« なんだかなぁ | トップページ | ついに »

2011年6月 4日 (土)

映画部

んー
部活動のはずが一名にて鑑賞
「GANTZ」
これが結末か
問題多いなぁ
くろのくんがGANTZの電池になったかい
で、生き返った夏菜?役名は忘れた
やその他の人
死んでいた間を置いて、いきなり生き返っても・・・・
なんでアパートやマンションが維持されているのやら?
職場だってね、何ヶ月、何年もたってたら・・・いきなり本人がその場に現れてもさ・・・
まあ硬いこと言うなよなって・・・

「岳」
脚本ノベルズを読んでから見たけど
時間制限でずいぶんカットされているね
これでは、内容が把握できないのではないかな
映画の枠について
最近思うけど
映画って難しい

続きものにするにはお金が・・・・
しかし、一回で終了させるとエピソードの縮小と説明不測による難解さが・・・・

でも連続物にするのは、間延びして面白くない
大河ドラマや連続物のドラマを一気に見るのは時間かかりすぎ・・・
でも、すんごく中身が濃いし見ごたえがある場合もあるが・・・
「24」みたいにどんでん返しにつぐどんでん返しや、時間稼ぎのような陳腐化した回があったり・・・
一長一短

物語に合った時間が重要
NHKは映画化される前にドラマ化してるものが多く
多分にドラマの方が面白いと思う
ドラマの方が広がりがあって深みもある
「八日目の蝉」、「ディロン~運命の犬」、「蝉しぐれ」その他いっぱい

映画化されると良いとこ取りのようで良くなるか?
説明不測で逆にインパクト不足になる場合がある
あるエピソードを抽出し、フォーカスを絞っていれば映画が光る

やはり、作る監督、脚本家、資金源がうまく揃わないとだめやね

|

« なんだかなぁ | トップページ | ついに »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284386/40253850

この記事へのトラックバック一覧です: 映画部:

« なんだかなぁ | トップページ | ついに »