« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月25日 (日)

蒸し風呂 竜ヶ崎と水風呂 波崎

欲張り計画
まずはモーターパラグライダーのエリアへ顔出し
会費も払ってなかったし、ライセンスの代金もあるしね
でも誰も居ないかもしれない
なんせ熱すぎでフライト準備で死んじゃうかも?
でも行ってみると、鉄人、二○さん、亀さん、○森さん、他2人も来ててビックリ
おまけにエリアに未確認物体 ジン が・・・
風はくるくる回っていてライズアップは大変な状況
一緒に昼飯食っていざ

竜ヶ崎と波崎
そして水風呂波崎でウインドサーフィンだー
メローな波、素晴らしい!
風はクロスOFF
6.7でリズムでGO!
OFFなんでできるだけ上で乗りたいのでサーファーの密集の中にある隙間狙って出廷
しかし、なんか文句言われちまった
クロスオフでは、狙ったラインよりも長く海岸線沿いを走る事になってしまう
「ごめんよー」って言ってすり抜けて、上へ向かう
プレーニングするし、楽しい!100725_145801
水は冷たくて沈すると胸が「キュン」とする
セールも曇る
でも
水風呂 波崎 爽快です!

さて、戻りは風がガスティー
今一
何度か上でやったけど
では、下に行って見ましょう
すると、サーファーが居ない分思い切って下れる
行けますよ!いける!
3回はトップターンが決まる
きんもち良い
クロスオフはこれだから楽しい!
6時まで乗って終了
セールの補修後がまた裂けてた
もう駄目に近いな

昨日も一日に映画とウインド
今日もエリアでしばらくぶりの連中と顔あわせできたし
波崎で爽やかウインドできたし

家から
波崎まで100km
三浦も100km
富津も100km
ほぼ2時間
近いような遠いような感じ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銭湯 検見川 インセプシオン

20100724
熱い暑いとは言いますが
海水が風呂になってる!

でも、風の無い午前から午後にかけてして話題のインセプシオンを見た
難解なストーリーと思ったので吹き替えを見たけど
難解、さらに肝心な部分で言葉が聞き取りにくい場面があって
さらに字幕が必要って感じ
後15分伸ばして説明入れてくれって感じだ
んー、渡辺さん今一影が薄い
んー、ディカプリオ太った?
迫力の展開って感じですが、どーもストーリーに無理があるぞ
まあ無理が楽しいのがSFサスペンス?なんて言うカテゴリーでしょか
アイデア、基本ストーリー、画像、俳優は行けてるのだから
分かりやすいルール作りと展開が大事
先日は「ザ・ウォーカー」レンタルで最近は「1012」「GIジョー」「スタートレック」「アイアンマン1」と見たけどこれだ!って感じのは無いね

で、ケミは風呂でした
いや、映画観たら風が上がってきてまして
タブーロケット115L ノーマルフィン
マウイセールタイタン7.5ダウン0 ジャスト!
5から6でも走る人は走るけど
4時過ぎから6時15分までガッツリ!
十分な風で後ろストラップ1本では登り、スピードとも今一
そこで、急きょ2本に変更
そしたら少し風が落ちてしまった
まあそれでも良く走る事
ジャイブも良い感触で回るが
んー沈も少しあって、80%の成功率かな
プレーニングタックになると30%程度
やっぱダメですなぁ

来週のサマーカップにはエントリーしてないけど
大きく気分が乗ったら28日までのレイトエントリー4千円増し16000円にエントリーするか?
予報がダメだったので人も少なめ
久しぶりにハラさんに遭遇
怪我してたらしくてずいぶんやって無いんだって
草刈り中に釜で手の腱を数本切ってしまったらしい
んーたかが草刈りも気をつけなくちゃ

ショップの有望新人、ミュウは熱中症寸前で千鳥足を発見されDストップ!
入水する前に撤退したそうだ
くわばらくわばら
スポーツドリンクは必須だ!

夕食は店長宅でピザーラのピザ!いつもPカップで世話になってるスポンサーだもんね
9人でたらふく食って解散
?本栖湖、行く行かないで悩んでる人多数
んー 寒気が入って関東中、北部は雷雨が降ってる
明日の気圧配置は?
まーゆっくり寝よっと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金)

金曜6時30分より

ピークパフォーマンスの発表会
スウェーデン大使館
さすがに5時30分の終業からでは遅れる
なんとか遅れて行っても

会食会の残り物で
空腹は満たされるくらい食べられて、飲めた
このスキーウエア、派手じゃないが機能も凄くて
薄い素材でも保温もバッチリと言う
けっこう縫製も仕上がりもデザインも行けてますね
でも、ディスカウントに慣れた目は
上着だけでも7から9万円もするのにはビックリです
お土産にカーボンの骨に超撥水素材の折りたたみ傘とTシャツをいただいた

広○さんのお友達らとお茶して
韓国のIT関連会社の人と知り合った
動画再生のメディアプレーヤーみたいなのの万能なタイプを作ってるそうです
早速に使ってみよっと

週末は暑くて、ちょいと忙しくて、お得な夜から始まるようだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

きついレース後

朝は平日と勘違いした目覚ましに5時40分にたたき起こされたけど、二度寝
それでも9時頃波崎が気になってぷにさんに連絡
さすがにまだ動いてなかったですね
電話しときながらやっぱ、昨日までのレースでぐったり
なんとかプールで1200mゆっくり泳いで凝り固まった筋肉をほぐして本日は終了

海の事故が相次ぐのはこの季節の常ですが
ロシアでは記録的な猛暑で、泳ぐ人が増加
ウオッカあおって水に入るもんだから死者が続出
ここ2ヶ月で1600人以上が無くなったそうです
ロシアは昨年、年間3000人が飲酒後などに水死

幕張の浜が海水浴場を止めたのも死亡事故の多発だったそうだし
心臓マッサージや人工呼吸の方法の講習を受けておいた方が良い
桜○さん、講習してくれるかも、
実際にやるのはきついけど

今でもあの感覚は忘れられない・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

2010ドリーム カップ 参戦記

まいりましたなぁCa3b0154
ドリームカップ!

賞金レースであることからしてすでにヤバイと思って
エントリー手続きはしたものの、エントリーフィー入金を先延ばしして
アップウインドの状況確認をしていたが
どうも分が悪い
しかし、HPにもエントリーのカキコしちゃったしなぁと
はなから弱気?
と言うか戦える道具は極安で買った中古スターフォーミュラー2002モデル
その時にもらった9.8㎡のガストラナイトロ4と今や8年落ちモデル
そんなんでなんちゃって出場したらバチが当たるかも・・・と

それでも道具に不備があっては危険と、事前チェックしていたら・・
先に書いたようにブームが折れかけてたのを発見したきっかけで
新古のガストラ10.5㎡ 520 100%マストも揃えられた結果
最後のエントリーフィーを振り込む事ができた

さて、当日17日
朝4時30分起床
7時前には二度のコンビニによって到着
熱い事も考慮しての事Pa0_0008
水分も多量に持ち込む
で、本日は風が弱めの7,8ノット
最大10.5しか無いでしょ ダウンは緩め2cm
しかし、丹念に周囲を観察やはり周囲は12、11を当然のごことく準備
ボードも自分のが最古品
エントリーのリストを見ると早々たるプロ、アマの名だたる連中が顔を出す
まあ、それでも何とかやったる!
と準備を整え、そうは言ってもなんと本日使うのが始めてのセール
何度か海に出て走らせて調整
良く走るじゃないですか

さて、開会式には小泉進二郎 衆議院議員 あの元総理の小泉純一郎氏の息子が挨拶
さらに、町議会議員、県議会議員も列席Ca3b0148
でも30代の小泉氏は若い!そこらのあんちゃんって感じ
比べて県議、町議はいかにも政治家って雰囲気
小泉氏はサーフィンもやるそうで、海はいつもチェックしてるとか
なるほどねぇ
しかし、政治への志があって衆議院議員になったのだろうけど、世襲議員はやはり少し線が細い感はいなめない
まあ、政治お宅みたいな人でも困るけどね
さておき

海上での風が弱いとの事で、テクノクラスからスタート
全国各地から大学生が集合して参加しています
いつものウインドの大会とは違い、若さ爆発!
女性部員も多く、なんともキャピキャピ
そこに変に運動部的な声の大きな挨拶が交じり合って
んー すごい違和感
ジェネレーションギャップを感じるぅ
駐車場でバレーボール遊びは始めるし
これもさておき
スタートは綺麗な横一線すばらしい
でも
見てる間にセッティングセッティング
けっこう風があるのにウェイティング
陸より、海上で風が無いのだそうです
南が強いとここ三浦ではこんな感じらしい、このへんもやはり地元の人は有利だね
でも、自分なりに問題ないと判断して本番を待つ

さて本番15時30分ころから開始、遅いね
しかしこれが何ともスタートのやり直しの繰り返し
風が足らない、ナンバーが確認できないほどの大勢のフライング、ジェネリコです
風が少しでもある右の南側海面に移動してなんとかスタート
結果74人中ほぼビリの68位でした
5回の74人一斉スタートやり直し
それでも
何度もスタートやり直しのおかげでタイミングとポジションが分かってきて
スタートは本部船付近では風がダメだと判断し
スタートマーク側から風をとらえてトップグループと同じ判断でスタートラインに向かうが
他の連中はフライングでしょ!って勢いでラインを切ってしまった?
違う!俺のタイマーセットが間違っていたのだった
これがまたさすがレースの巧者たち
金もかかってるし半端じゃない気合い
さらに皆さん12㎡か小柄な人で11㎡
10.5㎡の自分
気が付いたらすでにビリ
あー恥ずかしいったら
本日はこの長ーいスタートシーケンスの1ヒートのみ
明日もとにかく頑張るしかない

今日は特に知り合いは多くとも
一緒に宿泊する仲間は居ないので
帰宅
まあ100kmしかないし、8時には帰宅して早めに就寝

2日目
朝5時起床で出発、近くのコンビニに朝飯、三浦のコンビニで昼飯購入とトイレ
いつものパターンで7時30分には到着、白藤君には「お、早いね」と声をかけられた
さて、本日も弱めの風
10.5㎡で行く ダウンは適正0 ブームは昨日より4cmダウン 取り回し重視!
さらに昨日よくなかったアップホールラインの長さ調整
さらにノンスリが今一利いてないのでライスファーマーブーツを履く
手の豆も潰れそうなんでグローブも使う
ハーネスの位置も変えて見る
風が足りないのでやはりテクノからスタート
何度かセッティングに海にで出る
でも昨日感じたのは実力の大きなギャップ
それはどうにもにわかじこみでは無理
セッティングだけだね、やれるのは

さて、本番、11時40分ころからスタート
風がしだいに上がっているらしく14から10ノットくらいか?
昨日の失敗、スタートシーケンス
5分まえにクラス旗(テクノとフォーミュラを表す旗)
4分まえにI黒旗(黄色○の黒)
スタートはまたクラス旗が上がるのです
ここで昨日はI黒旗が5分前だと思い込んでしまっていたわけで、スタートは昨日と同じく本部船ではなくマーク側へ陣取る
コングプロやその他のプロもけっこう居る
この状況でスタート!
わかっていたが、スタボーとポートのクロススタートは凄まじい!
「スタボー!!!!」と大声を出し、優先を主張する連中の中をポート組も大胆に縫う様にクロスさせて行く!
激混み検見川で、もまれているのでなんとか紙一重でクロスを繰り返す
上空からカメラで撮れば、神業のような様子だった事間違い無い
アクロバット飛行の交差技より人数的には大きく上回る
しかし、上マークまでに終盤まで落ちてる何が違うってやっぱり登り角度が違う
風はジャストな感じなのに連中の角度が違いすぎる
なんとか数人後ろに人がいる
ワンタックで登れず2タック
さらに上の後の下り!ここでも下りすぎで失速
いったい連中はどうやってそんなに早く下れるんだ?
でも昨日はまったく誰もいないのでテクニックを見る事もできなかったが
本日は先行の連中のラインが見える
なるほど、ランニング寸前進行風にやられない程度でプレーニングをコントロールしている
読めたぜ
しかし、このレースもほぼビリで終了
このヒートはひとまず帰着

さて、場内を回って偵察Pa0_0000
知り合いに声かけながら情報を集める
新型タブーのポケット
3本フィンと4本フィンが出てる
カーボンケプラー合成繊維でできてやがる
これは凄いですね
ニールのセールはフライってのともう一つコンバット?ウエーブ
なにしろ本日解禁の最新モデル
ボードは見るだけ聞くだけ
セールは地上でパンピング
このセール、パンピングでも良い事がわかる
軽くてドラフトがしっかりしてる
デザインも華麗な感じ
ボードもにわか多数フィンの感じもするが、昨年試乗会で乗ったシングルフィンでも相当良かったのでPa0_0004  Pa0_0003
間違い無く良さそう、波の中でのエッジの利いたドライブ感が良いらしい
さらにデモ品が無いのですが、○○プロの言うにはJPの4本フィンはグンバツに良いと
カウリがクワトロから移籍して開発しただけに、クワトロよりも俄然良いと
まあ話半分と言っても説得力のある話がいろいろ聞けた
何しろなんとか乗って比べていただきたいとの事
んーJPのクワッド昨年の試乗会にあったのになぁ乗る時間が無かった

コングプロとはレースの話
この大会相当レベル高い
自分もまったく勝てるイメージが無いとの事Pa0_0005
その通り、彼も16位以内にも入れなかったのには驚いたPa0_0007

昨年のPカップで一緒だった連中には声をかけてもらったりもする
海上で水分補給するために連中はキャメルバッグを背負っている?
自分も持っているが、バイクの耐久レース、エンデューロレースで使用していた
1Lくらい入る水のバッグが入ったものからチューブが出てて
チューブ先端は特殊な加工のバルブが付いていて
口に含んで潰すと水が吸い込めるのです
こんなものまで用意しているとはな・・・・
やっぱレースならではですが、普段使うのも悪くは無いかも

しかし、スキルが足りないのはしゃべりだけでは簡単には埋められないね

さて午後13時30分ころ第3ヒート
今回は風が上がってきていてなんかやばい感じ
はっきり行ってスラロームなら9.2
しかし、ここは強気の10.5のままで行く!
今度のスタートは同じくポート
でも、スタボーの連中が本部船から離れる間際を狙って本部船前のデンジャーゾーン
そう、アンカーからのロープがあるのだがリスクが無けりゃ上位も無い!
いざ、スタート!
クロスするためさすがに右往左往している連中を下から回避して本部船前の空間に向かって突っ込む
しかし、同じ事を考えてるやつもいた
僅かに上からかぶせられて逃げ場なし
それでもなんとか上に振ったつもり・・・
ガッツーん
やっぱやっちまった
本部船にガツガツ当たりながらも再スタート
それでも何とかまだ後ろに数十艇居る
登りを取る
スピードも上々
先行する艇に追いつく勢いがあるが
上マークに一歩及ばず、無駄なタックが入ってしまった
マーク付近で急激な風速ダウン!
ちっ!いける!と踏んで最短を狙ってしまったのが敗因
最後まで貯金は残しておくべきなのだ!
さらに下りのコツも少しづつ分かってきたつもりだったが
やはりぶち抜かれてしまう
さらにコースレースの連中の、事の外早いことに驚く
これも連中と同じ場所で走れるようになった事による学習の機会だ!
センターストラップを使った方が良いのか、悪いのか
なにしろこんなに長い下りをプレーニングで走った事が無いのです
んーこれはセンターとサイドを使い分けるのが良いのではないか
風が足りない場合進行風に押し戻されてしまわないようにサイドストラップで下りよりもプレーニング持続を選ぶ、しかし、風が上がればセンターストラップで下り角度優先
センターストラップに入れて風が僅かに落ちてプレーニングから抜けそうになったら
セール手をひきつけて風をさらに受けて下らせないで少し登る
何とも今までとは別の動きだ!
ベアしすぎて失速するのでなんと、ラフさせてプレーニングするのである
スキル不足ですなぁ
また60番台でフィニッシュ・・・・とほほぉ

さあ、今度は連続シーケンスです!
昨日の経験で特に焦りは無い
まず最初は、このごろは間違いなく本部は電波時計で時間あわせしているはずなので
直前にJJY標準時間に合わせた時計で出廷合図が出た時点で時刻からすでにタイマーをセット、スタートする
時間前は気楽に流して本部船の上を走りまわる
10分前くらいに船の近くに行ったら船ばかり見ないで
クラス旗が出る5分前のホーンでタイマー確認
ここで事前セットとずれていれば即スタート待機位置まで移動
連続レースの時には5分のタイマーを事前にセットしてから
ホーンでスタートするだけ!
その後に船を見て クラス旗が上がっていればOK、違ったらもう一度
I黒旗まで待ってタイマーをセットする
二回の機会を外すはずは無い
外したら、腕時計でスタート時間をホーンの時間から逆算して判断する
タイマーセット時間の間違いは、すでに負けです

今度もやはりスタボー
集中する上ではなく今度はプレーニングでマーク脇を下りながらスタートラインと平行に走り中間で切れ上がる作戦
2ヒート目と同じく危険なクロス作戦
さー!号砲一発
スタートとともに切れ上がるがすでにスタボーの集団がいて上がれない
しかし、僅かな隙間を発見
今度は同じ作戦の並走艇よりも早く突っ込む!
してやったり!
スタートは上々ではないか!
中盤あたりでグングン加速
行ける行けるぜ!
Jナンバーの連中にも追いついていく
艇速、登り角度も上々だ
今度は一発タックで決めてやる!
登りの風が落ちる事も考慮して深めに走って猛烈な勢いで
プレーニングタック!
あーぁ・・・・・・・・・!
セールが上に走ってしまい、ブームを取り逃がしたぁぁぁぁ!
最悪、沈は免れたが、セールが落ちてしまった
あの重い10.5が・・・
ここでアップホールラインの長さ調整が役立ってリカバリーは比較的早かったが・・・
連中はそんなミスはしない
よって、あっという間に先行されてしまう
気を取り直して上マークに驀進
今度はきっぱり上マークを回り
大外からインサイドの連中をぶち抜く!
気持ちよい!最後尾争い!?
下りも何とか抜かれ数が減って
二周目に入る
今度は絶対失敗しない!
風がグングン上がって艇速が伸びる伸びる
先行艇を何艇も抜き去る!
プレーニングタックも見事成功!
見事な最後尾争い?
なんとかというか、それでもやっぱり結局 57番目
4レースで1カットが入っても
力の差歴然の6○/74

風が上がってくるにしたがって順位が上がってきて中盤の人たちと走れる機会があったけどスピードでは追いついていける
しかし、12平方でも無いとリミット9ノットでのスタートは、走り出さないし、登り角度が取れない
これは大変な大会に出てしまったもんだ
三重、滋賀、静岡、山口、沖縄その他からも強者が集まって
一位60万円
各クラスの一位は40インチのテレビ
二位はiPAD
凄い、中盤を走るにも
ガッツリ練習して
道具揃えるにはハンパ無い投資が必要と実感
最新のフォーミュラーは後ろのストラップがなんと4つも並んでいるのだ
どれを使っても良いでしょう
下りが大きな差を生むこの勝負
そして走り出し
強風での我慢
海域の風の読み
スタート位置の臨機応変な対応と余裕
全てスキル不足だったのはたしかだ
しかし、凄いスポンサーが付いているもんだね、総額400万円

来年出場するには・・・・悩んでしまう
ウエーブとダウンスラローム、アップウインド、モーターパラができる
金と暇がほしいぃ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

2010ドリームカップ初日

相当行けて無い
74人中ほぼビリ
4時30分起床
そそくさと湾岸から津久井浜へ
7時に到着
リグの搬送
8時から開会式
なんと小泉 進次郎(こいずみ しんじろう、1981年(昭和56年)4月14日 - )は、日本の政治家。衆議院議員(1期)が挨拶
んー、その辺の兄ちゃんのような・・・・ロングボードもやるそうで
政治家の悪相はみじんも見えない
っていうか若過ぎてそんな人相になるわけは無いか

エントリーの連中は何回か見た事、話した事のあるプロやアマチュアでも上位を占める連中ばかり
そんでも、何度も交流してる人たちだし、昨年のPカップ2位だった事もあって声をかけてくれる人も居る
ショップ仲間は居ないので少しさみしいが、話ができる連中がいるのは心強い
が、超!手ごわいこと間違い無し

にわか仕込みの10.5㎡
本日がシェクダウン
事前い組み立てだけしかしていない
レース前に何度か乗ってセッティングを出すべきなのは承知だが
ブーム折れで先週ひょんな事から購入した新古品
それでもなんとか乗りこなせる気がする・・・・
しかし

風速、方向の変化とジェネリコで海に2回出て
5回の74人一斉スタートやり直し
それでもスタートポジションは本部船付近では風がダメだと判断し
スタートマーク側から風をとらえてトップグループと同じ判断でスタートラインに向かうが
他の連中はフライングでしょ!って勢いでラインを切ってしまった?
違う!俺のタイマーセットが間違っていたのだった
これがまたさすがレースの巧者たち
金もかかってるし半端じゃない気合い
さらに皆さん12㎡か小柄な人で11㎡
10.5㎡の自分
気が付いたらすでにビリ
あー恥ずかしいったら
本日はこの長ーいスタートシーケンスの1ヒートのみ
明日もとにかく頑張るしかない

本日は仲間もいないので帰宅して出直す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

ブーム破損について考察

バキン!
ブーム破断
セールが無常に遠のいて行く
持ち手にさらに力を込めるのにもかかわらず・・・・
あの焦燥感って無いよね
そして後頭部から海面に激しく落下する

ブーム破壊聞き取り調査 100711 SUN
日曜日、ブーム破損を2件目撃
一本はマウイセールの極太225ベースカーボン
破壊の状況は本人に聞いたところ
ブームエンドの幅広カニンガム用プーリー中央の固定のピン部から破断して
体重が乗ったままブームは大きく開かれてしまい、マスト付け根部も破断して真っ二つ・・・・

もう一件
プロラインの180ベースカーボンの細身タイプ 買って3回目
中央突堤の前の通過を繰り返していたらしい
マスト側付け根から破断
ブームエンドは奇跡的に破断していなかった

自分も先週水曜日の昼休みにレースに向けてリグのチェック中
ファイバースパー250ベースカーボン(ほぼ10年もの)がマスト側の取りつけジョウの中で破断寸前なのを発見
急遽、中古品ですが買い替えました
自分以外の人が使ったブームはほぼ信頼できる?
中古は自分の目で見て触ってたわみを確認すべし!
長さ調整の部分に破損が多い、ニールはグリップラバー剥がれはあたりまえぇ~

普段の点検も大事だけど・・・
上記のように新品だったり、超信頼性高そうなブームも逝ってしまうとは

土日に何回か中央突堤の前を通過して、さらに右の突堤先、マリンスタジアム近くまで行ったけど
南西の風で起きる反しの波との混合三角波はどこまでも続き、道具に悪いです
単なる波で無いのが
突き上げる波が突然発生するため、ボードを底から激しく突き上げる亊が起きます
すると、本来ハーネスに開く方向にかかった体重は思いっきりブームを下に引き下げ
たわみの無い方向の力がブームのマスト側とエンド側にかかります
そこで問題なのがブームエンドの広いタイプのブーム
パイプタイプではなく板のカーボンプレートにプーリーの様々なパーツが貫通穴を開けて付いているため、その部分の強度が落ちている
それに8から9㎡のセールのパワーと体重が・・・
他の部品が強い分、設計強度を超える亊もあるのでしょう

9本目のブームを13年ほどでことごとく破壊した自分・・・・
初期チノックアルミ2(破断一件、使用不可変形1件)
ハワイアンプロラインカーボン1(破断)
チノックアルミ2+1(再生品含む、破断1件、使用不可変形1件)
アーロンアルミ1(使用可能だが大きく変形)
ファイバースパーカーボン2
消耗品(自分だけ?)にしては危険を伴い、補修不可能なやっかいなやつだ

くわばらくわばら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

検見川 スラローム

検見川 スラローム
土曜、日曜上がり下がりの風の中TR4 9.2、マンタ125で乗れるとは
ブームのグリップラバーの剥がれ補修中、さらにまた剥がれる
これが無ければもっと楽に乗れること間違いなし
ウエーブ5点台の風でもOK!(突堤前には行かない亊が前提)
適正マスト520にした事もあって風の流れが良いんです
カムの動きも気持ちよく風が溜まり過ぎない
おかげでデカセールで強風時のジャイブも相当成功率が上がってきた

100710 土曜は午前中に到着、風が上がってきて皆さん7点台から6や5点台に張替え中
しかし、ここはなんとか新しいブームのセッティングだけは仕上げておかなくてはならない
9.2で行くぜ!
三○さんが5.8オーバーだ
って声も聞こえるけど・・・・
弱気は禁物
行きます!
行ける行ける!
セールが軽い!
ジャイブの入りがスムーズ
反しの時に安定して風の溜まりが無い!
適正マストのおかげでしょう
こんなに違うなんて!

でも!補修したブームのグリップラバーが剥げまくり
しまいには購入時そろってた一部ラバーがちぎれて無くなってしまった
つるつるのグリップでは無理になったので一旦終了なれど、ポテンシャル高い!
次は、次週のアップウインドに使うマストガストラ100%520、ニールX9ブーム、ガストラ10.5ベイパー2006モデル新個古品の組み立てバテン調整
なんと、このベイパーも浅野プロに教えてもらった極意を使うと簡単にカムが入って
あっという間に組み立て完了!

しかし!
06ベイパーの一番下にある補強バテン!
これはひどいらしい
セール下部のシワを取るためにマストから斜め下に向かって40cm程度のバテンを入れるのだけど(後で写真)
こいつ、セールアップ時やジャイブタック、大きくハイクアウトしてセールをボードに接近させるとボードと擦れてボードがギタギタに傷ついてしまうとの亊
ガードのためのカバーが付いてはいますが、擦れればそんなウエット生地できてるカバーなんてあっと言う間に無くなってしまうでしょうSany0030
ケミの駐車場で経験者○山さんが組み立て中に忠告してくれたんですよ
ありがとうございます

ブームのグリップも剥げまくり10.5のバテン調整も終了
まだ4時だけど終了しよっか?と思いきや
くぼっちが、遅く来て準備し始めて「やるんですよね?」って
うー、7.5タイタンでも走りそうな風
やりますか

そそくさとセッティング
7.5でも十分走る
やはり適正セールは楽です
さらに後足先入れをスラ板でも確認してみる
パンピングするかしないかでちょいと違いがあるが、総じて後足先入れに慣れていないので今一動きはぎこちない
しかし、さくっと入ると走り出しはパンピングしなくてもスムーズにプレーニングに入るのは確かだ!
6時30分までやって(駐車場の時間が7月から7時までになった)終了

ショップでだべっているとイトキチ宅でマーボナス、マーボ豆腐やろうって事に
5人で本日も手早い彼の料理をいただいた
サンキュー

帰宅途中、鎌ケ谷のイオンで接着剤ボンドSU 黒を購入、ショップにセメダインスーパーX 黒があったのに、今思えば
イオンに行けばスーパーXのクリアがあるとおもったのが失敗だった
明日も風がありそうなので、イオンの屋内駐車場の明るい作業場?でブームグリップを補修

100711 日曜 検見川がやはり吹いてきそう!
まったり酒食らってるイトキチやその他の面々
10数年前からは、スキーなどでも運動するときは飲まない
以前は、雪にビールが入った箱埋めてたり、ウインド中に焼酎飲んだり、ワイン飲んだり、八ヶ岳登山中にウイスキー飲んだり
散々やったけど飲んだ後は納得の行く動きができない
あたりまえだがね

さあ、本日は補修したブームで再度9.2TR-6 タブーマンタ125で出廷
グングン風が上がって来て、やはりドオーバー
しかし、制御可能・・・・
でも、あーまた、ブームのグリップがはがれてきやがった
やっぱボンドSUはダメ ダメ ダメぇ
最近、ボンドSUの宣伝文句(ウルトラ多用途、超クリヤー、超強力耐水)につられて
それも徳用の120ml大きいの買ってしまっていろいろ使用してはいたのだけれど
さらに昨夜は、日ごろ使用していた120mlチューブを会社に忘れてしまったので
小さいチューブとは言え、SUを使ってしまったのが失敗
浸透性がスーパーXに比べて低く、粘着性も今一だったのだ
少しの剥がれが起きてそこに水が浸入すると剥がれてしまう
無理して乗ってたらグリップラバーの一部がちぎれて欠損してしまったよ

それでもなんとかジャイブを繰り返す
昨日同様けっこう良い感じ
9.2でも後足先入れはそれなりに有効だが、平水では飛ばされる事もめったに無いので前先の方が早い感がある
もう少し慣れるまではやってみよう
そんなんでもやっぱ6時過ぎまでやってしまった

ショップに行くともう主だった連中の姿なし
シノが目の付近にマストパンチ食らって腫れてる
痛みもあるだろうが、恥ずかしいっしょ
自分の帰宅ルートに近いので送って行ってあげました
明日は眼帯付けての出勤?

しかし、この土日、ドオーバーも道具で行けるもんだなぁ
あ、ブームを壊してる人を2人目撃したのでインタビューしてみた、次のブログに記載

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

ブーム なんとかなったぞ

急遽8日午後に会社休んで三浦海岸へ
ティアーズに行って中古ブームを探すしかない
ぶっちゃけ香村、山田プロに相談してアップウインドレースのリグを選択する
大宮から三浦までの高速は順調
2時には到着
早速に今のブームに代替できる中古を探してもらう
大きなセットは腐るほどあるのが三浦
すぐに上物のニールのX9 225ベースが見つかった
当初、260ベースにしようかと思ったが、今の9.2が張れない
壊れたファイバースパーは260ベースかと思い込んでいたが
違っていた?なんと250ベース!今はあまり見ないね
でも、グリップのウレタンは剥がれまくりPa0_0010
このころのX9は剥げるのが当たり前だった・・・・
さらにエクステンションのロックピンのパーツ確認
中古は確認が大事だ
香村さんがパキッっと操作したら・・・・・折れてしまった
やはり中古は怖い
でも、これでパーツ交換サービス2200円相当

しかし、次週のアップレースに出るには今手持ちの9.8程度では駄目
11㎡くらい無くては
そこで相談した末
225ベースで張れる最大の10.5新品2006ガストラベーパー(新品の中古)
ガストラマスト100%520中古を選択して総額11万円
ブーム新品1本分でフルセットを揃えた
出入りのショップでは到底揃えられない道具
ショップマークは付けられないけど、かんべんです
しかし、いずれ必要とは思っていたが、でかい出費
ウエーブの新規ボードを狙っていたのになぁ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

ヤバイ

ヤバイ
レース直前リグのチェックしてたら
ファイバースパーのブームが ジョウの中で破断!
ピンチ

これで8本もブームを折ってしまったのかぁ・・・・・

明日会社休んで中古を探しに行くしかないな

9日のエントリーフィー締め切りまでにリグが揃わないとエントリーフィーの分もふいになってしまう可能性があるし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

映画と壮行会

本日はこんいち君の壮行会

風も今一、蒸し暑くて空も飛ぶ気がしない

よって映画の日とする

スケジュールからして海浜幕張のシネプレックスに到着時間からすると

「ザウォーカー」デンゼルワシントン主演

未来の西部劇そして宗教「バイブル」

決して道徳的な映画では無いが、一つの宗教が歴史的に利用されてきた事を単純に説明している

そこにSFアクションが結び付いた?

まあ暇つぶしには良いでしょう

その後、壮行会

海浜幕張は今まであまり飲み会ができる場所が無かったけど

すごく大きな集合飲み屋ビルが2件も乱立

交通の便が良い?とは言えず地元の連中だけでこの施設が維持できるだけの利用率があるか疑問だ

まあでも今は盛況です

ショップ間の交流とコンイチ君へのコメントも話できたんでOK

楽しいひと時でした

そうそう、みうらちゃん誕生日おめでとさん 言いそびれたな

すごく突飛なオフィシャルTシャツPhoto

さすが店長!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

人間ドックからオルセー、そして乃木神社

ほんらい車の車検より金をつぎ込んでも良いだろうって事で
人間ドック胃カメラ飲んでゲーゲ
やはりポリープがある
検体調査に回されるかぁ
3時間は飲み食いできないので本日は暑い中
国立新美術館で開かれているオルセー美術館展に行ってみた
印象派の絵はメガネをはずして見ると丁度良い?
点描写方法もメガネ不要かも
モネ、ドガ、スーラ、シスラー、セザンヌ、ゴーギャン、ゴッホ、ピカソ、ベルナール、ドニ、ルソー、ルーセル、ヴァイアール・・・・
そうそうたる画家の名画が一同に見ることができる  素晴らしい!
昨夜から何も飲み食いしてないのに見るのは苦行ではあったが
さすが印象的!ゴッホの「星降る夜」には感動した
ルソーの独創性にも感激ゴーギャンの楽園生活「タヒチの女」
んー
南国生活してみたいもんだ

へろへろになりながら美術館を出て昼飯を探して赤坂方面へ歩く歩く
途中、乃木坂を通過
乃木神社、乃木邸を見学
しかし、帝国陸軍は人を神様にしちまったあ
海軍もか、東郷さんもだったっけ
神格化して、人心を惑わす政府・・・
でも自国が世界最高だ!と思わせてその気にさせる巧みな掌握方法である
神社の境内は手が行き届いていて綺麗
たしか20年ほど昔、乃木会館で友人の結婚式司会をしたっけかな
なつかしい その後
新鎌ケ谷で下と飲み
久しぶりの旧友と酒少なめで語り合った
子供の手間が離れつつある様子
元々鉄っちゃんの彼
周遊券で全国全線巡っている
遊びに夢中のおれが責める事ではない
皆人生を楽しみたいだけさ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »