« 微風はねぇ | トップページ | 2009Pカップ »

2009年11月13日 (金)

ペラ中心部カーボンケプラー補強

Sany0053 クロスの切断方法
マスキングテープをシート4辺に貼り付けてクロスの繊維がほつれないようにする
切断ラインにもマスキングテープを貼る
ケプラーは何しろ切れにくい!ハサミはトタンも切れる鋭いものを使用

裏から接着するが表に10mm程度回しこみ、ペラ固定のボルト部にかからないようにする
クロスの貼る位置を決めて中心線の凹凸の無い部分のみ接着する

乾いたら端のマスキングテープの裏側にエポキシを塗ってマスキングテープで密着固定
さらに折り返しや複雑形状部分の密着固定が必要ならば真空パックで押さえ付ける

乾いたらマスキングテープを綺麗に剥がす
全体にエポキシを塗って乾燥させるが凹凸がある場合は真空パックで固定する

表と重なる部分をヤスリで削り密着性を上げるが
Sany0047ケプラー繊維は切れないで毛羽立ってしまうので基本的に最初からしっかり仕上げるのが大事

表も同じく10mm程度まわしこむ大きさとして裏と同じ手順で貼り付ける
この時こそ末端のヤスリがけを極力少なくするように
カーボンだけだとヤスリがけとクリア仕上げで非常に綺麗に仕上げられる

注意、真空パック時に離型剤代わりのサランラップは接着されて剥がれずらいので使用せず少し厚みのあるビニールを使用すること

注意、真空パック時はエアが抜けるラインと密着させたい部分にスポンジを必ず挿入すること。凹凸が無い場合は片側だけスポンジでも良い

|

« 微風はねぇ | トップページ | 2009Pカップ »

プロペラ」カテゴリの記事

モーターパラグライダー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284386/32198789

この記事へのトラックバック一覧です: ペラ中心部カーボンケプラー補強:

« 微風はねぇ | トップページ | 2009Pカップ »