« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月28日 (火)

例の店

例の店
例の店
例の店
ピラーと言う店
飲みまくり
藤井さんと
常連の名古屋出身山本さんと盛り上がった!
ラム酒ばかり4千円ほど
エルドラードって言うのがうまかった
ヤマケンの事は語りぐさになってて話しが盛り上がったぜ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月26日 (日)

久々フライト

5月のチャンバー修理以来かSany0004

本日は台風一過

昨日の波崎のすさまじい暴風は去り

程よい気候

エリアの泥だけが心配だったが 十分乾燥してOK!

まづはエンジンセッティング

回転計のコードが根元から線が切れていて手間取ったが

6550rpmMAXに調整

修理したチャンバーは音も静かで良好

各部の点検チェック

ライズアップも問題無くフライトに移行する

風は4メーター以上あったが安定してる

バックでライズアップはピタッと静止

サクッと振り向いてテイクオフ 軽くフレアをかける

やはり風は強めなので風上にh12km/hでしか進まない

一旦タッチダウンして再度テイクオフ

問題無し

本日のフライトはこんなもんです

鉄人さんにいさんこばさんが居ました

鉄人さんは今朝 中○さんと野田のエリアにいったきたそうです

空の眺めは秋の風情

今年の夏はフライト準備で頭がいかれてポカミスしそうで止めましたが

本日はもう涼しくて汗をかくこと無く快適でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

台風!

勢力温存でやってきた

大洗ではすでにキクソウさんが3点台100925_122501で乗ってるらしい

自分は昼ころにしか到着しないので風はオフショアになって今一かと思い

波崎に行ってみたが

暴風雨で撤退

急きょ検見川に3時に到着してみたが・・・

すでに風なし

ショップでだべってバリ帰り連中の見上げ話を聞いた

後に、新駿河にてじゅんこさんの誕生日前パーティー!で終了

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

大洗んー~

本日は強風予想の大洗

でもねぇ

大雨、波なし

お彼岸の中日は渋滞

なんとか1時には到着

今一な風オフショアぎみ

まあ105のリズムに5.7で出艇

2回は波に乗れたしジャイブは5回くらいですかねぇ

まあショップの連中多数来て楽しかった

雷が来襲して終了

サク、ベニー、ミズッチと飯食って終了

常磐自動車道は谷田部先から渋滞

でも守谷からいつもの通勤路で渋滞回避

こんなもんでしょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月22日 (水)

TCSR解散総会一回目

18日新車のレンタルバイクで越谷を出発11時30分
浦和から首都高に乗ったのですが
東名行きのトンネルでもう渋滞
大井松田まですり抜けならし運転
その後も交通量が多いまま浜名湖へ
そして目的の豊田インターでも14kmでへろへろ
なんとか6時15分に本日のプラザホテル豊田に到着350kmを6時間とは・・・・

ヤマケンと連絡を取りシャワーを浴びてから豊田市街の飲み屋へ
混んでる混んでる
2件回ってもいっぱい
なんとか3件目で飲み始める
8月に手術をしたヤマケン
なんとか元気そうで何より
快気祝いなんで一時会は自分のおごりです
二次会はスコッチの美味しいお店
これは折半で飲み
タリスカー4種類のボトラーズ
アベラワーの16年
その他飲んで食ってヤマケン、マスターと酒談義
イヤー旨かったなあ
終電無くなってタクシーでホテルへ

朝はゆっくり8j時から飯
9時30分にヤマケン先導で飯田へ
朝一なら たしかにすばらしいワインディングだが
すでに混雑してる
でも、久しぶりにヤマケンとツーリングした感じ

飯田から中央道に乗って伊那へ
そこから木曽に抜けて奈良井の木曽大橋を見た
21日のNHKのにっぽん紀行でやってた相撲のコーチの女性の話の場所
先にこの番組を見てたら またゆっくり見たかもね
ここから牛首峠(狭道)を越えて小野から山に入ってしだれ栗キャンプ場へ
一旦キャンプ場を過ぎて小野峠を越えてからUターン
峠の駐車場で諏訪湖をバックに写真を撮っていたら
声をかける人がいる????
スポーツタイプの自転車に乗ってる????
おお!将軍ではないですか
10年ぶり?以上?
しかし何で自転車?
早めにキャンプ場に到着して持ち込んだ自転車で峠を走っていたそうで
来週は自転車のレースと言うかイベントに参加するんだって
頑張ってるねぇ
ひとしきり話してキャンプ場へ

するとけっこう皆さんそろっていて
さっそくシェフ将軍の出番
自分はちょっくら薪風呂に行ってから食事の準備手伝い
シェフはレシピノートを持ち込んですばらしいメニューを仕上げて行く
1.総会メニュー
■前菜
 ・生オクラのモンゴル岩塩和え
 ・生椎茸の味噌焼き
 ・鯵(アジ)の大葉焼き
■主菜
 ・ブイヤベース
  当日市場で仕入れた沢山の種類の魚介類を、
  本来刺身で頂くところを、あえてお鍋で
■ご飯もの
 ・鯛飯 
  地元筒石港で捕れた天然鯛を越後コシヒカリで炊き込みます
■デザート
 ・越後イチジクの赤ワイン煮にバニラアイスを添えて

2.朝メニュー
■ホットサンド
■季節の野菜のキッシュ
■当日焙煎したマンデリンコーヒー、エスプレッソ

凄いです
ブイヤベースはキャンプ料理大会で優勝だったメニューだとか
飲んで食って飲んで食って
しゃべって飲んで
盛り上がりましたね

夜中 堺から電車でやってきたメンバー一人
タクシーをなんとか呼んで到着!

高速も使わず女性一人で夜中に到着のメンバー

すでに家族で到着の面々

ここは総会一回目の場所です
バンガローで解散総会一回目
今までの会の流れをマッキーが説明
飲んで話して飲んで話して
もう限界
12時頃に就寝

寝る前になんとか携帯電話のアラームを解除しようと思っていたのだか・・・
あー5時40分に鳴ってしまったっす
皆さん ごめんなさい
二度寝三度寝で7時
もう中尾君はテネレで出発

その後は朝食メニューの料理人として自分も活躍
ホットサンドを作りまくり
皆さん満腹
食器も洗って終了!
三々五々解散

自分はタニーと藤原さんとで諏訪へ
小野峠で記念写真
諏訪湖に下りて霧が峰へ上がって記念撮影
バイクをタニーの1200GSと交換して車山へ
ビーナスラインを走って昼食
たらの目そばを野外で食って高原を満喫
ビーナスラインを降りて藤原さんとはバイバイ
けっこう攻め込んでみたけど何とも乗りやすいムルチストラーダ1200S

タニーと299に入って狭い十石峠を越えて鬼石を抜けて本庄へ
でも関越が混雑してるので北関東道へ
しかし、タニーに先導してもらったらなんと関越に戻るほうへ
まあ次のパーキング出口で出てUターン
太田まで行って50号へ 北関東道は関越とはつながってないのかぁ
ここはけっこう渋滞もあって大変
なんとかすり抜けて佐野で東北道に入って加須まで
タニーとはここでお別れ
自分は4号線脇の県道を南下して庄和から16号で8時に帰宅
まあまあでしょう
でも疲れましたぁ

947km 広島からのメンバーに比べればたいした距離じゃ無いけどね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月21日 (火)

ムルティストラーダ1200S

ムルティストラーダ1200S
このバイクはひとひねり230キロほど
ABSやトラクションコントロールは付いてるは超多機能
搭乗人数積載量によるサスペンションセッティングは4種類
さらにスポーツ走行やツーリングなどに合わせて4種類の16ものサスペンションエンジンセッティングが選べる
ためしに砂利道でアクセル開けてもエンジンがボコボコ燃料カットされて変な感じながら良く走れる
ブレーキもガツンとかけるだけ
テクニック不要のイージーバイクでした

メーター類は自転車のサイクルコンピュータにもあるアベレージスピードや距離の様々なメモリーができるのは当たり前
瞬間燃費、平均燃費、給油までの距離、走行時間、外気温、水温などの表示やらもう高級車並み

あ、この時期使う分けないけどグリップヒータも付いてる

デザインもR1みたいになって精悍
よく見ると4灯もあるので明るい
渋滞さえなければどこまでもどんな道でも行けそうなバイクです
174の体重72kgでは足つきは一人乗りスポーツモードで片足べったり
もう片方はつま先少し余裕って感じですが
走行モードをエンデューロにすると両足つま先になります
走り出せば、ハンドル幅が広いので寝かしこみも楽で
レンタルでは禁止?のUターンも楽

でもシートとフットペダルの間が狭く私でも狭く窮屈なんで
シートはもう少し高くても良いね
シート幅はもう少し狭くソフトにしてもらいたいかな

ハンドル幅はちょっと広すぎで両方づつ3cmは切り詰めたいかも

駐車場では珍しいらしく人が集まります

さて、ロングツーリングには大事な耐久性は?
今回、新車から980km乗ったけど
左のフロントサスの電動アジャスト部付近からオイルが漏れて来ました
3日目に気がついて4日目の返却時でトップブリッジより下までは垂れて無かった
まあ新車だからまし締めが必要なのかも

心配なのは今時のバイクってスマートキーで全部電動
バッテリーはいったいどの程度持つのか?

渋滞で周囲温度33℃では水温計は108℃まで上昇
熱風が冷却ファンから股下に吹き付けて地獄です
さらに右の排気管が足の横にあるので50km程度の風の流れではダメで
右足が照り焼きになりそう?

タイヤは砂利道をちょっとワイドオープンで走ったらもうけっこう傷だらけ
やっぱ車重があるので、そこそこしかもたないかも

排気音はけっこう大きいね2本出しマフラーから独特のLツインの音が出てる

他のバイクと比較
友人のR1200GS最新と乗り比べたけど
方向性が違う感じ
ドカはスポーツ性重視でアクセルのピックアップが過敏
自分はこの方が好きです
GSはどうもモーターみたいにフラットトルクでアクセルのピックアップが鈍いかなぁ

アクセルターンができないのが良いのか悪いのか?
砂利系の林道の走行も楽ちんなのは間違いなし
足元がぬかるんでいるところは試して無いけど止めといた方が無難でしょうね
さらにサンドはフロントの食い込みが押さえられるほど
リヤの空転と押し出しが必要なので無理っぽいかも?
でも試してないので不明です

あ、お決まりの5と6速の間には~ニュートラルがあります

比較にものすごい詳しいデータまで記事にしてる以下の書き込みは凄いですが
当たり前か・・ドカの販促HPだもんね
http://www.banner.co.jp/blog/2010/04/ducati_multistrada1200_vs_bmw_r1200gs_5.html

レンタルは4日で6万円、車両保険3千円追加
一日15750円 高いか安いかはその人しだい
私は安いと思う
このレンタルバイクは荷物関係以外はオプション?Sは標準って事かな
何しろ全部付いてETCも付いてるし
車体価格だけで235万円プラスETC!!!!
さらに乗り出すには保険や車検で・・・・・・・
まだ5回のレンタルで一度もこかして無いけど
車両保険も5万円の免責やなんだかんだで結構かかるのはたしかだ
実際、自分が予約した赤のバイクは修理中で急遽白の新車に変更になった
でもね、自分のバイク壊した場合相当ショックでしょう
でもレンタルなら少し強制的ではあるが、お金でOK
また借りる時は一応整備されたバイクが借りられるわけです

何しろ1200Sは価格も仕様もお化けですが身長170以上ならお勧めですな
でも買わないっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月12日 (日)

バイオハザードとケミ

まずはバイオハザード 3D
迫力満点なんですが
ストーリーが何かもうごちゃごちゃ
渋谷でメイサは何故感染したんかな?
しょっぱなにウイルスを中和されちまったはずのアリス
その後もガンガン驚異的な力を出せるのは?
最後に奴がやられたように見えたけどなんかパラシュートで逃げた?
さらにエンディングに次回への続き~って感じでもうまだ続くんかい
まあ見ちゃうでしょうけど
この程度にして

本日のケミ
2時から出艇
北東真OFF4~5mしかない
10.5とフォーミュラー持ってきゃ良かったが後の祭り
やむなく9.2にマンタ125Lに60cmのフィン付けてみた
アウトで5回ほどプレーニングしたっきり
こんなもんですかね
しかし、まずい事が・・・
最近やせてきて(メタボ系の数値コレステロールや血糖、腹回りが高いと言われやむなくダイエット中)
ハーネスがゆるくなってきてフックが
ぶらんぶらん
外そうとしてもラインと一緒にフックが下がってしまってハーネスラインが外れない!
ボードの上でジャンプして外さないと外れないとは・・・
これは特に高めのブームセッティングの大きいセールの使い勝手に大きな問題です
?もっときつくバンドを閉め込めば良いって?
すでに今のフックの限界まで引いてるPa0_0020
小さいフックを買うしか無いか
ラージサイズがダメでスモールにしてたけど
リアクターバーも今一なんだよなぁ
ハーネスを掛ける時にプーリーの凹み部分にハーネスラインが引っかかって
ここぞって時になかなか入らない場合がある
困った問題でっせ

本日もジャスミンで夕食
黒酢酢豚です:また写真なしかい
これはもう定番お勧めメニュー
もう6回は食ってる

帰宅するとバイオハザード1やってるじゃないですか
一応見ておこう

今見ると画像的に今一な部分が多数あり
んー、テクノロジーの進歩は凄いもんだ
でもストーリー的には記憶を消された部分に意外性があって色気も出てるし○
つきっぱなしのエンディングも悪く無い
2あたりまでが限界だったのかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月11日 (土)

波崎ライド

本日も波崎
12時到着
うーサーファー多数
浜に入れないように道が塞がれてる
でも波崎海水浴場から入ってみる
干潮の今でもけっこう潮が高めPa0_0022
これは18時の満潮前に車が危ないので一旦公園に戻るか
すると先週の千葉大会に出場していた数人、顔見知り3人とさらに3人がウインド開始
なんとか6.7でプレーニング
クロスオフだからダウンザラインはまあまあ
でも3時前には風が落ち気味
しぶーい状況で4時30分に終了
まあ皆さんと少しだべって完全撤収
銚子付近の人はここからあまり出ないらしい
どの風でもなんとか乗れるから
地元の事情を聞く機会がもてた
利根川高速で帰宅
もう少し風が欲しかったなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

JPWA 九十九里参戦

週末のウインドサーフィンのウエーブコンテスト
自分はおやじクラスにエントリー
初日はど真ん中ONショアのままウエイティング
各社の最新モデルがぎっしり浜に敷き詰められて凄いのだけれど・・・・Sany0009
風がダメ
予想通りなので、準備してあったサーフィンボードで2年ぶりのサーフィン
いやとってもへたくそです
もともとほとんどやってないし

思い出した!

何故かと言うか必然的な事なんだけど
自分、あばら骨が胃の付近で僅かに外に反り返っているのだ
よって、そこがボードと擦れてもう真っ赤、出血寸前(2日後、かさぶたが出来ていた)
これがサーフィンを遠ざける要因だった事を今回痛くなって思い出した
続けて練習する気になれないのがこれなんだよね
SUPに買い換えるのが妥当なんだが
いかんせんお高いし、長くて重いし
サーフィンを売っても・・・たかが知れてるだろうし
それならウインドのボード買うし
もう先週クワトロ2010モデル81Lリズムを中古で12万で購入したばっかりだし
セールもいい加減買わないとボロボロ6.7シマー、クロスオーバーは限界越えてるし

皆さん楽しそうにやってるし・・・
自分は、苦痛に耐えながら・・・
可笑しな
止めりゃいいじゃん
Mな話だよ

予定通り風が真正面のONショアのままでウエイティングも終了
明日の予報もあまり芳しくない

夜はイトキチの知り合いの持つ別荘が宿Pa0_0000
途中 ヒロさんを大網駅まで送って現地へ
いつもイベントでは写真を撮ってくださるありがたいカメラマン!

オーシャンビューの別荘
すばらしい!
美味しい惣菜、いわし、イカの煮たのでまずは乾杯!
手巻き寿司をたらふく食って飲んで、サッカーパラグアイ戦で騒いで、ギターで歌って
朝起きたら二階のテラスに干しておいた女性陣の水着盗まれているし
・・・・俺じゃねーよって・・・・ば

昨晩電子レンジ、オーブンレンジ、クーラーでブレーカーが遮断したときには契約のセキュリティーが飛んで来たのに
門扉にもセキュリティーセンサーセットできれば良いのにね
おしい!つめが甘かったな

朝からどよーん!風もどよーん!天気はピー缶!
数名は飲みすぎモード
私は先週失敗してるので歌うたって発散しておいたので少し食欲無い程度、これは昨晩食いすぎです

早々に出発し、9時ジャストに会場に到着
もちろん真正面のONショアのまま
各協賛メーカー新製品の紹介や招待選手!ブラウジーニョのサイン会などが実施されてウエイティング
今日は何としても競技は実施する気配
とりあえず道具はバーレー105Lリズム、おんぼろシマー6.7クロスオーバーをセットしておく
昼頃ほんの少し5度か10度未満南に振れたときに出艇
なんもできずに終了
こりゃ試合にならんでしょう

でも、1時から強制開始!Sany0006
ビギナーは散々な状況
それでも容赦無くヒートは時間通りに進行されていく
途中若干サイドになるヒートではそれなりの戦いが繰り広げられる
しかし、オープン出場者は相当きつかった様子
その中でイトキチがぴか一のライディングで勝ち上がり
しかし、2回戦はプレッシャーか?実力出せずに終了

スペシャルは期待のヒデ君が昨日SUPで打撲、負傷欠場
自分は何とか一回戦勝ちあがり
ターンは出来ないはアップホールラインは終了3分前に壊れるわ・・・・
相手は銚子のレインズのツワモノだったのに、運が良いと言うしかない
2回戦はもう本物の強者
自分は上位には食い込めるほどでもなく・・・
まず、微風の練習しないからねぇ、105Lでタックもジャイブも確実性が低すぎ
すでにバランス感覚が失われつつあるのかなぁ
ダメダメだよ

それでも自分なりに考える今のところの微風ONショアで波に乗せるには
まず岸に平行で良いから走らせる
風が無いのでストラップに入らない
後足先入れで待つ事も可能かもしれないが、バランスを崩す場合もあるので臨機応変に
微風ではブームを押し下げて加重しにくいので前足はジョイント位置
波が来たらさらにパンピングで平行なまま慌てずバランスを失わずに加速
波が寄せてボードが波の下あたりに来てからそのスピードのまま波に30度くらいに合わせてさらに加速Photo
ここで無理に直角にするとONショアなのでランニングになってバランスは崩れるわ加速が足らず波に置いていかれる
マスト荷重、ジョイント近くに足を置いてパーリングしない程度にノーズを落とし波に合わせると自然に直角近くになる
波に押されて来たら、前ストラップに足入れてさらに加速 後ろ足?ほっとけ
まずはバックサイドで波のトップに行けたら垂直にボードを向けてセールに変な進行風が入らないような角度にしてマスト加重
勢い込んで下ってフロントを目指すのではない
慌ててセールを引き込み、テールを押しすぎるとブレーキになるのであくまでもナチュラルに前へ加重!
ボードが反対に向いて岸と平行に走るつもりで行き、波に上がる前に加重を抜いて手幅を縮める
波がボードを反してくれればまたマスト荷重で加速して手幅を元へ
なんせ波に乗る前の加速とボードの角度さえ良ければ行ける!
まあ、沈しないターンが時間の無駄を無くす重要な基礎スキルなのは間違いなし

自分らの前に行われたレディスのクラスは皆さん目覚しいライディングをしてたのに
ま、仕方なし・・だって微風だと空飛んじゃうもんな
昨日、今日も何機もモーターパラグライダーが上空を飛んでるSany0010
イコール無風の使者、さらにONショアの印である(MPGはOFFだと危険で飛行できない)
それでも最後に風がクロスOFFになってオープン、スペシャル決勝とも結構すばらしい戦いになってました

さて表彰式
チームはビギナー優勝、レディス優勝と他入賞2名、グランドマスター入賞1名って事で
今回は昨年と人が入れ替わっていても上位に入ったので3年連続チーム優勝もゲット!
選手層の厚さって事ですかね?

ショップに帰って報告
渋滞回避のため大宮で降りて例の裏道を使う スダさんにもこの道を教えておいたので先に到着してたね
夕食はイントラのよだっちも誘って近くの中華ジャスミンへ
チャーシュー麺で終了:写真ほしかったなぁ
猛暑のウエイティングと寝不足で帰宅後はすぐに就寝
疲れたのう

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »