« 20110416 東日本大震災 と 原発・・・ | トップページ | 20110424 たけのこ »

2011年4月22日 (金)

20110417 キャラバンE25フロントスピーカ

32万キロ

今になってフロントスピーカをグレードアップ

さらにデットニング

ちょうどデットニングキットだけ何故だか震災前に購入してた

なぜ?

フロントガラスも代えた、車検もとるしまだまだ乗る

少し何かをグレードアップしたかった

売ってるスピーカー

E25にボルトオンできないみたいに、対応表に記載なし

110419_123201 したがってデットニング作業で

取り付け寸法や周辺の様子を確認しておくことにしてたのだ

車の故障で先送りしてたけど

やりましょう!

まずは左のドアから

内張り外しはHP「キャラいこ」で方法が図解されてました

んー

サイドドアビーム?貧弱な鉄板

やっぱ貧弱な純正スピーカだぁ

作業は2時過ぎから始めたので左のデットニングが終わったらもう夕方

もう、我慢できません

110418_123001スピーカ買ってきます

以前から検討してたので

ケンウッド 2ウエェイタイプの16センチ 

E25は調べた通り対応してない事になってるが

んー

なんら問題なく

加工しなくてもメインのスピーカは交換可能でした

なーんだ・・・・でも・・・・

(注意!取り説よく読む事!さもないとスピーカーの極性逆接続になる。接続例2に従う事!さらに内張りがエッジロールに干渉するぞ!)

対応表に入れろよなぁ

スコーカーは加工するのが当たり前だし小さな穴3つあけるだけだし

しかし、チェックCDでデッドニング効果を確認してみると・・・・

なんか、スピーカーのパワーアップのおかげでノーマルの右に比べて

ひどくビビリが共振するとこがある

これは、さらにチューニングするためのシートを貼り付けて押さえて行くのだ

仕事で配管振動試験で共振点をフーリエ解析するが

あの測定器使ったらスイープ信号入力で共振点がすっかりわかるだろうなぁ

ま、仕事じゃ無いし

人のカンに頼りましょう

でも

しっかりデッドニングすると共振点が消えて音が際立ってくる!

左の作業終了、右と比べてみる

普通じゃありえないボリュームに上げてチェック

デットニングした左はほぼゼロ

右は

80Hzからすでにビビリ

100Hz、125Hzで最高!さらに200Hzまでビビリまくり

さあ右も作業

重要なのはドアノブに接続された内側のノブまでの延長金具の共振

これにウエイトを付けて共振を抑えると完璧!

今までに無いクオリティの音となった!

はじめからやっときゃ良かったよ

でも手間はかかる

が、十分その見返りはある!

振り返ると

やはり対応表に無いだけの事はある

スピーカーが内張りと干渉して振動版を支えるエッジロールが当たる

まあでも、DIYの範囲内、少し工夫すればそんなの当たらないようにできた

満足!!

|

« 20110416 東日本大震災 と 原発・・・ | トップページ | 20110424 たけのこ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284386/39654976

この記事へのトラックバック一覧です: 20110417 キャラバンE25フロントスピーカ:

« 20110416 東日本大震災 と 原発・・・ | トップページ | 20110424 たけのこ »