« 20111009 風プロジェクト キッズウインド | トップページ | 20111008 テレビアンテナ修理 »

2011年10月10日 (月)

20111010 震災後初飛び ペラ改造 

111010_1603日は風無し

ウインドもモーパラも駄目かと思いながら

とりあえずモーパラエンジンチェック

マウント方法を変えたチャンバー

翼面積を増やしたペラ

これらのチェックのため

龍ヶ崎エリアに行ってみる・・・

誰も居ない・・・

もう6ヶ月以上になるか

以外に風がある

エリアには耕運機が入ったらしく草は無いが

土は表面ほっかほかの中が水を含んだ重たい状況

111010_16032誰も居ないので飛ぶのは止めるか?

まあとりあえず体を動かしたいので

ライズアップ!

んんん!

なんか今一です

さすがにブランク多いかも

何度かトライ

ぴたっと頭上に止まるようになると感が戻って来た

OKOK

一汗かいてエンジン始動!

まずは今のペラでMAX6800rpmをリッチで

6750rpmにセット

Sany0112次に改造ペラを仕掛ける!

6780rpmで安定

回転もスムーズ

振動が少ない

行けてます!

Sany0001これは期待できる推力!

中島さんのアドバイス当たり!

バランスは塗装だけでは無理だったので

アルミテープでバッチリ!

よっしゃ

飛んでみます

3Lしか燃料作らなかったので

10分のフライト計画

風もばっちり4mくらい

バックでライズアップ可能

エンジンも止めた状況でユニットを背負う

座ったまま手でスタータを引く

2,3回でエンジンスタート

バッチリ!

アクセルのライン接続

キャノピーセット

バックでライズアップOK

振り向いてGO!

足場が悪いのと風が弱めなので5,6歩でテイクオフ

推力は十分だろう

改造前

軽く8000rpmを越える軽い(推進力無く単に回転だけ上がる)ペラだったのが

今まで使用していたカーボンケブラー補強ペラと同じかそれ以上の推力を感じる

ソロエンジン

8000rpm越える回転数はオーバーレブ領域

レッドゾーンって事

そのまま使うと壊れます

改造の手順

Sany0002グラスファイバーを上から乗せて

レジンを含ませる

ほつれないように

両サイドはテープで固定

次は

Sany0003裏側

自分はこれが重要と思ってる

翼の上は風が遅くなる方

下はできるだけ早く流れる必要がある

ピッチが浅いこのペラ

Sany0004面積で推力を稼ぎ

さらに抵抗を減らすには?

フラット面をしっかりフラットにすべきではないか?

と思って(計算でなくただの感です)

金ザシにガムテープ巻いて翼の延長のアテ板にする

Sany0006グラスファイバーを挟み込んで

レジンを塗りこんでさらに隙間に流し込む

上と下から金ザシで挟み込んで

洗濯はさみできっちりと固定

隙間ができないように

Sany0007レジンをたっぷり注ぎ込む

はみ出したのは後で削ればOK

もちろん増やす翼面積をしっかり対称にするため

グラスファイバーをきっちり切りそろえる

出来栄えは?

上々

|

« 20111009 風プロジェクト キッズウインド | トップページ | 20111008 テレビアンテナ修理 »

プロペラ」カテゴリの記事

モーターパラグライダー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284386/42428147

この記事へのトラックバック一覧です: 20111010 震災後初飛び ペラ改造 :

« 20111009 風プロジェクト キッズウインド | トップページ | 20111008 テレビアンテナ修理 »