« 富津合宿 10111314 | トップページ | 勤労苦難の日 101123 検見川ウインド »

2010年11月26日 (金)

2010Pカップ! 11月2021

今年もやってきました
ピザーラ・クアアイナカップ
昨年は幸運にもオープンAで良い成績が残せましたが
できるだけその名に恥じないようにと思うと気負ってしまうので
勝ち上がる事だけを考えてみよう

4時50分起床で準備OK
近くのセブンで朝食購入
湾岸市川から乗って途中、クロサー発見するもチョイ早いペースなのでお先に行ってもらう
近くのセブンで飲み物とトイレ
7時チョイ前にはおっちゃんの駐車場に到着P_2

風は?
OFFショア冷たい風が吹いてるがOFFなんであまり感じない
そそくさと道具を出す
ファンレースになってしまう事を想定してフォーミュラーも持ち込んではいますが
んーー10.5を使うと520のマストが9.2に使えないので性能が出せないし
フォーミュラーも使ってはダメとは書いて無いしねぇ
今から考えるとフォーミュラーを出しておいた方が良かったかも?だった
最終的にTR4 9.2 タイタン7.5 タブー鬼糸巻鱏を浜に出す
時間的には余裕
ステッカーも昨年のものをすでに張ってあるので問題なし
ゼッケンの薄いところをマジックで補修する程度

今年はダックが15人もエントリー
オープンAにも自分を含め3名と今までに無い布陣
ハルさんも出場してたら 面白かったです

P まずはビギナーから始めオープンB、そしてオープンA、エキスパートと進む
周囲を見ると子供から青年、中年、老人(年齢的なことで見た目はそうは見えない)までの幅広い層になってます
しかし、子供がどのクラスも強いこと
上位に行く競技者年齢が正常になりつつあるともいえるかも知れない
青年層が弱いのがこの業界だが、これから今の子供がさらにレベルアップして青年となると
大体のスポーツと同じような傾向になることでしょう

なじみの連中と一通りだべって、ビギナーレースをお手伝いしたり
今年のチームは皆さん良い動きをしている
弱い風でがぜん有利な子供の中でも上位に食い込む人がいる
レオマ、ダイシ、ミュウ、ナオキ
レオが俄然良い感じです

そうこうしてるとピザが配られ始める
毎年この時くらいしかピザ食わないけど旨いねぇ

さて、オープンAも出廷時間です
今年は風が足らない可能性が大きい
15ノット出ない予報
沖に出ると
なんとも言いがたい
ガスティーで9.2では走ったり、ぱったり無かったっり

いよいよスタート
先のスタート組はジェネリコだったり風足りなかったりと何度もやり直し
さらに自分のヒートも2度もやり直しでその後帰着の旗と勘違いして一旦
岸に向かってしまった
さらにストップウオッチは水没して表示しなくなってるし
さすが980円の4気圧防水なことはある
不安だったのでばらしてシリコングリス塗りまくっておいたのになぁ
まあ朝、GPSで校正した腕時計でなんとかします
明日は予備のキッチンタイマーで行くぜ

って????
なんか後ろからだれも来ないので不審に思ってもどって見ると
あーーーーー俺の組みがスタートしちまったじゃないですか!!!!
???でも赤白の旗が出た???たしかこれはやり直しだった
助かったぁ

ようやくスタートかと思いきや本当にレース延期、帰着命令だ
ほんと助かったっす
でも危うい所でした
しっかり旗 見ないとね
本日はこれで終了
そそくさと片付けて、浜に置きっぱなし
明日が楽ちんなはずだ

さて沖では十分走り回ったので本日の運動量は問題なし
おもいきり飲み食いできます
定宿の根本荘から自分と店長の車で5時30分に出発
すでに40分前なのに「うらり」には多数先約が来てます
テーブルが取れないと食いっぱぐれちまうからなぁ

実はけっこう余るほどの量なので待てば食えるのだけどね
やっぱり早く食いたーい
始まるともう食い飲み食い飲み食い飲み食い飲み食い飲み食い飲み!
だべり始めると顔見知りと喋る喋る喋る喋る喋る喋る!
なんとなく、会場のすみっこの方まで行ってみると
根本荘の風呂で一緒になった人(後で聞いたところ通称ロバ君)ら2人がポツリとさみしそうに食ってる
神戸から夕べの9時に出て来たそうですが、知り合いがあまり居ないのだそうです
声をかけて皆さんに紹介しまくる
浅野プロの実家に近いショップの人と判明して、浅野さんを紹介
皆と溶け込んでもらって良かったぁ
パーティーは楽しまないとね

抽選会ではミュウがピザ1年分を当てた!!!!!!すごい!
でまた、神戸の二人は電車とタクシーで来てたので
自分らの車に詰め込んで、飲んでない店長、ナマコナースの運転で根本荘へ

で、飲みなおし
差し入れのビール飲みまくり
さらに神戸の2人はパーティーで知り合った連中や浅野さん、その中にサクちゃんも含めたメンバーで養老の滝で飲むそうだ
ひとしきり部屋で飲んでからこの養老組みに合流
その先は今一記憶が飛び飛び

朝はジュンジュンの居る部屋で寝てた
すでに大部屋の連中は準備OK
頭は痛くない
むかつきも無いが、ボワーっとしてる
飲みすぎなのは間違いない

朝飯は・・・かるーく焼きおにぎり
おっちゃんの駐車場でゆっくりする
本日もOFFショア
風は9.2ジャストになるはずの予報
朝からオープンA開始!
今日はヒート1が成立してるので、自分たちの組から開始です
時間間違い無いようにしなきゃね

Sany0018キッチンタイマー改:生活防水なのでやはり先週の富津でテストして水没
基板が電解して溶けてしまったが修理してケース、ボタン接合部はスーパーX接着剤ではめ殺し仕様!
ダメもとで使用する
このタイマーはさすがキッチンタイマーだけに使いやすいのですけどね
さて沖に出るとけっこう吹いてます
やばいです
二日酔いにはきついです
セールコントロールがままならなくて
待機できないしタックもやばいです

それでもなんとか時間を良くみてスタート
今一のスタートとは言え中盤で進む
一マークで沈
さらに2マークも沈
それでも艇速が高いので何とか数艇を抜いて
7番手でゴール
9上がりなんでからくもOKです

あー良かった面目も何もあったもんじゃないな
さてセミファイに向けてスタート地点に登らないと・・・
風がなんだか足りないぎみになってるけども
なんとかスタート位置に戻ることができた

現在の進行状況は?
本部船の表示が読みづらいなぁ
タックに失敗してもたつている内にA5ヒートスタート時間でーす
キッチンタイマーは絶好調ですがねぇ
激しく後ろからスタート
フィニッシュするもやっぱダメですよねぇ
これが実力かぁ

一旦帰着
なんか気分悪い感じは二日酔いって事でしょう
でも腹が減ってきて、クアアイナのハンバーガー丸ごと一個(今まで半分でした)を喰らう
ピザももらったけどこれは多すぎなんでハルさんにあげる

さて、今日は9時50分からヒートをやったのでまだまだ時間がある
もう1レースあるに決まってるぜ
しかし、風が落ち気味です

先ほどエキスパートは数人風が足りないので自主的にキャンセルしたらしい
Pカップの趣旨として皆がレースやろうよって感じなので今日は特に微風でも実施する方針だそうですし
そんな感じで1時ころ
シノシノも応援に来てくれました
あ、ハルさんは夕べの宿飲みから参加です
応援ありがとうです

しばし後、やっぱオープンAスタート時刻が告示された!
行きまっせぇ!
自然と気合が入る!
一回戦でまがいなりにもアップできたし、頑張ればなんとかなるかも?
今度も2ヒート目のスタートだ
ソニックと同じ組
軽量で走らせるのも上手なソニックの走り
自分は置いてかれちまう可能性が高いな

まあ、キッチンタイマーの調子は良いし
頑張りましょう
しかし、なんとも風が足りませんなぁ
でもなんだか強そうなブローも?
こんなときは、鬼糸巻鱏マンタよりオンボロだけどフォーミュラーの方がプレーニングが続くはずなんだよなぁ
でもマンタで行きますか
時間読みもバッチリでスタート?
それでもね
7番手スタートで決して良く無いです
しかーし!
9.2の強みがでたぁ~~~~~!
1マークで全員ごぼう抜き~!
ウッシッシッシ道具は条件しだいで1回戦のオーバーとは逆に作用する
良い場合はダントツの差が出るのだった

諸刃ですな

よって、一位フィニッシュ!です(パンピングもしまくりで気持ち悪い)
二位に入ったのぐちさんは気分悪くなって次のヒートを棄権するって!
ちょっと酷な条件ですよ
まあ仕方ない
1ヒート目とは言えトップフィニッシュは気持ち良い、けど気持ち悪いぃ

自分はなんとかかんとかスタートラインに戻る
本部船の近くに寄ってヒート確認
エキスパートの順番だけど
風が弱すぎでキャンセルに決定
するとA5ヒートから開始だって声が何とか聞こえた

よっしゃとおもったんですがぁ
腹が痛い
これは飲み過ぎによる下痢ですな
やばいくらい痛いです
しかし、我慢我慢我慢我慢我慢我慢我慢我慢我慢!
痛みに波があるのがこの手の腹痛の特徴です
さらに我慢すれば経験上、水分は体に吸収されます
我慢です
その内レースが始まると緊張によって体が勝手に痛みを止めてくれます
案の定、時間が迫って来たら腹痛の周期が長くなって来た
行けます!

相変わらずスタートが悪いが、中間あたりでスタートできた
そんでもって9.2でも走りません
フィンが短い44cm(1ヒートはツワモノが居なかったとも言えるかも)なんでここでプレーニングに入れないならば
置いていかれるのみだぁ
前々からフィン長くしなきゃとは思っていたんだけどね
時すでに遅し

それでも前を何艇か抜いて・・・・
でもでもでも走りません
後ろから調子良く走る音が聞こえる???
抜かれるわけかぁ
???赤いギブスあーあ後ろの組に抜かれまくりです
やはりセミファイナルに来てるやつは走るセットです

それでもあきらめずにゴールしたけど
目算ではもしかして9アップに入っているかも?なんだけどなぁ
ゼッケンを呼ばれませんでした
聞きにフィニッシュ船まで戻るのも疲れたし、間違いなく呼ばれなかったので帰着です

後で聞くと4分のタイムオーバールールが適用されたそうです
風のミニマム設定なしでスタートしたんだから
タイムオーバールール適用はおかしい!
と言う人がいたけど確かにその通りだよなぁ
まあ仕方ないか
役員の判断事項だPhoto

腹痛も気にならなくなっていたんだけど
片付け終わる頃にやってきました
まあ、着替えも終わって余裕でよかったが
痛い
余裕無い感じ
浜のトイレに駆け込むと・・・・
ピザの三角形の紙トレイが便器に投げ込まれてる!
ひどすぎる
背に腹は代えられない
十分に水を流して拾い上げた

なんてひどい事
スポンサーが悪く思われてしまうようないたずらは
あんまりだ
なにしろ
せっぱつまった俺が困るじゃねーかよっ!!!!!!!!!
で、ピーで終了
終わり良くなければ・・・・
全て悪し?
まあ、最悪では無かったので良しとする

気を取り直して
表彰式
各クラスで上位が見込めるのはビギナーのみ
他のクラスはオープンBのベニーが一桁順位だったそうです

さあ、ビギナー男子の発表
子供が呼ばれていく中、レオ君が優勝!!!!!
って彼も二十歳 でもガキではない大人が優勝です!
3万円相当の航空券引き換えが副賞、すばらしいトロフィー
さすが10年の記念大会

その後、自分の出たオープンAではあのカク君を抑えて
オヤジの代表イノさん優勝!!!!
二連覇を阻んだのは偉い!イノさんは猪苗代やマスターズでお近づきになり
非常に良い人で、小柄なんだけどコンディション選ばず早いんです
驚く事に昨夜のパーティーの抽選会でもマウイ航空券ゲットして今日も実力でゲットとは
凄い人です、徳が得を呼ぶようなもんです
おめでとう

さて、
反省会をココスで慣行(例年行事?)

自分は
やはり道具は全部出す!
フィンは適正にする
飲みすぎない
沖での数速アップに耐えるように
海上でダウンを引けるように工夫する
スタート位置取りの工夫
ジャストの風とオーバー、アンダーで位置取りを考える
かな?

他の人
特にヨット部からの転向組み2人は、反省しきり
スタートヒート間違いやマーク間違い、黄旗が降りてからのスタートライン通過など様々な失態を演じてしまった

そして、すばらしいのはビギナー優勝のレオ君
タカギ君も上位に食い込んだ
その他ビギナーの選手も何度かヒートを勝ち上がる事ができたとの事
ヒートでも勝ち上がりの味を覚えると止められませんね

込み合う前に入店し、だべりまくって
非常に込み合う時間まで長居しちゃいました
おかげで渋滞まったくなしで帰宅
おしまい

|

« 富津合宿 10111314 | トップページ | 勤労苦難の日 101123 検見川ウインド »

ウインドサーフィン」カテゴリの記事

レース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284386/37837871

この記事へのトラックバック一覧です: 2010Pカップ! 11月2021:

« 富津合宿 10111314 | トップページ | 勤労苦難の日 101123 検見川ウインド »