« 酒日記8 | トップページ | 20120408 お祝いの朝食会とじゅさぶろー展 そして上野の国立博物館 ボストン 日本美術至宝 »

2012年4月13日 (金)

タイタニック 3D

へー

こんな映画だったんだぁ

実は映画のことけっこう書いてても

 一度も見たこと無かったんだ

こんな展開だったんだ

以前何かで見たシーン

タイタニックの調査ドキュメンタリー番組を見たような気がしたけど

実は本編だったと分かった

本編にキャメロンさんが実際にタイタニックを調査した画像も入れているんだ

そういうことだったとはねぇ

燃え上がる愛いや、恋だね

壷にはまった感じ

マリッジブルーのローズ

魅力的で奔放な自由人ジャック 若いなぁ デュカプリオ

磁石のような惹かれ方だ

最後に3段ロケット的な結末

3D の大迫力にさらに初めてこの映画を見た事によって

一度見たことのある人よりも高い感動が得られた気がする

いやー

いまさらですが

名作ですね

キャメロンさん

早く3D化したくてしょうがなかったんだろうなぁ

http://www.foxmovies.jp/titanic/information/about/

史実に忠実に

さらにドラマチックに

そしてリアル以上の迫力を!

さすがです!

追記

くしくも沈没100年の2日前4月13日に観たわけだけど

「絶対に沈まない」と言われ
処女航海出発5日目にして沈没
絶対安全と言われた原発が津波で破壊され吹き飛んだ

絶対神話は昔からあって
もろくも崩れ去ることも良くあること
それを繰り返すのが人間

存在しない「絶対」にあこがれているのである

キャメロンさんは映画製作時にも船内調査を繰り返したが
その後も何度か調査している

船内を小型無人潜水艇を使って
映画制作で精密な模型やセットを作りこんでいるため
潜水艇の画像から今何処に艇があるのかこの先のドアや壁の向こうがどうなっているかまで知った上でコントロールする

映画で作った画像と本物の画像がオーバーラップして懐かしい家に帰って来たような感覚に囚われたそうだ

このタイタニック号
実はあのミュージシャンYMOの 細野晴臣さんの祖父が乗り合わせていて
乗っていた唯一の日本人として生き残った人物だったそうです
しかし、生還したおじいさんは

婦女子を押しのけて生還したと誹謗中傷され相当なひどい目に合わされていたそうです
しかし、90年後のキャメロンの映画タイタニックで様々な調査が行われ
おじいさんの船上で書いたタイタニックの備え付けの便箋で書かれた手記が公開され
汚名が返上されたそうです

|

« 酒日記8 | トップページ | 20120408 お祝いの朝食会とじゅさぶろー展 そして上野の国立博物館 ボストン 日本美術至宝 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284386/44872509

この記事へのトラックバック一覧です: タイタニック 3D:

« 酒日記8 | トップページ | 20120408 お祝いの朝食会とじゅさぶろー展 そして上野の国立博物館 ボストン 日本美術至宝 »