« 土日は検見川ウエーブ?後足先入れ? | トップページ | 人間ドックからオルセー、そして乃木神社 »

2010年6月30日 (水)

くじら

IWC国際捕鯨委員会
今月21~25日までモロッコで開かれた年次総会で捕鯨国と反捕鯨国との溝が埋まらず商業捕鯨容認などの合意を断念
今年は水面下でアメリカが調停に乗り出してきていたが・・・・
アメリカには以前商業捕鯨を一時凍結するにあたって交換条件でアメリカ近海のサケマス漁獲を容認したにも関わらず、3年で反故にされた経緯がある
さらに、実は本国では捕鯨を一部先住民に許可している
アメリカは国際単位のこともそうだし、古くは国際連盟の時なども自分が言い出して自分でやらない(アメリカ大統領のウィルソンにより提唱され、国際連盟規約が定められたのに、議会反対で自国は不参加!)、自国最優先が露骨だ
日本も苦い経験から安易な妥協はしないつもりだが、オーストラリアのかたくなな、何が何でも捕鯨反対の聞く耳持たない

対応には対応不可能のようで、ノルウェーやアイスランドなどの捕鯨国と連携して新たな協議機関の設置を検討する考えを表明し、新しい枠組みを作るように模索し始めたと言う事
アフリカケニアではアフリカゾウがここ数十年の保護のおかげで増えすぎて、住民の生活に損害を与え初めている
以前300箇所あった人工水場を100箇所に減らし、自然減少を図っている
鯨やマグロは海洋資源の食物連鎖の頂点に近く、うまくバランスを保たないと小型の魚が減少して全体の資源枯渇になる事もある。
以前、気仙沼でいただいた鯨の赤身5kg。これは刺身で食べてもステーキにしても最高に旨かったなぁ

|

« 土日は検見川ウエーブ?後足先入れ? | トップページ | 人間ドックからオルセー、そして乃木神社 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284386/35587318

この記事へのトラックバック一覧です: くじら:

« 土日は検見川ウエーブ?後足先入れ? | トップページ | 人間ドックからオルセー、そして乃木神社 »