« ブーム なんとかなったぞ | トップページ | ブーム破損について考察 »

2010年7月11日 (日)

検見川 スラローム

検見川 スラローム
土曜、日曜上がり下がりの風の中TR4 9.2、マンタ125で乗れるとは
ブームのグリップラバーの剥がれ補修中、さらにまた剥がれる
これが無ければもっと楽に乗れること間違いなし
ウエーブ5点台の風でもOK!(突堤前には行かない亊が前提)
適正マスト520にした事もあって風の流れが良いんです
カムの動きも気持ちよく風が溜まり過ぎない
おかげでデカセールで強風時のジャイブも相当成功率が上がってきた

100710 土曜は午前中に到着、風が上がってきて皆さん7点台から6や5点台に張替え中
しかし、ここはなんとか新しいブームのセッティングだけは仕上げておかなくてはならない
9.2で行くぜ!
三○さんが5.8オーバーだ
って声も聞こえるけど・・・・
弱気は禁物
行きます!
行ける行ける!
セールが軽い!
ジャイブの入りがスムーズ
反しの時に安定して風の溜まりが無い!
適正マストのおかげでしょう
こんなに違うなんて!

でも!補修したブームのグリップラバーが剥げまくり
しまいには購入時そろってた一部ラバーがちぎれて無くなってしまった
つるつるのグリップでは無理になったので一旦終了なれど、ポテンシャル高い!
次は、次週のアップウインドに使うマストガストラ100%520、ニールX9ブーム、ガストラ10.5ベイパー2006モデル新個古品の組み立てバテン調整
なんと、このベイパーも浅野プロに教えてもらった極意を使うと簡単にカムが入って
あっという間に組み立て完了!

しかし!
06ベイパーの一番下にある補強バテン!
これはひどいらしい
セール下部のシワを取るためにマストから斜め下に向かって40cm程度のバテンを入れるのだけど(後で写真)
こいつ、セールアップ時やジャイブタック、大きくハイクアウトしてセールをボードに接近させるとボードと擦れてボードがギタギタに傷ついてしまうとの亊
ガードのためのカバーが付いてはいますが、擦れればそんなウエット生地できてるカバーなんてあっと言う間に無くなってしまうでしょうSany0030
ケミの駐車場で経験者○山さんが組み立て中に忠告してくれたんですよ
ありがとうございます

ブームのグリップも剥げまくり10.5のバテン調整も終了
まだ4時だけど終了しよっか?と思いきや
くぼっちが、遅く来て準備し始めて「やるんですよね?」って
うー、7.5タイタンでも走りそうな風
やりますか

そそくさとセッティング
7.5でも十分走る
やはり適正セールは楽です
さらに後足先入れをスラ板でも確認してみる
パンピングするかしないかでちょいと違いがあるが、総じて後足先入れに慣れていないので今一動きはぎこちない
しかし、さくっと入ると走り出しはパンピングしなくてもスムーズにプレーニングに入るのは確かだ!
6時30分までやって(駐車場の時間が7月から7時までになった)終了

ショップでだべっているとイトキチ宅でマーボナス、マーボ豆腐やろうって事に
5人で本日も手早い彼の料理をいただいた
サンキュー

帰宅途中、鎌ケ谷のイオンで接着剤ボンドSU 黒を購入、ショップにセメダインスーパーX 黒があったのに、今思えば
イオンに行けばスーパーXのクリアがあるとおもったのが失敗だった
明日も風がありそうなので、イオンの屋内駐車場の明るい作業場?でブームグリップを補修

100711 日曜 検見川がやはり吹いてきそう!
まったり酒食らってるイトキチやその他の面々
10数年前からは、スキーなどでも運動するときは飲まない
以前は、雪にビールが入った箱埋めてたり、ウインド中に焼酎飲んだり、ワイン飲んだり、八ヶ岳登山中にウイスキー飲んだり
散々やったけど飲んだ後は納得の行く動きができない
あたりまえだがね

さあ、本日は補修したブームで再度9.2TR-6 タブーマンタ125で出廷
グングン風が上がって来て、やはりドオーバー
しかし、制御可能・・・・
でも、あーまた、ブームのグリップがはがれてきやがった
やっぱボンドSUはダメ ダメ ダメぇ
最近、ボンドSUの宣伝文句(ウルトラ多用途、超クリヤー、超強力耐水)につられて
それも徳用の120ml大きいの買ってしまっていろいろ使用してはいたのだけれど
さらに昨夜は、日ごろ使用していた120mlチューブを会社に忘れてしまったので
小さいチューブとは言え、SUを使ってしまったのが失敗
浸透性がスーパーXに比べて低く、粘着性も今一だったのだ
少しの剥がれが起きてそこに水が浸入すると剥がれてしまう
無理して乗ってたらグリップラバーの一部がちぎれて欠損してしまったよ

それでもなんとかジャイブを繰り返す
昨日同様けっこう良い感じ
9.2でも後足先入れはそれなりに有効だが、平水では飛ばされる事もめったに無いので前先の方が早い感がある
もう少し慣れるまではやってみよう
そんなんでもやっぱ6時過ぎまでやってしまった

ショップに行くともう主だった連中の姿なし
シノが目の付近にマストパンチ食らって腫れてる
痛みもあるだろうが、恥ずかしいっしょ
自分の帰宅ルートに近いので送って行ってあげました
明日は眼帯付けての出勤?

しかし、この土日、ドオーバーも道具で行けるもんだなぁ
あ、ブームを壊してる人を2人目撃したのでインタビューしてみた、次のブログに記載

|

« ブーム なんとかなったぞ | トップページ | ブーム破損について考察 »

ウインドサーフィン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284386/35724638

この記事へのトラックバック一覧です: 検見川 スラローム:

« ブーム なんとかなったぞ | トップページ | ブーム破損について考察 »