« glenmorangie と 船口 | トップページ | 20101218 龍ヶ崎 »

2010年12月15日 (水)

2010JPWA  スーパースラローム

  風の予報ぎりぎりまで待ちました
何しろ今年はマスターズ、猪苗代が不成立
九十九里ウェーブも厳しい状況、ダックカップも・・・・
3日まえまでレイトエントリー受け付けるのは助かる
4000円のレイト料金加算はきついけど
8000円のエントリーフィーがパーよりも確実性を取るのが大事
土曜日だけならなんとかレースになると判断
風があっての大会ですからねぇ
気になるのは今年から厳しくなったゼッケン番号の両面表示かな
スタボーが上だったっけか?
白の下地は無理か
もともとトップ部分の下地が白のノースセール有利! ?

Pa0_0006 さて当日
予報の通り南西の風
練習の10時頃は弱めで9.2で走れる状況
浜に用意したのは
9.2TR4 7.5タイタン 5.8グローバル オールマウイセール
マンタ125L ロケット115L オールタブー
とりあえずスラロームに使えるのはこれだけ
スペシャルが11時ころからスタート
その後がオープンA 
最初は9.2で行ったけど、次第に上がってきました
まずは7.5、ロケットでヒートレースGO!
しかーし、スタートミス、そのまま7位程度で予選敗退
一旦帰着して次
さらに風が上がって白波バンバン!昨年のPカップに近い状況かも
よって、5.8にチェンジ
行けますよぉ
ヒートスタートで今一
やはり4番手くらい
一マークから2マークにかけて一旦上位に追いつくが・・・
痛恨の沈で3番手でフィニッシュ
よーしとりあえずセミファイナル

が、次第に風が落ちてくる
白波も消える状況
んーこれは!
予報通りこのまま落ちると決断
7.5にチェンジ!!!
周囲はそのまま小さいセール
南西の風はインサイドまで風が入るのでスタートが浜に近いので、交換可能です

よーしスタート1分前にビーチスタート
んんんんんしかし、異様な風圧を感じる?
何とまた白波が見え出してる
いきなり飛ばされる
スタート前なのにぃ
なんとか立ち直ってスタート
激風のため遅れがいっぺんに解消して、ほぼジャストでスタート!
までは良かったが・・・
すでにアンコントロール状況
スタート30mで爆沈
それでもあきらめず1マークへ・・・沈
何とか2マーク・・・さらに沈
風のゆるみに合わせて再スタートなれど3マークで沈
セールが張り付いて上がらないほどの強風
危険を感じる状況なれど
走れないはずがない!!と信じて再スタート
ボロボロでゴール
最下位DNFタイムオーバーです、2コケです
セミファイでそんなに無理することは無いのです
6位以内に入る事が重要なのに
何故か?「うっしっし、いただき」なんて邪念が沸いてしまった
昨年の成功体験と失敗体験の両方が交錯した結果だ
しゃーない
これもレース
そんな中
他のクラスも順調にヒートをこなしていたらしくベニーはBで4レースで3勝
ミッチェルも上々らしい
なんせ自分のレースで精一杯です

この大会自分は始めてなんですが
けっこう気が利いてて
昼食はカップめん、トン汁が用意されててすばらしい
さらにTシャツの参加賞もある

さて、本日のヒートは終了
中間当たりのいつものポジションになってしまった

片付け最中に、浜ぞう君が足を骨折っと知った
様子を見に病院へ
彼の車を親戚が運転してくれる事になったらしい
自分はその車を病院近くまで移動
しかし、激しい風だったのでノーズが刺さるような沈は足首が危ないとは思ったが・・・・

夜はスッチーなまこナースの手配により少し離れた高台の「グリーンハウス」です
直登階段がきつい!
飯は三浦まで出ていさり火?だったっけか?
すると浜名湖組みや地元フィジーさんらがすでにやってます
我々も仲間に入れていただいて
スッチーなまこナースに運転してもらう事になり飲んで食い
その後、スッチーなまこナースは飲んで無いので部屋飲みも慣行
夜中まで自分の部屋で飲んで飲んで~

さて、朝はゆっくり8時起き

Pa0_0005 朝日がまぶしい

特に深酒したわけでも無いので問題なし
押さたから今回は腹もいたくなりそうに無いでしょう
北風に変わっているが結構暖かい
でも、冷えると思って今日はセミドライにする
今日の予報からして
5.8は必用なしと踏んだ
9.2 7.5で風が落ちても走るためにマンタ125Lで行く事にする
道具は浜の駐車場に暫時入れて降ろすと楽!

今日はオープンAからスタート
風が十分足りてる18ノット越える感じ
よし、7.5で行きます
北風なんで海に向かって相当左の奥まで行かないとスタートラインにいけない
んーいかんなぁ
オーバーです
でもしっかりダウンも引いたし、
これで行くしか無い
昨日ほどでは無いのだ
かっこ悪いがジャイブも可能だ

途中相当なインターバルが入ったので東の鉄板海岸に上陸して様子を見る
ここは何とか本部船が見えるなら休憩するに最適な場所なんですよ
お、AP旗が上がった、降りた!5分前
ってな感じで2分前からゆっくりビーチスタート
しかし、やはりブローがきつい
良い感じでスタートラインに向かうも
うー
痛恨
ブローに飛ばされてしまった!
それでもあきらめずになんとか9番手くらいでスタート
んんん、船速は十分過ぎる
マークに向かって下らすのがきつい!
でも
何とか無難にジャイブしていくと一時は全員抜いてトップに!
しかし、オーバーのジャイブ3連続
やっぱ、お決まり 一回は失敗します
それでも3番手で勝ち上がって何とか昨日の汚名返上
海上では先にヒートが進んで、さて、セミファイ
ここでも一旦浜に上がって休憩
しっかり本部船を見て
時間を見極める
よーし今度こそは良いスタートを
でもね、やっぱ今一、7番手
いけません
絶対一人は抜かなければいかん!
気合のジャイブノーミスを狙う
案の定ミスった連中が3名
なんとか勝ち上がり

やったぜ、ファイナル!

ここで待ちがけっこう入る
浜で待って、さて行きます
スタートは?横並びに近い感じの下側スタート
しかし、やはりファイナル
船速で追いつかない
下にいたのが敗因か
リカバリーが効くほど甘くないな

逆にツッシーが上からジワジワと追い越していく!
このポジションでノーミスで上位の脱落を待つしか無い
案の定2名がジャイブでミス
自分が追いつくが・・・
しかし、からくも直前で復活した連中は
俺の追撃を振り切ってしまう
くうっ!
8番手でゴール

スタートポジションは重要だ!!!

Pa0_0003 さて一旦帰着
昼飯は今日もカップめんが大会側から用意されて、餅入りのぜんざいも
ありがたいね

のんびりしてからさて
本日の2レース目
一名が帰着しないもんだから始められないそうだ
昨年の俺も危ないところだった
出艇申告の時、太もも裏がつった
そんな、いけません
歩けない
須田さんが
どうしたの?と心配してくれるほど・・・
カリウム不足か
昼食でのんびりしすぎで乳酸が筋肉から出て無いのでしょう
やばいです
ストレッチを繰り返してなんとか治まった
ふうっ

さあヒートが始まる
しかし、自分にとっては絶好の7.5もしくは9.2状況
さすがに9.2までは風が落ちていないと踏んで
7.5のまま
しかし、次第に風が落ちてきている
よーし
先日 たまさんに教えてもらった海上ダウン調節にとりかかる
浜での練習は成功していたが
んー
海上では難しい
それでもしっかりダウンをゆるめて微風仕様に変更
いける!これは使える
そこで十分上をキープして海上で待つ
浜に行ったら時間内にスタートラインに戻れないかもしれんほどインサイドはガスティーになっている
すると?
青白チェッカー旗が出て待て
さらに赤白二色旗が出て・・・・・・
帰着せよ!とは・・・・・
風が足りないとの判断らしい
しかし、自分は十分走る
小さいセールをチョイスしたのはその人のミス
自分はそれに合わせて来たのに!
仕方なし・・・・

で、微風の中スペシャルは実施

Pa0_0001オープンAは終了
結果は?49人中の上ってところですPカップとおんなじようなポジション 俺の定位置になっちまったか

そう、ベニーはBで優勝!!!

お見事です

レースの後は恒例のココスで夕食 反省会

パワフル06のトーク炸裂

楽しいひと時でした

さて、これからはウェーブの季節

年末は御前崎に行く

その前にも風さえ良ければ行くでしょ!

|

« glenmorangie と 船口 | トップページ | 20101218 龍ヶ崎 »

ウインドサーフィン」カテゴリの記事

レース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284386/38007237

この記事へのトラックバック一覧です: 2010JPWA  スーパースラローム:

« glenmorangie と 船口 | トップページ | 20101218 龍ヶ崎 »