« 20111018 今の気仙沼 | トップページ | 20111023検見川 ボヨンボヨン »

2011年10月26日 (水)

猿の惑星とロサンジェルス決戦

猿の惑星
宇宙探査に行った飛行士が降りた所は・・・
猿に支配された地球だった!
と特殊メイクと斬新な発想で一時代を築いた映画だった
今回は
何故そうなったの?
って映画
アルツハイマー治療薬がねぇ
あんな事になっちゃって
そんなことになって
こうなるんだ
VFXのできも良く
猿の表情も動きもリアル
人間からの独立戦争なんだし、もう少しいろいろあってほしいところ

ロサンゼルス決戦
んー
グローバルな世の中
仮想敵国が大っぴらにできないもんだら
エイリアン相手に戦う画像で、海兵隊員を募集!?
昔は 大日本帝国、ヒットラーのドイツ、ソビエト、アフガン、北朝鮮だったり 映画も敵国が居ないと面白くならない
あまりひねりが入っていても万人受けしないから
あくまで不屈、しばし人間的弱さも見せつつやっぱりタフでカッコよく、勲章ものの自己犠牲
単純な勝敗分岐
痛快娯楽戦争映画だ

|

« 20111018 今の気仙沼 | トップページ | 20111023検見川 ボヨンボヨン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284386/42698243

この記事へのトラックバック一覧です: 猿の惑星とロサンジェルス決戦:

« 20111018 今の気仙沼 | トップページ | 20111023検見川 ボヨンボヨン »