« 甲府近く 鳳凰三山の薬師岳へ2012092930台風も | トップページ | 救助艇就航 20121013検見川 »

2012年10月12日 (金)

琵琶湖ロングディスタンス!20121007

今回の大会
実連、藤さんのお誘いと
BBSで
ダメ元の有志を募る私からの投稿に
さとさんが

「行きたい!」

と反応したことから始まる!

強い参加表明に自分も奮起!

行きます!

20km琵琶湖のロングディスタンス

土曜
朝1時50分起床
まづは幕張でSATOさんと合流
ショップで道具を積み込んで
出発!3時20分
普通の東名高速、名神、北陸道を通って
順調に琵琶湖のほとり

Img_0008道の駅 塩津海道 あぢかまの里

水の駅
http://www.koti.jp/

で名物の 鮒寿司 を食う!半身スライス1000円!
醗酵が進んでてチーズに近い味
超~~~ 日本酒に合いそう!
旨い!

友人のもりくんに電話して
ここ塩津のウインドサーフィンポイントを教えてもらった

しかし、12平米でも何とか走るか?ってな状況
塩津は北の風が吹けば一番風が集まる場所らしい!

が、今日は少し足りないかな

Imga0696なんとか1時には近江白浜に到着
実連の連中はスクールやったりSUPで走ったり

自分らはさすがに走る気力も出ない

曇り空で寒いくらい

皆さんの行動に合わせて4時には撤収

ロッジに向かう途中
ビスケって言うスイート作ってる店で
美味しい卵を20個購入!

藤さん手配の本日のお宿に到着

広いロッジです
夕食は実連関係のおんながたが志度をしてくれました

美味しい夕食ありがとう

さらに飲む食う 歌う! 仁君の弾語りあり

カラオケ三昧ありで夜は深ける

明日はレース
12時に就寝

スタッフの朝は早い

7時30分には出発

選手は8時30分に出発

近江白浜へ!
途中の道路情報では

強風注意報!

とのこと

相当吹くらしい
凄いです!
当たりです!

2001スター フォーミュラー145L
フィン:デボシー70Cm
2012マウイセールタイタン9.0:ダウン引きめ10mm
2009タブーマンタ125L:46cmターロンフィン
2009マウイセールタイタン7.5

それぞれ用意して11時のスタートを待つ
10時30分に出艇申告OK

浜の前は無風に近い状況
しかし、ひとたび50m離れると
しっかり風が入っている

スタートラインがなかなか決まらない
風がシフトしたりガスティーだったり
予定時刻を15分経過してスタート!!!

しかし
お決まりのスタート失敗
20秒はロス
それでもしっかりプレーニングで沖の第一マークをジャイブ!
その後
スゲーブロー!

センターストラップに入れないと対応不可能!
セールを見ると
あーーーー
やっぱカムが返って無いよ
センターストラップに足が入っているままではセールをしゃくって
カムを返すことがやりにくい
風が少し緩んだところで
サイドストラップに足を入れて
とおお!

裏風が入っちまった!
あえなくハエたたきで沈

あー
沈までしてはもう上位は望めないな

それでも
この沈の方向はウォータースタートが可能!
慎重に引っこ抜かれないように立ち上がった!

ガツンとブームをしゃくってカムを返す
さあ追い上げだ

前に見えるのは10艇
プレーニング条件でコースレースボードには負けるわけには行かない!
しかし、パーリングの危険も伴うほどのチョッピーな波まで発生

大丈夫!
俺なら行けると思い聞かせて
セールを引き込む!
足の裏がボードの端に食い込む
こんな痛みを伴うほど蹴り込んだ事は無い!

台湾の足裏マッサージ並みか?
と?
風が息をし始めた
???9.0ジャストアンダーへ

みるみる前の艇が迫ってくる!
これが俺の強気選択の成果だ!

皆さんお先です!
藤さんも
さいならぁ~

それでも
前に5艇
この人たちはよく走ってる
自分と同じようなセットなんでしょう
それでも一艇はじわじわ追いつく!

いよいよ

目標の 沖の白石!
眼前に迫る!

2012_2しかし地図を見ても分かるとおり

白石がある場所は琵琶湖の中心

それでも猪苗代のコース距離以上を走行している

さすが日本一!!!!!

そして前の獲物もジャイブに入ったところ!
いただきだぁ!?

しかし・・・

ここが沖の白石!

http://www.youtube.com/watch?v=dPOOddLHNpA

画像が進行している右側から入ってきてジャイブして
左の船の方から向こう岸へ抜けるのですがぁ

自分は、ジャイブが早すぎて画像の船の向こうに見える見え隠れする岩礁に向かって・・・・
慌ててランニングに切り替えて70cmのフィンがこすらないことを祈りつつすり抜けました
大きな岩なので風もブランケットになって
岩に吸い込まれそう!!
何ともスリリングなジャイブ目標でしょう!

画像と違ってババ吹きなので波しぶきも凄く

迫力満点!

な感じで獲物が先にプレーニングに入る!
自分も立て直してすかざず追走

追いついたと言うことは必ず追い越せる!
そう言い聞かせながらも
強風で下れなくなる前に下っておいて・・・と
若干の下で走る
先行する艇が右目の視界の端にある状況が延々続く

なんとなくさらに先行するボードが下に見える
この位置をキープが続く

スタートした白浜付近の景色が何となく見えるが・・・
沖にあるマークは何所なんだかさっぱり見えない
さらに先行する4艇は見える

その中間あたりに狙いを付けてひたすら耐える
オーバーセールのため艇速は出ないし、体への負担は
猪苗代の比では無い


獲物が居ると頑張れるもの
何とか目の前の獲物よりも先行したが・・・・

おもむろにさらに先行する数艇がタック!!!!

なにぃ~~~~?????
たしかにどう見てもマークが無い!

もっと岸に近い方だったかぁ!?
しかし、ここは慌ててタックせず周囲をしっかり見渡す
Imga0698あそこが白髭神社の水中鳥居で
近江白浜の林があって
本部船があそこで

???岸に近い方にはあの△マークが見えない!
でも沖に無いなら岸側あるのは当たり前
白波で見えないのだろう!
仕方ない
タック!

景色も反対側になってもう一度位置確認
反対側から上をキープしてきているコースボードとさっき抜いた艇もやってくる
あー仕方ないけど自分は逆走です
クロスして登りを取って岬のあたりまで行ってタック!

おおお見えた!
マークはさらに

2012上だぁ!!!

後ろストラップも外してフォーミュラーの最大アップ角度をキープする
そんな中
途中までトップだったはずの
ジャパンサーキットにも出てる竹○さんも
俺と同じ線上で必死に登りを取っているが
いかんせんボードがスラローム
自分のフォーミュラーに分があるはず
湾の対岸まで足を伸ばして登りを取りに行く竹○さんを見ながら
その半分で自分は

ラストタック!

眼前には2艇
すでにコースボードの1艇はワンタックでマークを回った
その先にスラかフォーミュラーがゴールラインに向かっている

かけに出る
さらにセールを立てて
何度も何度も微風レースで苦渋を舐めている経験から
走らせる事と登りの角度とのバランスを考える
しかし

まずいです!

少しだけ足りない可能性あり
ここはさらに登り優先で一旦
プレーニングを止める
ゆっくり、確実にマークを回ることに専念する

後ろは見ない
慌てても仕方ない
マークを回ることのみ

よっしゃ!

マーククリア!!!

すかざずプレーニングに入ってフィニッシュラインにGO!!!

でもけっこうフィニッシュラインも高い位置にある
後ろからの気配も感じる
ここはプレーニングキープで行くしか無い
ここでの弱気は悔いが残る

思い切って勢い付けて登りを取る
風が勢いを増してくる
岸の川からのブローが凄い!
このままキープするのも危ないほどだ
でも 最後の力で
行きます!

ゴール!
直後に林のブランケットに入って
無風?
こけそうです

なんとか終了したぁ!
5,6位ってとこでしょうか?

岸に近い所では

のどかにスクールをやっている

Imga0708何ともすごいギャップでしょう
ここは別世界
白い砂浜でのんびり水遊びする人もいるし

帰着申告を終了して
事務局が用意してくれたトン汁やおむすびをいただく

ありがとうございます
体が暖まる!

まだ順位は確定していないが
リタイヤも多数出ているらしい

さとさんも大丈夫だろうか?
どうやら白石はクリアした、との情報があった!

しかし、ここからが琵琶湖の広さ
その後、さとさんといださんが行方不明・・・

何とか携帯電話が通じて無事は確認できたが
さとさんはなんとか白髭神社の鳥居が見える事で
場所が特定された

しかしもう一名は・・・・
場所が特定できないほどの沖合い

一応さとさんが救助されたとの無線が入ったところで
自分

もう一度出艇

タブーマンタ125に7.5
でも!
凄いブロー
本栖湖のように一瞬で終了じゃ無い!
近江白浜からはオフショアなので海面は一応フラット
しかし、この吹きまくりの中はきつい!

走れる限界ギリギリ
シフトしないフラットなブローなのに、ボードが宙を舞うこと2回
体壊さないうちに撤収!
最高速も50.4Km程度

さて救助の方に目を向けると・・・・

さらに船頭艇だった足の速い船がレスキューとして動いているのだが
本部船の双胴船が、エンジントラブルで航行不能に!
帆を扱えるスタッフは乗船してない!

まづは選手のレスキュー優先ってことで本部船は後回し

Imga07103時になってようやく二名が本部に帰ってきた

10mの風に向かってボートを操舵すると!
波頭が船底にぶつかって
もう、走らないは、飛び上がるは
そうとうつらい航行だったそうです

ほんとにスタッフの皆さん
ありがとうございました

今晩はおおいに反省会ですね

そうそう、カタマラン?固まらない?双胴船は
帆が扱えるスタッフがジェットで乗り込んで何とか戻ってきましたとさ
先日の猪苗代でも本部船がトラブルでしたが
何が起きるか解りません

ゆっくり片付けて本日はくたくたで終了です

さーて

ここからが本番の飲み会

昨日の場所で飲めや、飲めや、飲めや、飲めや
カラオケもあって歌う歌う

本日の 反省会は3時まで続いたのであった・・・・・・
さすが関西パワー!!!
しかし、特に深い中身は無!
ただ人生を楽しむのみ!

月曜日
だれかさんの携帯電話 アラーム(日ごろ曜日指定で月金で鳴らしているのでしょう)
がけたたましく7時になり響く
自分はいつも5時37分にセットしてあるのであらかじめリセットしておきました

あーもう朝かぁ

なにげに深酒しなかったので
何とか問題なく起床
残った食材を食いまくる!
中には2度朝飯の連中も

自分も美味しい地卵のたまごかけご飯と、パン2斤、そのたもろもろ
食って腹いっぱい

10時に出発
ほんとうに皆さんお疲れ様でした
お世話になりました

琵琶湖大橋を渡って
温泉発見! スーパー銭湯
みずほの湯!http://www.mizuhonoyu.jp/

風呂にまともに入って無かった事に気づいて
即!入店、入湯!

ゆっくり湯に浸かって昼から士玉のひと時
北陸道から新名神を通って名古屋の湾岸道路
そして第二東名を通って順調に帰りたかったが・・・

やはり3連休
大和トンネル付近から45kmもの渋滞に突っ込んで
ショップへの帰宅は?
PM8時
温泉行ったのも含めて10時間!
とても一人では無理です
実際、SATOさんの参加表明が無かったら自分は参加しなかったと思います

ショップで道具を下ろして
新駿河で夕食

ふぐ(てっさ)を食って体力回復!

今回の遠征はショップからの距離で1070km!!!
やっぱ遠いなぁ
自宅からだとさらに100kmプラスで1170Km!!!!

絶好の風に感謝!!

翌日E25キャラバン
タイヤローテーションしたら
左前輪のハブボルトが折れていた
あーまた再発したか・・・・・

|

« 甲府近く 鳳凰三山の薬師岳へ2012092930台風も | トップページ | 救助艇就航 20121013検見川 »

ウインドサーフィン」カテゴリの記事

レース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284386/47373938

この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶湖ロングディスタンス!20121007:

« 甲府近く 鳳凰三山の薬師岳へ2012092930台風も | トップページ | 救助艇就航 20121013検見川 »