« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月30日 (火)

20121025カリン 伐採

数年前に枯れてしまったカリン

芳しい香りの実を数個

玄関などにおいて置くとすばらしい芳香剤だったなぁ

121030_0617010001

11月にシステムバスを入れる工事があるので

邪魔だし、枯れて倒れてお隣さんの家に当たっても大変

直径20cm、高さ3m程度

以前から何故かあった電動チェーンソーにて切ります!

家の方に倒れないように手で押さえながら

家族総出の作業

こういうの久しぶりだなぁ

チェーンソーも使った事無いけど

まあ何とかなるでしょう

121030_123801

倒す方向にまず切れ目をくさび状に入れておく

そして反対側からくさびの頂点に向けてノコを入れる

間違ってもノコが挟まれないように

反対に倒れないように斜めに切り進む

枝をオヤジにしっかり支えてもらってもう折れる?

って所で二人で支えながら倒す方向にゆっくり倒していく

ポキリと最後のつなぎが折れてさらにゆっくり家の隙間に寝かしこむ

後は解体作業

市が持っていってくれる長さは50cm未満とのこと

チェーンソーとは言えけっこう何度も切るのは大変

なんとも

後から取説見たらチェーンがゆるんでる

適正に調節したら若干切れ味も良くなったような?

最初から読まなきゃなぁ

ゆるんでいるとまっすぐ刃が入っていかないみたいだし

カミキリムシがずいぶん入った後がある

このへんが枯れた原因かもしれない

そうそう

昨日までにシステムバスのショールームを3軒回って検討

クリナップ、TOTO、ノーリツ

いろいろ考えて

給湯器も作ってるノーリツに決定

温水暖房やバスタブの自動洗浄機能が付けられる

電子レンジなどと重なってもブレーカー容量に関係ないのがよろしい!

さあて

いよいよ最新の風呂に改装するのか

高血圧がある両親

これからはヒートショックの恐れは少なくなるわけだ

終の棲家は暮らしやすくなくちゃね

ある秋の一日だった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月25日 (木)

自作PC20121021 秋葉原

今使ってるの

なんだかウインドウズ7にもアップできない

それどころかビスタのSP1もはじかれてバージョンアップさえ出来ないしまつ

先日はオンラインウイルス対策ソフトもバージョンアップに対応しなくなってしまった

NECのバリューワン

やむなく自作することにした

安く上げたいのについつい目移りして高価なセットになってしまう

ボリさんの見積もりから参考に

Core i7-3770   24000
Core i5-3470   14700
Core i5-3470K 17740  
[ASRock/アスロック] H77M (microATX)   5810
[ASRock/アスロック] Z77 Pro4-M (microATX)   8700
[ASRock/アスロック] ZH77 Pro3  (ATX)   6620
[MSI] Z77A-G43 (ATX)   8300
[ASUS] P8Z77-MPRO (microATX) 11800  
長期保証と相性保険 1575  
Scythe KABUTO(兜)クーラー   2650
[MSI] N640GT Twin Frozr SE 1G OC   7000
[crucial] CT2KIT51264BA160B 8G 3973  
[CFD] W3U1600HQ-4G 4G×2=8G   3100
[Intel] Intel SSD 330 120GB (SSDSC2CT120A3K5)   7800
[Plextor] PX128M5P 9990  
[WESTERN DIGITAL] WD20EZRX 2TB  6850  
[Seagate/シーゲイト] Barracuda 7200.14 2TB    6900
[Liteon] IHAS324/27  1744  
[パイオニア/Pioneer] DVR-S20LBK    2700
  53672  
ZALMAN ATX ミドルタワーケース Z9 PLUS   4700
ZALMAN ATX ミドルタワーケース Z9 PLUS 4693  
Bull-MAX 500W (KT-F500-12A) 80PLUS認証:80+ブロンズ   3800
SPCR2/650P ゴールド 8575  
電源相性保険 525  
[パイオニア/Pioneer] BDR-207DBK    6300
[マイクロソフト] Windows7 Professional 64bit SP1 (8アップデート付き) 13480  
[マイクロソフト] Windows7 Professional 64bit SP1 (DSP/OEM)   12000
総計 80945

日曜日に久しぶりにアキバに行ってじっくり検討して
老舗なのですが、一旦潰れて、ヤマダ電機傘下になった
ツクモ電気で購入

小学生のころから通っていたアキバもドンドン変貌して
耐震基準問題で昔ながらの懐かしい建物もここ数年で
すっかり取り壊されてしまった
パーツ屋もずいぶん店じまいしてる

メイドの客引きも多数で、すごい違和感を感じるし
AKB48の関連店がすごいギラギラの看板出してるし・・・

今の
NECバリューワンのケースを使おうと思っていたら
基板がATX規格では無くて
まったく取り付かない事が判明

ケースをネットで急遽購入
メーカー品には良くある事のようだ・・・

今度はどんな画像処理アプリを入れるかが問題
エクセルやパワポ並のアプリも必要だし
OSだけじゃただのHP閲覧PCだし

OS8の評判はどうだろう?
うわさでは独自性が強くて直感で使えないとか?

何故だか電源に思わず高価なゴールド品を購入
保険も付けて少し高めかな

まあ、ウインドで言えばマスト一本買ったと思えばよい程度
100%カーボンだったらもっと高価だし・・・

121021_201901

酒も大事

一本一万円近いのも買うこと考えれば

PCパーツは安いもんだ

パックの一番お高いのを購入

200円以下

味は端麗過ぎなくてうまい!

この季節燗して飲むと最高!

元へ!

121021_233201

古いPC基板の上に新mATXを置いてみた

基板がまったく逆の構成になってんの・・・

121021_233301

なんとも派手は箱に入っている

パーツなんて何の化粧も無いのが普通

しかし、PC関係はホビーとして、箱も陳列

自己主張ができないといけない商品なのだ

121021_233501

電源も350Wに比べて650Wはでかい

効率もゴールドなんだから相当良いのだろう

121021_233701

8にバージョンアップ可能

部品と一緒に購入で安くなる

ウインドウズ7

ほんとにビスタがひどかったので

シンプルなんだろうなぁ

121021_233702

ブルーレイは見送り

どうやらプロテクトが頻繁に変更になるので

追従するのが大変らしい

お安いDVDを付けとく

121021_2340010001SSDとHDD

すごい容量ある

タイの洪水の影響も無くなって

安くなった!

121021_234101

メモリはとりあえず8G

これでまあ行けるのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月21日 (日)

酒日記22

121021_201901

酒も大事

パックの一番お高いのを購入

http://www.ozeki.co.jp/product/nihonshu/kinkan_josen.html

味は端麗過ぎなくてうまい!

この季節燗して飲むと最高!

すでに

ふなくち2L

バギンズパックのワイン

1箱飲んじまったぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

救助艇就航 20121013検見川

Imga0717 待望の 救助艇

検見川浜に配置された

5年ほど前のあの爆風での事故

たらればだけど
あったら違ってた・・・・

世の中そんなことばかりだけど
とにかく
安心安全に少し近づく装備

しかし
訓練が大事!
人が扱うものだから
人も手馴れてなくちゃダメ

もちろんマシンの方も万全でないとね!

そんな事があった週
台風21号が関東の南海上を北上したときに
富津で48歳のベテランウインドサーファーが無くなられた・・・・

10月から富津でも救助艇も万全ではないにしろ
用意されたそうですが

岬荘のわき
いつもの合宿で使う場所がウインドやカイトのために
今回の事故でも遺体引き揚げに協力した友人が整備をしているそうです
パニック状態の奥さんを、慰める事は出来なかったと・・・

やはり基本的に
ライジャケ必須
声かけ出艇
突端駐車場ではなく公園か、岬荘御わき(500円を払って名前と電話番号記入:代わりに風呂入れます)を推奨
と言う安全対策運動を展開中だった矢先のようです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月12日 (金)

琵琶湖ロングディスタンス!20121007

今回の大会
実連、藤さんのお誘いと
BBSで
ダメ元の有志を募る私からの投稿に
さとさんが

「行きたい!」

と反応したことから始まる!

強い参加表明に自分も奮起!

行きます!

20km琵琶湖のロングディスタンス

土曜
朝1時50分起床
まづは幕張でSATOさんと合流
ショップで道具を積み込んで
出発!3時20分
普通の東名高速、名神、北陸道を通って
順調に琵琶湖のほとり

Img_0008道の駅 塩津海道 あぢかまの里

水の駅
http://www.koti.jp/

で名物の 鮒寿司 を食う!半身スライス1000円!
醗酵が進んでてチーズに近い味
超~~~ 日本酒に合いそう!
旨い!

友人のもりくんに電話して
ここ塩津のウインドサーフィンポイントを教えてもらった

しかし、12平米でも何とか走るか?ってな状況
塩津は北の風が吹けば一番風が集まる場所らしい!

が、今日は少し足りないかな

Imga0696なんとか1時には近江白浜に到着
実連の連中はスクールやったりSUPで走ったり

自分らはさすがに走る気力も出ない

曇り空で寒いくらい

皆さんの行動に合わせて4時には撤収

ロッジに向かう途中
ビスケって言うスイート作ってる店で
美味しい卵を20個購入!

藤さん手配の本日のお宿に到着

広いロッジです
夕食は実連関係のおんながたが志度をしてくれました

美味しい夕食ありがとう

さらに飲む食う 歌う! 仁君の弾語りあり

カラオケ三昧ありで夜は深ける

明日はレース
12時に就寝

スタッフの朝は早い

7時30分には出発

選手は8時30分に出発

近江白浜へ!
途中の道路情報では

強風注意報!

とのこと

相当吹くらしい
凄いです!
当たりです!

2001スター フォーミュラー145L
フィン:デボシー70Cm
2012マウイセールタイタン9.0:ダウン引きめ10mm
2009タブーマンタ125L:46cmターロンフィン
2009マウイセールタイタン7.5

それぞれ用意して11時のスタートを待つ
10時30分に出艇申告OK

浜の前は無風に近い状況
しかし、ひとたび50m離れると
しっかり風が入っている

スタートラインがなかなか決まらない
風がシフトしたりガスティーだったり
予定時刻を15分経過してスタート!!!

しかし
お決まりのスタート失敗
20秒はロス
それでもしっかりプレーニングで沖の第一マークをジャイブ!
その後
スゲーブロー!

センターストラップに入れないと対応不可能!
セールを見ると
あーーーー
やっぱカムが返って無いよ
センターストラップに足が入っているままではセールをしゃくって
カムを返すことがやりにくい
風が少し緩んだところで
サイドストラップに足を入れて
とおお!

裏風が入っちまった!
あえなくハエたたきで沈

あー
沈までしてはもう上位は望めないな

それでも
この沈の方向はウォータースタートが可能!
慎重に引っこ抜かれないように立ち上がった!

ガツンとブームをしゃくってカムを返す
さあ追い上げだ

前に見えるのは10艇
プレーニング条件でコースレースボードには負けるわけには行かない!
しかし、パーリングの危険も伴うほどのチョッピーな波まで発生

大丈夫!
俺なら行けると思い聞かせて
セールを引き込む!
足の裏がボードの端に食い込む
こんな痛みを伴うほど蹴り込んだ事は無い!

台湾の足裏マッサージ並みか?
と?
風が息をし始めた
???9.0ジャストアンダーへ

みるみる前の艇が迫ってくる!
これが俺の強気選択の成果だ!

皆さんお先です!
藤さんも
さいならぁ~

それでも
前に5艇
この人たちはよく走ってる
自分と同じようなセットなんでしょう
それでも一艇はじわじわ追いつく!

いよいよ

目標の 沖の白石!
眼前に迫る!

2012_2しかし地図を見ても分かるとおり

白石がある場所は琵琶湖の中心

それでも猪苗代のコース距離以上を走行している

さすが日本一!!!!!

そして前の獲物もジャイブに入ったところ!
いただきだぁ!?

しかし・・・

ここが沖の白石!

http://www.youtube.com/watch?v=dPOOddLHNpA

画像が進行している右側から入ってきてジャイブして
左の船の方から向こう岸へ抜けるのですがぁ

自分は、ジャイブが早すぎて画像の船の向こうに見える見え隠れする岩礁に向かって・・・・
慌ててランニングに切り替えて70cmのフィンがこすらないことを祈りつつすり抜けました
大きな岩なので風もブランケットになって
岩に吸い込まれそう!!
何ともスリリングなジャイブ目標でしょう!

画像と違ってババ吹きなので波しぶきも凄く

迫力満点!

な感じで獲物が先にプレーニングに入る!
自分も立て直してすかざず追走

追いついたと言うことは必ず追い越せる!
そう言い聞かせながらも
強風で下れなくなる前に下っておいて・・・と
若干の下で走る
先行する艇が右目の視界の端にある状況が延々続く

なんとなくさらに先行するボードが下に見える
この位置をキープが続く

スタートした白浜付近の景色が何となく見えるが・・・
沖にあるマークは何所なんだかさっぱり見えない
さらに先行する4艇は見える

その中間あたりに狙いを付けてひたすら耐える
オーバーセールのため艇速は出ないし、体への負担は
猪苗代の比では無い


獲物が居ると頑張れるもの
何とか目の前の獲物よりも先行したが・・・・

おもむろにさらに先行する数艇がタック!!!!

なにぃ~~~~?????
たしかにどう見てもマークが無い!

もっと岸に近い方だったかぁ!?
しかし、ここは慌ててタックせず周囲をしっかり見渡す
Imga0698あそこが白髭神社の水中鳥居で
近江白浜の林があって
本部船があそこで

???岸に近い方にはあの△マークが見えない!
でも沖に無いなら岸側あるのは当たり前
白波で見えないのだろう!
仕方ない
タック!

景色も反対側になってもう一度位置確認
反対側から上をキープしてきているコースボードとさっき抜いた艇もやってくる
あー仕方ないけど自分は逆走です
クロスして登りを取って岬のあたりまで行ってタック!

おおお見えた!
マークはさらに

2012上だぁ!!!

後ろストラップも外してフォーミュラーの最大アップ角度をキープする
そんな中
途中までトップだったはずの
ジャパンサーキットにも出てる竹○さんも
俺と同じ線上で必死に登りを取っているが
いかんせんボードがスラローム
自分のフォーミュラーに分があるはず
湾の対岸まで足を伸ばして登りを取りに行く竹○さんを見ながら
その半分で自分は

ラストタック!

眼前には2艇
すでにコースボードの1艇はワンタックでマークを回った
その先にスラかフォーミュラーがゴールラインに向かっている

かけに出る
さらにセールを立てて
何度も何度も微風レースで苦渋を舐めている経験から
走らせる事と登りの角度とのバランスを考える
しかし

まずいです!

少しだけ足りない可能性あり
ここはさらに登り優先で一旦
プレーニングを止める
ゆっくり、確実にマークを回ることに専念する

後ろは見ない
慌てても仕方ない
マークを回ることのみ

よっしゃ!

マーククリア!!!

すかざずプレーニングに入ってフィニッシュラインにGO!!!

でもけっこうフィニッシュラインも高い位置にある
後ろからの気配も感じる
ここはプレーニングキープで行くしか無い
ここでの弱気は悔いが残る

思い切って勢い付けて登りを取る
風が勢いを増してくる
岸の川からのブローが凄い!
このままキープするのも危ないほどだ
でも 最後の力で
行きます!

ゴール!
直後に林のブランケットに入って
無風?
こけそうです

なんとか終了したぁ!
5,6位ってとこでしょうか?

岸に近い所では

のどかにスクールをやっている

Imga0708何ともすごいギャップでしょう
ここは別世界
白い砂浜でのんびり水遊びする人もいるし

帰着申告を終了して
事務局が用意してくれたトン汁やおむすびをいただく

ありがとうございます
体が暖まる!

まだ順位は確定していないが
リタイヤも多数出ているらしい

さとさんも大丈夫だろうか?
どうやら白石はクリアした、との情報があった!

しかし、ここからが琵琶湖の広さ
その後、さとさんといださんが行方不明・・・

何とか携帯電話が通じて無事は確認できたが
さとさんはなんとか白髭神社の鳥居が見える事で
場所が特定された

しかしもう一名は・・・・
場所が特定できないほどの沖合い

一応さとさんが救助されたとの無線が入ったところで
自分

もう一度出艇

タブーマンタ125に7.5
でも!
凄いブロー
本栖湖のように一瞬で終了じゃ無い!
近江白浜からはオフショアなので海面は一応フラット
しかし、この吹きまくりの中はきつい!

走れる限界ギリギリ
シフトしないフラットなブローなのに、ボードが宙を舞うこと2回
体壊さないうちに撤収!
最高速も50.4Km程度

さて救助の方に目を向けると・・・・

さらに船頭艇だった足の速い船がレスキューとして動いているのだが
本部船の双胴船が、エンジントラブルで航行不能に!
帆を扱えるスタッフは乗船してない!

まづは選手のレスキュー優先ってことで本部船は後回し

Imga07103時になってようやく二名が本部に帰ってきた

10mの風に向かってボートを操舵すると!
波頭が船底にぶつかって
もう、走らないは、飛び上がるは
そうとうつらい航行だったそうです

ほんとにスタッフの皆さん
ありがとうございました

今晩はおおいに反省会ですね

そうそう、カタマラン?固まらない?双胴船は
帆が扱えるスタッフがジェットで乗り込んで何とか戻ってきましたとさ
先日の猪苗代でも本部船がトラブルでしたが
何が起きるか解りません

ゆっくり片付けて本日はくたくたで終了です

さーて

ここからが本番の飲み会

昨日の場所で飲めや、飲めや、飲めや、飲めや
カラオケもあって歌う歌う

本日の 反省会は3時まで続いたのであった・・・・・・
さすが関西パワー!!!
しかし、特に深い中身は無!
ただ人生を楽しむのみ!

月曜日
だれかさんの携帯電話 アラーム(日ごろ曜日指定で月金で鳴らしているのでしょう)
がけたたましく7時になり響く
自分はいつも5時37分にセットしてあるのであらかじめリセットしておきました

あーもう朝かぁ

なにげに深酒しなかったので
何とか問題なく起床
残った食材を食いまくる!
中には2度朝飯の連中も

自分も美味しい地卵のたまごかけご飯と、パン2斤、そのたもろもろ
食って腹いっぱい

10時に出発
ほんとうに皆さんお疲れ様でした
お世話になりました

琵琶湖大橋を渡って
温泉発見! スーパー銭湯
みずほの湯!http://www.mizuhonoyu.jp/

風呂にまともに入って無かった事に気づいて
即!入店、入湯!

ゆっくり湯に浸かって昼から士玉のひと時
北陸道から新名神を通って名古屋の湾岸道路
そして第二東名を通って順調に帰りたかったが・・・

やはり3連休
大和トンネル付近から45kmもの渋滞に突っ込んで
ショップへの帰宅は?
PM8時
温泉行ったのも含めて10時間!
とても一人では無理です
実際、SATOさんの参加表明が無かったら自分は参加しなかったと思います

ショップで道具を下ろして
新駿河で夕食

ふぐ(てっさ)を食って体力回復!

今回の遠征はショップからの距離で1070km!!!
やっぱ遠いなぁ
自宅からだとさらに100kmプラスで1170Km!!!!

絶好の風に感謝!!

翌日E25キャラバン
タイヤローテーションしたら
左前輪のハブボルトが折れていた
あーまた再発したか・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲府近く 鳳凰三山の薬師岳へ2012092930台風も

先輩のお誘いで、甲州 鳳凰三山に登ることとなった

金曜夜10時に練馬で合流して中央道 府中まで下道

高速乗ってそれなりの交通量で甲府昭和で降りて、夜叉神峠へ!

トンネル手前のみやげ物店、キャンプ場などの駐車場にて仮眠
ゲートがあってここから先は一般車は通行止め

本来は手前の芦安温泉が本拠地でビジターセンターがあって
温泉や無料の駐車場、宿も多い

さーてビール飲んで寝ましょう
? どうも先輩、今一心の調子がよろしく無いらしい
いろいろな事でお悩みの様子
様々な弱気な発言
睡眠導入剤を服用していました
大丈夫でしょうか?

翌朝5時

けっこうな車が来ています
すでに入山している人も多数

自分らも準備
私は7年ぶりくらいの登山
先輩も何とかOKの様子

準備段階には
くつの底が剥がれないように補強
愛用のフレームザックもいろいろあたる所があったのを思い出して補強
テントもいつもは車に積みっぱなしの4人用ドームテント
もう30年も使ってる・・・・これも
骨の中に入ってるゴムひもがトロけてしまってまったくダメだったので
新しいゴムコードを入れて修理

昨年の震災でバーナーやコッヘル、冬用シェラフは被災者に送ってしまったので
少しづつ必要なものを買いそれえていたのだが
コッヘルは必要が無かったので買って無かった
今回、アルミの臭いがいやなのでチタンのものを4500円くらいで購入した

持ち物は
水1.5L、アルファ米の五目飯2つ、カップラーメン1、カップスープ1
缶詰:さば1、カニ、コンビーフ
1合パック日本酒3、350ビール1、ゼリー食4、カロリーメイトみたいなスティック食6本いり2箱

ダウンのシェラフ(低温用だが、布団タイプで大きい)、カッパ 一番新しい良いものは、やはり昨年宮城に送ってしまった。古いのばかりがいっぱい持ってて裏地がトロけてるのが多く、まともな物を探して上下が別物のゴム引き重いバイク用を使用、シェラフカバー(マミータイプ、寒けりゃ布団タイプの中で使用)、長袖フリース、フリースベスト、着て行くのは速乾下着上下、長袖シャツ

使ってみて納得なのが速乾下着
べとつかないし
何しろ休憩中に体が冷えるのをある程度少なくしてくれる
半そでは合成繊維の手触りのタイプだったが
長袖の方は綿の肌触りで快適!

ヘッドランプ、単三2本単四3本の電池、ガーミンのGPS、携帯電話(車の中に置き忘れたぁ)、トイレットペーパー、大きいビニール袋数枚、万能ナイフ、ガスストーブ(プリムスの大きいガスボンベ、重い、夏のキャンプでツーバーナーで活躍した余り)、その他・・・・

装備全部で何キロ?
相当な重量は間違いなし!
モーターパラグライダーの装備重量35kgよりは軽いが・・・・
ゆうに20kgオーバー!
先輩の2人用テントを二人で使うって話は・・・?

「荷物を外に出さなきゃなんないしぃ
別の方が良いでしょう?」

まあ、たしかに・・・
各自が持つ事になった

実は今までこんな重装備、テントをかついで登った事は無い?
覚えて無いだけ?

バイクや車に積んでのオートツーリングキャンプが基本
山は全て山小屋だったので
初経験ですよ

この登山ブランクのある中でこの重量!!!!

先 おそろしや
まあなんだかんだ行くしか無いでしょう

台風も予報では明日の夜らしいし

夜叉神のトンネル前から入山

まずはつづら折れの砂利道

やっぱ
いきなりきついや!

歩幅が伸びないしいきなり股関節外側が痛いし
登山道をさらに細かくつづら折れに登る
最初の20分はどんな運動でもきついもんです
本来ウオーミングアップの時間帯だよ

先輩は スタコラサッサ こんな言葉 久しぶりに使うなぁ

フレームザックの調整方法が悪いのかも?
腰のベルトをさらに締め上げてみるが・・・
どうも調子悪い

後から走って上がって行く健脚もいるが
長丁場だし、自分のペースで上がるのが基本

何度もベルトの調節を繰り返すと??
これはもしかして
肩のベルトを強くして
腰のベルトは緩めると!
おーーー腰の可動範囲が広がって圧迫感が無くなる
背中全体で荷物を背負うことができることにたどり着いた!

ペースががぜん上がってきた
これが本来の背負い方だったかぁ
腰のベルトは足を前に出す動作の妨げになって押さえつける感じになっていた!

何とか先輩の姿が見える感じ


最初のポイントに到着
夜叉神の峠小屋

そこで先行して元気そうだった先輩が・・

息たえだえにマジ顔で 「もうダメかもしれない・・・」

んー、こりゃ尋常じゃないかも?

山で無理は禁物
「引き返しましょう、無理しても良く無いし」

「いや、もう少し頑張る」
との事で休憩してから先に進む

引き返せる時間
登りだから昼過ぎに引き返しても十分明るい内に下山できるし
先輩も、はつらつと登る他のハイカーの様子を見て奮起した様子

少し行った所で 休憩
やはり 息が上がって大きく呼吸している

「やっぱ帰りましょう」

「いや、もう少し」

んー
まだ9時過ぎだし
決断するにはもう少しかな?

見晴らしの利かない登山の初期段階は、気が滅入ることもあるけどね

しばらく行くと南御室との中間である

苺平に到着

さて

どうしますかぁ
そこに後ろから軽装でトレールランで来た人に声をかける先輩

その人と話が弾んできたけど、このあたりで引き返すとの事

さっきまできつそうだった先輩は自分はさておき

 「ここまで来たのなら薬師岳あたりまで行かなきゃ」

それでも一応引き上げるとの事で

「気をつけて~」

・・・・・

しばらく歩きながら熊の話をしていると!

「もー少しご一緒します」!

先輩は熊の話の最中だったからか
ドッキリ、ビックリ!

振り返ってみると
あ!さっきの つじさん

OKOKOK!

旅は道連れって言いますから!

それからは話が弾んで
快調な足並み
行程は2時間くらいあるけど
3人とも気持ちよく歩けた

南御室 小屋 到着
谷あいだが日当たりの良いキャンプ場にもなっていて
美味しい水がふんだんにある!

先行していた人たちとも合流して記念写真撮ったり
飯食ったり

つじさんは、この先の薬師岳には行かず
明日は自転車で走るとの事
スポーツマンですねぇ

「それでは」

「さようなら」

我々は??

「先輩、どうします、荷物を置いて軽装で薬師岳アタックしますか?」

「ここまで来れたんで、テント張ってキャンプしよう」との事

それではささっと張りましょう

ここで4人用のテントはさすがに広くてくつろげるのは確か
なんせ、重いのをここまで持ち上げたんだからねぇ

しっかり役に立ってもらわないと!
荷物も放り込めるし
両手両足も伸ばせるのは助かる!

薬師岳を目指すけど
4時まで行ける所まで行くと言うことで

薬師岳アタック出発!

最初がいきなり急な登り
登山道も崩れぎみ
それでも軽装だし
なんとかこなす

しだいに標高があがり:2500以上(気圧計とGPS補正機能があるので凄く正確なガーミン!、地図の高度と2,3mしか違わない!)
見晴らしがよくなってきた
こうでなくちゃね
山は!

大きな岩も現れる
何故か尾根の上に巨石

Imga0671いよいよ薬師岳、鳳凰三山が見えてくる

先輩は、ゼイゼイ言いながらも何とか行けそう

富士山が東の遠くに見える
西には北岳!
日本1,2の山が両方見える!

そして山頂下の山小屋通過
白い砂利の敷き詰められた

まるで
庭園のような山肌
紅葉した葉がコントラストで美しい!

そして山頂も綺麗な白い子砂利
見事な北岳とその連山

Photo東の岩山側に向くと

お!

先行するためお別れした 高崎から来たお二人!
「こっちからは甲斐駒ケ岳や富士山が良く見えるよ~~」

との事
先輩は「俺は無理」との事で

アタック荷物も置いて
駆け上がってみた

たしかにすばらしい眺めです
富士山方向は雲が下からせり出して来て
見えたり見えなかったり

しばし眺望にうっとりしてから
引き返す

すると・・・先輩
辛そうながらも上がってくる
そうこなくっちゃ ねっ!

さてほぼ4時5分
向こうには三山のあと2つが間近に見えるが・・・・
引き返します

下りではありますが
それなりの行程があります
しだいに暗くなってきました
先輩は
「暗くなっちまうなぁ」

でも、天候はまずまず
「この季節真っ暗は無いですよ」
山あいはそれなりに影になるのが早い
でも、キャンプ場も標高がある分、陽射しが入り安いしね

到着しても十分明るく
晩飯の準備にライトは不要だった

会社で配給された期限切れのアルファ米の五目飯にお湯を入れる
缶詰開けながらビール!

先輩は?
「酒はやめとく」
「飯も米は食いたくないからラーメンにしておくよ」
との事

大丈夫かなぁ

とりあえず二人で食事して
残った缶詰などで日本酒三合は飲んで気持ちよくなった

コッヘルにお湯沸かして弱火を残して
そこに日本酒のパックを入れておくと!
ばっちり御燗ができる飲みながら暖かいお湯の入ったコッヘルに戻せば
いつまでも暖かく飲める!
こりゃ素晴らしい!

と一人で感激

まあ 寝ますか?
え、まだ7時ってか!

でも寝ます

周囲では盛り上がっている連中も多いけど
それを攻める時間では無い

疲れているし
ぐっすり!

で、も
12時に目が覚めてしまった

さすがに皆さん就寝
さ、ここは寝溜めしよう!
しかし、しだいに寒くなってきて1時間毎に目が覚める
ひどく寒いと言うほどでは無いが
布団タイプのシェラフのため
肩から冷気が入るのだ
フリースなどを肩にかけたりしてやり過ごした

しだいに風が強くなってきて
吹き渡る音が大きくなっている
台風?
まだまだぁ
雨が降り始めないかだけが気になる

寝たり覚めたりで朝

誰かが 「朝日が綺麗~」

おー
これは天候は良いのだな
一安心でもう一眠り
二度寝三度寝は気持ち良い

すると
先輩がいきなり
「先に飯にすっから」
と元気な声が・・・
大丈夫そうです

自分ものそのそ起き出して
朝飯の準備

おー
快晴とは行かないが上々の晴れ!

朝はコーンスープと期限切れ鳥五目飯のアルファ米

昨日気が付いたけど
このアルファ米は素晴らしい!

チャック付きの強いパックに入っているので
汁ものが残った空き缶やその他汚れものを
少し潰せばきっちり入れられる!
そして器が必要ないので洗物が出ない!
コッヘルもお湯を沸かすだけでOK!
味もまあまあと来たもんだぁ!

優れものです!

どうやら先輩も気分、体力上々の様子で
カレーライスをグイグイ食ってます

大丈夫かな
なんて心配は後で崩壊する・・・・・・

コーヒーをドリップしてすする
旨い!

いつもの100円均一で買った紙と樹脂のドリッパー
そして350ccのポット
これでいつもの味が味わえるのだ
それに美味しい山の水だし

さて、荷物をゆっくりまとめて
昼には下山できるはずだ

荷物をまとめて
さーて背負ってみると!

重ーい!!!

食料と水は無くなったけど・・・
体力もさらに無くなった・・・・

よってさらに重みを感じるのかぁ
まあ下りだし!

途中、高崎の人が教えてくれた辻山に寄り道
あまり入山する人が居ないので道が悪い
でも、苺平で荷物は置いてきたので
非常に足が軽い!
この寄り道
眺めがすばらしい!

寄り道してよかったぁ

先輩もすっかり元気

で、苺平からの下り
先輩の早い事、早い事
ストックも使って
それこそ スタコラサッサ
です

それでもなんとか見える範囲で追従して
夜叉神峠の小屋に到着
クッタクタです
先輩、ケロッとしてます

ここでコーヒーを入れて一息

程なく後ろから4名グループ到着
今朝早起きして、朝日が綺麗と言っていた・・

荷物をキャンプに置いて三山を制覇してきたとの事
やりますね
それでこのペースとは
バスが台風予報にて広河原最終で終了するのが12時45分

それが夜叉神トンネルのところと勘違いして相当慌てて戻ってきたらしい

自分らはマイカーなので余裕でコーヒーしました

さて、ラストの下り
これがまた下りにくいこと
足がすでに棒のような状況
ももを上げる歩きは無理

先輩は・・・
もう見えません

ようやく駐車場に到着
すると
高崎の人が!
早いバスですでに広河原かららもどって着てます

お疲れ様!

下山した人は
みやげ物屋でソフトクリームを買って食べてる!

先輩は、リュックを背負ったまま話し込んでいて
自分は早々に引き上げて荷を降ろす!!

生き返ったぁ

しかし
足は相当 訛っていると言える
水泳だけじゃ駄目なのはたしかだが
腰を痛めない程度にランニングを入れるのが良いかな

さて
ソフトクリームも食って
ゲート管理のおっちゃんが

旨い!

と行っていた蓬餅を購入!
けっこう旨いです

そして
芦安温泉でゆっくりゆったり~
ホット一息
すると?大雨
いよいよ台風の影響が出てきた
街道沿いの 松屋で牛丼!
何度も来ている 先輩
「ほんとは 吉野屋が好きなんだけど、ここには無いんだぁ」
しかし、食い終わって街道に出ると・・・!
お隣が 吉野屋 さんでした
こりゃ凄い競争です

手前の松やの看板で吉野家が見えないとは!

中央高速は?・・・・
やっぱスゲー渋滞45km
小仏トンネルは鬼門だ
さらに調布付近も15kmも渋滞
あー~
凄い風雨になってきた

その渋滞の中
サイドカーが走ってます!
風呂桶をくっ付けているの?
まさかぁ
でも
そうなりそうな勢いの雨
バイク乗りの自分
サイドカーだけは乗らないだろう
あまりにもきつい乗り物だ

風雨のおかげで交通集中が緩和されたのか?
調布の渋滞は解消!

7時には先輩の家に到着
帰り道にラーメン食って
9時に帰宅
上出来でしょう

3日間筋肉痛だったことは言うまでも無い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 5日 (金)

酒日記21

今回はこんなの

121001_225501 言わずと知れた

菊水の生フナ口の中でも

熟成

これもまた旨し!やはり濃厚な香りと味が良い!

バーボン

マークトウェインは・・・

トムソーヤの冒険の作者

ショー・ボートの船長でもあった作者の名前

香りは良いけど

キリッと刺激のある感じ

もう少しまろやかさのある方が良いかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »