« マスト補強 | トップページ | 酒日記20 »

2012年9月 5日 (水)

20120901猪苗代横断レース 

実りの秋を感じる
黄金色の稲穂と
そばの花の中
2012_2でっかい猪苗代湖には朝から良い方向の風が入っています

4時30分に出発して3時間30分ほどで到着
小仏の渋滞のある本栖湖と同じほどの時間で行けてしまう289km

見慣れた面々と挨拶
ダンカンさん今年も事務局ご苦労様です

今年初参戦のけんたろうさんも同じチームとして参戦
地元が南会津なんだって
猪苗代の天神浜では何度か乗った事もあるそう
セールが7.5なので現状の風では相当足りない

行ってみるかぁ!
やはり自分
ナイトロの次のモデル最初の2007だったかの格安新古ガストラベーパー10.5
2001年モデルのスター、フォーミュラー145Lにデボシーの70cmフィン
ロートルに鞭打っての出場です


一応 マウイセールの7.5タイタンも張っておく
10時から受付なんでゆっくりまったり準備
今年の風はいかに?
朝の風は今一吹き上がらず

それでも11から12平米、もしくはコースレースなら成立しそうな状況
12時15分スタートとの公示
行きます!

何とか走りそうな感じ
ゲートスタート法式でスタート
船が赤旗でスタートラインを一往復
さらに黄色で一往復
最後に青で下から上に向かって走り
その船の後ろから随時
スタートOKとなる

風が弱いので中盤より上で待機
昨年と同じだが
少しは要領を得たか
と思いきや

なんと!何となく近づいて来ていた黒い雲
グングン迫ってきて
風速アップ!そして雨

10.5が制御しきれない
みるみる上に上がって行ってしまう中
スタートシーケンスが開始された!

やばいっすよ!
スタートラインまで下れない!

おいおい

どーすんの
もう黄色の旗で回って来てるし!

よっしゃ!

チキンストラップ(センターストップをそう言う)に足を入れて
スタートラインとは逆向きランニング走行
セールをおもいっきり開いて風を逃がしてジャイブ
さらに風を逃がしつつ青旗を掲げて迫ってくるスタート船が通過する
上マークギリギリをかすめた!

何とかスタートできたぁ

しかし・・・・

皆さんすでにスタートしてます
今回はめちゃくちゃ下有利
5分前の風の上がりは読めません

しかしここからが勝負!まだ14kmもある長丁場だ

気を取り直して前を行く連中を抜きにかかるが・・・・
激オーバーです
ボードを押さえ込むのに必死
それでも艇速を上げたいのでセールを引き込む!

がしかし!

その体勢が維持不可能
セールが開いてボードが上を向きそうになる
どうにもこうにも厳しい状況
それでも先に見える艇が少なくなってきた
目視で数えることが可能
12艇程度か・・・

後ろから行くなら先の連中の様子を見てマークを見定めてそこに突っ込む!

まっすぐ突っ込む事が不可能なくらいの風で
先行している連中もマークよりも相当上に寄ってしまっている
中には一直線に向かっている連中も!
これは後で聞くと にったさんやわださんのスラローム艇だった

さらに!
撃沈している人も見える

レース後、聞くと富沢パパさんはオーバーでしばらくセールを倒して上がれなかったらしい

そんな時
後ろからシャワシャワと近づく艇の気配!

スーっと下から抜き去られたのは?

あー

けんたろうさんではないですか
オーバーで乗ってる自分の艇速はジャストでの7.5よりも遅い!

しかし、ここであきらめてはいけない!
上位に食い込むにはまだまだぁ
気合を入れ直ししてマストを繰り出して
セールを引き込んだ!
足にかかる圧力が半波じゃない!
70cmのフィンがおもいっきり押し返してくる
歯軋りしながらこの体勢を維持していると
なんとかけんたろうさんを抜き返してマークに一直線に向かった

案の定けっこう下れないであたふたしている艇を抜いて

一桁台でマークを!!!回頭?

のはずが・・・・・
オーバーの中
足が硬直しててジャイブが速くなりすぎ
マークの手前で頭がマークより上を向いてしまったぁ

あわててきつい風のままジャイブ、ジャイブ 二連!かまさないとならない!

しかし、2回目のジャイブでセールを落としたぁ
その間昨年の3位争いの相手 しょうの さんが前を行く

なんとか走り出して差を詰める!
風はさらに上がって来て
もうチキンストラップを使うしか無い
しかし、これでは艇速が今一上がらない
最長に伸ばしたハーネスをさらにおもいっきり使ってハイクアウトしてサイドストラップに入れなおす

これで しょうの さんが後方に消える気配

前を見ると靄でゴールが見えません?
大雨です!
さらに上位グループが拡散している?

サングラスをずらして視界を確保するが
対岸が霞んで見えない
それでも当たりを付けて走る
何となく上位との差が詰まって来ている!

強風で下れない状況にはならないようにと下目を狙っていたがしかし・・・・

風が・・・・止んだ・・・・さらに風向が・・・・・・シフトしている

2012GPSの軌跡を見ての通り

岬の沖の所で風がシフト
それでもプレーニングを選択して下へ

さらに何度も下へのプレーニングでゴール方向を目指すが
プレーニングを我慢していた連中に追い越されて・・・

結果58人中17位1時間20分もかかった

昨年は3位で25分だったのにねぇ

まあスタート失敗、その後の追い上げ
そして風のシフト、風速低下でこの順位

上出来でしょう

でも、今回オープン2位だった しょうのさんは15分も先にゴールしてました
もちろんコースレースの人がさらに早く
トップで入って45分でゴール

マークまで先頭だったスラロームの連中は大きく遅れて一部はレスキュー
20人くらいからレスキューの電話が本部に届き
おおわらわ
今までに無いレスキューの嵐だったそうだ
この風ではしょうがないなぁ

しかし

Photo

へとへとな自分と けんたろうさん30位(すばらしい!)は

ぐびっと ノンアルコールで乾杯をするのであった!

ぷはぁ~

2時間たってもまだ沖に10艇くらいが見える

レスキュー船は、見える艇は後回し

見えない

連絡が付かない選手を探し回っている

これがロングディスタンスのリスクだ!

しっかり携帯電話の携行が
義務付けられているだけの事はある

その後皆さん発見されて無事レース終了!

雨も上がって晴天の中片付けができてハッピー

けんたろうさんとはここでお別れ

私は

実連の連中スタッフと昨年同様のホテルで飲めや歌えやのドンちゃん騒ぎ

翌日は雨の予報だけど天神浜へ!

しかし、今年の猪苗代湖
非常に水位が低くなっています
渇水状況になっているダムも増えているとの事
さらに会津の方は水不足
関東の矢木澤ダムも

水辺の藻が日にさらされて腐ってしまったので
地元の人たちがこの藻の除去作業を行っていました
少しお手伝い

Photo 少しプレーニング条件にもなったが
水位が低くフィンヒットも多々

自分は出艇せずSUPに乗ったり
ノンアル飲んで食って
まったり

Photo_2 磐梯山もイマイチ山頂が隠れたまま・・・・

4時30分まで粘って終了!

ささっと磐越道から常盤自動車道を走れば

本栖湖と同じですね

以下の通りすんごく早いです

276kmを3時間16分(天神は崎川より近い)

Photo_2

過去の猪苗代横断 記録

2011
http://windmania78.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/20110827-9c14.html

2010
http://windmania78.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-0b9e.html

|

« マスト補強 | トップページ | 酒日記20 »

ウインドサーフィン」カテゴリの記事

レース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284386/46936305

この記事へのトラックバック一覧です: 20120901猪苗代横断レース :

« マスト補強 | トップページ | 酒日記20 »