« 20110925 富津でウインドとフライト不発 | トップページ | ソロ チャンバー取り付けフローティング »

2011年10月 3日 (月)

2011 モトGP

Pa0_0002 金曜日夜
真岡到着
「もうか」
と読むのが解っていても
しばらくすると
????
となる

ホテルにはスペイン系のチーム関係者も見えて
インターナショナルな雰囲気
明日に備えて装備品チェック
食堂に行くと いわおに遭遇
本日からやってるとの事
明日の手続きなど勝手が解らなかったので助かる
明日は一緒に行くことになる

部屋でぼけっとTVを見てると
シェゲナ登場
さらに本日ここに宿泊の タカ いわお テルと会社の同僚レなどが加わって
軽く飲み会
懐かしい話で盛り上がる
今年のGPは震災と原発事故で春からこの秋へ延期になっていたらしい
そこでサーキットスケジュールは後半に集中
要員不足におちいったらしい
急遽OBが召集されたわけだ
さらに不足分は増員するらしい

それでも日本GPを通して
震災、原発に負けない日本を世界に示したいもんです

さて、4時40分に起床
シャワー浴びて出発
オザワの車に7人乗り
サーキットまで30kmもある
なんせ茂木周辺には何も無い
一応一件宿があるがそこはすでに他のオフィシャルで満室
だからサーキットが作れたとも言えるかな

北ゲートから侵入
オフィシャルが集合する東コースのパドックへ
受付もスムーズ
人数は300人以上
これが世界GPですねぇ
オレンジのつなぎユニフォームに着替えてGO!
後輩君たちがキビキビ働いてます
久々のサーキットの雰囲気です

バスで持ち場の2番に到着
コース点検や昨日からの要員と要領を聞いたりと
情報収集
以外にコース幅が狭く感じるな
1コーナー進入は相当鬩ぎ合いがありそうだ
昨日も2台が絡む転倒があったらしい
スケジュールはユルユル
だけど結構緊張

Pa0_0004 コース インスペクションなる視察がある
コース関連要員は全員コース脇に整列して
サムアップ!
本日はこの時にパフォーマンスを披露するきっかけになった
元祖 シェゲナ オザワが来てるが
本人は元祖のくせして 最初に何やったか覚えて無い
単になんか面白いことやって来いと後輩に司令しただけだったのだ
その後エスカレートして ちょっとしたパフォーマンスに発展
DNAを受け継いだ一部ポストでは
インスペクションやビクトリーランで楽しいパフォーマンスやってるらしい

まあ
この2ポストの長
ミネオ君の指示に従います!

まずはフリー走行
長いです
コース脇で立ったまま
ダレたかっこうはできませんし
んー
これは天候が悪いとキツイだろう
ラッキーなことに気温低めで20℃前後
少し動いても汗が出ない程度の適温です

しかし、250クラスが無くなり
ホンダCBX600エンジンだけの新しいカテゴリーGP2が昨年からできてるなんて知りませんでした
125も来年からGP3で4ストローク250ccエンジンになるとの事

モトGPは来年から1000ccで
カピロッシも引退
バレンティーノロッシはドカティになってるし
浦島太郎になっちまった

まあ、引退して情報もまったく入れて無いので当たり前
こんな感じで間を空けた方が新鮮とも言える!

しかしモトGPの音はどうも耳にうるさく不快、不連続な爆発音
体中に響くV型4気筒の図太いエキゾーストで鼓膜がかゆい
コーナー立ちあがりの不連続音は、なんとスキッドコントロールの爆発制御のためだとか
よって、ハイサイド転倒がめっきり無くなったとの事
それに引き換えGP2のインラインフォーのエンジン音は規則的で高音がきついが
聞きなれてるし、まだまし
125は独特の2サイクル音とオイルのにおい
あー
サーキットに来た
って感じの臭いなんですが
来年からはGPから2サイクルはまったく無くなる
でも
身の回りでは
モーターパラグライダーは2サイクルがまだまだ健在
ここ数年 乗ってない CRM250もまだあるが・・・ 
もう処分せねばなるまい

コースでは
転倒、オーバーランは全部2.5ポストの方に行くので大きな問題なし
何よりコースクリア優先
コース復帰もライダーの意思優先
って方針なので安全は自分で確保

日ごろの運動の成果無く
たちんぼの修行はしていないのでフクラハギが痛い
最後のミーティングも終了してホテルへ

風呂入って飯食って
本日も自室でプチOB会
昨晩メンバープラスナガイやスミも入って盛り上がる
しかし、自分の学生時代もそれなりに馬鹿やってたけど
後輩君たちもけっこうひどいもんだ
さらに上下関係の厳しい無茶苦茶ぶりは
ダブりまくりで、帝国を作ったコサクの影響か・・・
ほのぼのした世代で助かった・・・

日曜
さーて本番
現地解散なので全員自分の車で出発
やはり遠いなぁ
駐車場ではタカハシさん発見
昨日はつくばで進行やってたらしい
そう、つくばのイベントとも重なっていたことが今回の人手不足に大きく響いているのだ
午前のウオーミングアップラン
そしていよいよ本番

125クラス
一斉スタートから2ポスト前に全車飛び込んで来る
ドキドキもんです
第一関門OK!
ふー
これで何とかなる
その後は一線に並んで進入してくるようになるので危険性が下がる
チェッカーフラッグは 懐かしい カンベ君
1コーナにはあっという間に入ってくるので
全フラッグをコース脇でオフィシャルたちが振りまくって
選手をたたえるビクトリーフラッグ対応
自分は初めての体験
祝福してる感じが良い

GP2
これは重量もあるのに台数が40台
恐ろしいほどの密集状況で進入してくる
しかし、なんとかクリア
その後は先のコーナーで転倒が何件かあった程度

Gp 開会式はこの中間で行われ、震災に見舞われた直近のGPゆかりのライダー

中野君と青山君の地元に1000万円の震災見舞いの寄付贈呈があった

そしてメインエベント
GP
ん!スタートシグナル前に何台かがフロントがアップするのが見えた
そして1コーナー
Motogp 全車クリア?
立ち上がりで一台転倒!
なんとバレンティーノロッシです
グランドスタンドの一角をロッシファンが埋め尽くしているのに
数百メーターで彼のレースは終了
その後、先頭車両がコースアウトで遅れる
ジャンプスタートがやはり2台ほど出てピットストップする
さらに転倒も続出
ほぼ半数が消えて
コースにバイクが分散して終盤は単調に消化されて終了
荒れたレースでビクトリーランでもあまり激しい喜びは見られない
途中ドクターヘリで運ばれた選手が居た
2003年の加藤選手の記憶が・・・・
でもまあ無事終了

その後が長かった
250のアマレース6周

その後、1500台の観客バイクのデモラン
この時ビクトリーフラッグ対応!
凄いバイクの量
まさかこんなに集まるとは
2手に分かれて1周半
よって自分の前を4回通過
旗を振って手を振って観客ライダーを
 もてなす
腕がしびれてくるが、これだけのライダーが集まってくれたこと
皆が手を振り替えしてくれ
ありがとうといってくれる
一体感のあるこの雰囲気は良い!
感動ものです
でも本日一番のハードワーク
しかし、笑顔で最後まで対応!

おかげで帰路では眠くて眠くて?
連日のプチOB会で飲みすぎか?
アミノ酸飲んで酒飲まずに就寝
筋肉を使ったわけではないので翌日はなんら問題なし
体重が1kg増加してたが今週中には戻るだろうな

|

« 20110925 富津でウインドとフライト不発 | トップページ | ソロ チャンバー取り付けフローティング »

モーターサイクル」カテゴリの記事

レース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284386/42360383

この記事へのトラックバック一覧です: 2011 モトGP:

« 20110925 富津でウインドとフライト不発 | トップページ | ソロ チャンバー取り付けフローティング »