« 20111010 震災後初飛び ペラ改造  | トップページ | 20111014 徳島 暴風雨で着陸不可能! »

2011年10月13日 (木)

20111008 テレビアンテナ修理

Sany0115 気になってたんだよ

アナログ放送用VHFアンテナ

ベリー ハイ フリケンシー だったっけ

中学生のころ取ったアマチュア無線免許の時に勉強したっけか

間違いなくアンテナの棒のてっぺんに付いて

小さい地デジ用UHF(ウルトラ ハイ ・・・)アンテナが下に付いてて

バランス悪い

もちろん7月から何の役にも立ってないし

すでに4年前からほぼ使って無かったけども

風も無くウインドサーフィンもモーターパラグライダーも無理だなぁ

とぼやいていた

何となく晴天の空を見上げて

アンテナの支柱が傾いでます!

???

よーく足元を見ると

馬の足が折れてる!

本日の休日の仕事はこれですね

早々に屋根に上がってみる

青空がまぶしい

あー

やっぱり

一本の足はどこか先日の台風かで吹っ飛んでしまってます

Sany0113 対角のもう一本も根本から折れてかろうじてサビの進行してない部分で付いてるだけ

四隅から張られたワイヤーと2本の足でグーラグラしながら付いてるだけ

よくもこんな状況で映像が見られていたな

損害状況を確認

馬だけ交換するだけでOK

ステンレスのワイヤーもこの馬から延びる部分のみ交換

さらに支柱を切ってVHFアンテナを取り去って軽くする

そうすれば後10年はOKだろう?

山田電気に行くと・・・

最近手広く、食品やなんやかんややるようになった分

工事用のパーツが無い

馬はあってもステンレスワイヤーが無い

やむなく隣にある石丸電気へ

ここも怪しい感じだったが、馬とワイヤーが揃ってた

ささっと購入して

工事

屋根から見ると

どっかから飛んできたVHFアンテナのパーツが畑に落ちてるのとか

アンテナ傾いてる家とか

ケーブルTVにしてるらしくアンテナなしの家とか

いろいろだね

馬を入れ替え

Sany0114 VHFアンテナの根元から支柱を切断

馬から張りの針金へ配線しなくては

バラす時に針金のからめ方も確認しておいた

手間かけずにしっかり配線してある

ささっと同じように針金をからめて出来上がり

しっかり支柱が立ち上がった!

さて、向きは242度に合わせてOKだと思う

感度チェックでシグナル感度60以上指定の所、76

今度、スカイツリーに変わったらまた角度調整する必要があるかもね

デジタル放送はとりあえず指定電波を超えてれば画像品質など変化なしだから

簡単と言えば簡単

しかし、あまりきわどいと何かの拍子?豪雨?スポラディックE層の影響?

そうだ

鳥がとまったりして感度低下したときにモザイクが出る可能性があるくらいか

とりあえず作業終了

ボケがひどい父も手伝って?邪魔?してくれて共同作業っぽく・・・・

良き一日であったとさ

|

« 20111010 震災後初飛び ペラ改造  | トップページ | 20111014 徳島 暴風雨で着陸不可能! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284386/42465658

この記事へのトラックバック一覧です: 20111008 テレビアンテナ修理:

« 20111010 震災後初飛び ペラ改造  | トップページ | 20111014 徳島 暴風雨で着陸不可能! »