« 100620検見川 ウエーブ | トップページ | くじら »

2010年6月27日 (日)

土日は検見川ウエーブ?後足先入れ?

予報が東京湾のみ良!
よって、この時期 混み合い、くらげ、醤油色の検見川にGO!
土曜だけに激混みではなく、風は南西が6m程度か
吹き上がるはずと思い、ウエーブセットの最大
シマーの古い04かな、クロスオーバー6.7にバーレーリズム105L
んー!漂いながらも中央突堤付近ではプレーニングする時もある
もどり側も波に乗せると走りだす
本日からイトキチ推奨の後ろストラップから先入れする方式を試してみる
最初は慣れないので足でストラップを探してしまうほどに不安定
しかし、前足先をジョイントに突き当てて後ろ足をストラップに入れると言うよりは添える感じにする
添える感じが重要なのは当たり前!
体重を乗せたら一気にラフして沈です
ハーネス使わずに後ろ足を入れていたが
どうも不安定感が残り、腕も疲れる
しかし、ベアの動作が継続できるので走り出しとスピードの乗りが良い感じ
そんな事しながら、オンショアが強い中フロントにふりに行くのだがどーもクリューーファーストで走りません
後ろから来る波が何時までたってもやってこない
んー
ボトムに降りてからトップに行きたいと思いすぎ、いつものように体重が後ろ過ぎなんでしょう
マスト過重のままスピードを落とさない事が肝要なはずなのに
アジ君の動きに合わせてジャイブ、タックを繰り返してみた
んー
これも彼の方が一枚上手、何度か同じようにタックも成功することもあって
その時は、けっこういけてる!・・・が
成功率がいかんせん低い!
こつが無いと言うか気合がちょっとでも入って無いとダメ
誰かに見られてるとか、一緒に走ってるとか
なんと言うか体の動きにキレがあるときしか成功しない
乗り換えのタイミングに迷いがあってはダメ
セールに頼るような体勢、セールとボードが平行な時を逃したら絶対ダメ
後足で押し込みが強いとダメ
そう、小さなボードは回転が速すぎるので
上りを意識せずプレーニングタックと同じくもっと早めの乗り移りを意識すべきなのに
どうしても遅れ気味になるのは、やはり気合だろ!
煮え切らない風のまま雨降ったりやんだりで4時に終了

本日は店長の誕生日って亊でアイスケーキでお祝い
さらにピザを店に配達してもらって8人ほどで食べまくり
さあ明日はどこが吹くかな

明けて日曜日
予報はやはり東京湾内に風が入る
昨日より少し高め
実況の数値は洲崎、剣崎も9m以上の数値
これはもしかして、南部もいける?
まあでも外すよりはザブルーの佐藤さんもシマー、クワトロの試乗会で来るそうだし
あわよくば試乗できるかもしれんのでやはり検見川ね
すでにそれなりに面子はそろっている
イトキチはプニさんと南部へ行ったらしい
さて、昨日よりも安定して少し強い・・・が、ほんの少し・・・
波が入っているし、やっぱウエーブセットでしょ
しかし、本日はタブーロケット115L64cm、中ストラップ仕様に昨日と同じオンボロ6.7
佐藤さんの前で使うにゃ恥ずかしい
本日も後ろストラップ先入れ実施
今度はハーネスにぶら下がってから後ろ足を入れる
これは!
んーん!行ける!
そう、先にハーネス使うとボードの安定に集中した状態で後ろ足を探りあててねじ込みやすい
さらに入ったせつなベア動作がピタッと決まって走り出す
ブームを持つマスト手もハーネスに近い位置で風を思いっきり溜め込む角度にしても飛ばされない
スラローム系の連中を除外した中で、相当早めにプレーニングに入る亊が可能!
後ろ足を入れると腰が引けてしまう体勢になりがちだが
これは禁物、前足に体重をかけて後ろは添えるだけ!
プレーニングに入る前の漂っているときにまで片手で挨拶ができるとは思わなかった
絶対に前に飛ばされないからできる亊である
イトキチ理論、やるじゃないすかぁ

波打ち際が風が弱く、テトラ前から走り出す
何度も何度も同じ風で上記後足先入れを確認したが、スラ板でも確実に早いと思われるが
見た目、あまりスマートでは無いな
前足先入れにもどしてもやってみたが、すでに後足先入れに慣れてしまっていていきなりのブローで人間フォワードを2回もやってしまった
これではブームが折れるかマストパンチでボードを破壊してしまう
当面この後足先入れにしてみるか

中央突堤手前でジャイブ
ジャイブはこのところ、ノリオ選手の逆手を試している
入りの所でドライブ感ががぜん違う
マスト手の力が抜けて、セール手を下にひきつけてボードに圧力がかかりボードが深く水に切り込んでもスピードが落ちないし、ひざが曲がってマスト越しに前が見える
しかし・・・
セール返しが遅れて失速
そこで、順手で同じ引付を意識してジャイブを行う
同じようなドライブ感がなかなか得られないが、あきらかにボードスピードが高いままセールを反せるため走ったまま
プレーニングに移行できる事が確実に増えた!

波打ち際でフロント行って見るが、これはボードを115Lにして重くなった分
まったく波の力を感じない緩慢な動き
やむなくバックサイドに何度か振ってみる
波のトップに駆け上がってジャンプって気持ちでやってみるが
やはりバーレーのリズムでは確実に飛ぶはずが・・・
やはりドヨーンって感じ
でも上がったり下がったり波乗りは可能
最後にタックでプルアウトするのも何度か成功
本日は少し成功率が高かったが
満足はできませんな

風は一向に吹き上がらず、現状維持6.7でなんとかプレーニングのまま
シマー、クワトロ、それにマニューバーラインも来てたので
タブーのポケットやセバーンも試乗に用意されてたけど
残念ながら乗る機会は無かった
でも、基礎的な練習が出来た気がする一日

最後に一乗りと思って4時過ぎに出てみたら
ガツーンと激突感あり!突堤手前のブイです
早々に引き上げて見たら
なんとかボードは無傷
フィンに2箇所欠けが見られるが、ヤスリかければOKな程度
昨日さとちゃんがフィンをヒットして奉納してしまったのを目撃してたのにうかつでした
満ち潮で隠れるブイは危険きわまりない
さらに、最近はコンクリ護岸にオンショア風が多いので、すごくボヨンボヨンと突き上げる波がいたるところに出現する
スラロームで走るには酷な感じ
ジュンジュンはマストパンチでボードを激しく破損してたなぁ
浅いストラップセッティングで走ってると外れて飛ばされる亊もある
やはり検見川は一番難しいゲレンデです

夜はウエストで岩井に行っていたイトキチとも合流して8人ほどで焼肉食いまくり
あー
来週人間ドックに入る予定なのに
コレステロールがさらに蓄積してしまうではないか

|

« 100620検見川 ウエーブ | トップページ | くじら »

ウインドサーフィン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284386/35567938

この記事へのトラックバック一覧です: 土日は検見川ウエーブ?後足先入れ?:

« 100620検見川 ウエーブ | トップページ | くじら »