれ以外はレースセールオンリー

二回戦
先の決勝より少しきついブローあり
タイタン:7.5、ダウン:0mm、クリュウ:引き気味、ジョイント中央-20mm
タブー07ロケット74、115L、スラローム4ストラップ外側位置で裸足きつめ
フィン36cmタブー純正
他の選手は60km近くマーク、下らせてセールを引き込むにはハーネスラインが長すぎ
思ったライン取りができない
51.2km敗退
60km台が5名、他の組よりも早い連中が集まっている感あり
総合結果28位

二回戦敗退後の試し乗り
風の条件同じ
タイタン:7.5、ダウン:0mm、クリュウ:引き気味、ジョイント中央-20mm、ハーネスラインマイナス50mm
タブー07ロケット74、115L、スラローム4ストラップ外側位置で裸足きつめ
フィン36cmタブー純正
54.6km
さほど窮屈でないのに簡単に最速が出た
ラインをもっと短くしてセールを立ててかつ引き込む事、簡単調節タイプにすべき
フィンを手持ちワークスウイング40cmにすればさらにスピードアップ間違い無し?

上位2名はマウイセール使用
トップ浅野選手65.4kmたしか6点台セールにバーレーのワークス?L小さめ
2位もバーレーの試乗艇フェイス?L


参考
玉さん
第1R7.6㎡ワークス115㍑フィン40cm、55キロ
第2R6.7㎡フェイス90㍑フィン34cm、61.8キロ、8位

事故
玉さんと3位の方、2レース目の決勝でほぼMAX60kmオーバーで接触(まともに当たってはいないが両者一部破損)
運良く怪我はありませんでしたが、ブームエンドに相手のフィンが当って滑車の入ったパーツが吹っ飛んだそうです
今大会はアウトに出る方向で進路が開けるロケーションなのでポート優先と何度もアナウンスされてたのに
相手の選手がスタボーでスピードトライアルしてた
玉さんはヘルメットを着用していなかったら飛ばされた時にまた鼓膜がやられたかも?とのこと
ルールを守って、装備もきちんとやらないと相当危険

怪我
ドラゴンはビーチが狭く少し離れたモグランの桟橋付近まで帰着ポイントとなったが、溶岩の地肌は非常に素足に過酷
足の裏や指から出血してる人多数。
自分も裸足仕様のストラップ調整にしてたので無理してしまい拇指裏がズルむけ、ボードが血染め。
決勝からはビーサンを水につかるまで使用して体が軽いところで脱いでストラップベルトに通して持ち運び
玉さん推奨、伝統のアトム:ライスプラントブーツを早々に購入880円

BBQ
夜のBBQは参加人数の2/3程度の参加で食べ物飲み物も十分満足
全員参加では間違いなく不足
往年のウインドサーファー、現役プロとの交流も面白く浅野選手の飲ませ上手もトップスピード
二日酔いにならない程度。
キャンプ場車泊1000円。
二日間の朝昼4食分の食料は事前用意しておいたので一箇所でのんびりゆったりキャンプ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2009年10月 »