« 20131014 龍ヶ崎 フライト | トップページ | 2013101920JWA FW アマCSとオープン参戦 実連解散P »

2013年10月29日 (火)

20131020レース本番

最終日 朝
Imga0177


昨夜はビール小瓶3本に、ウイスキーロックを数杯飲んでテキーラナース攻撃も一回
ワインもそれなり飲んではいたが
美味しく朝食バイキングをいただけた

どよーんとした曇り空にベタなぎの湖面がホテルから一望できる

まずはコンビニで飯買ってビーチスマリーナへ
131020_163801


マリーナの施設でもシャレててけっこう量のある飯が注文できるけど
皆が集中したらすぐ一杯になってしまうしね
でも、オムライスがすんげー旨そうだったなぁ

到着すれば、皆さん準備万端・・・
スローなのはジジイだけか

即20分後スタート予告が出された

そそくさと組立てて沖へ!

なんとかスタートに間に合った
なんせオフショアでプレーニングしない風で
下のスタートラインに行くのは遠い!

相当レースには不向きなコンディションだよ・・・・

それでもかろうじてスタートライン付近ではプレーニングするけど
上マークは・・・・
ビーチスマリーナのある半島のブランケじゃないですか?

そんな中スタートシーケンスが開始!
5分タイマーON !

バッチリ時間管理
ほぼジャストスタートできたけど・・・・・

20131020fwcp


スカッと風無し・・・・
走りの良いトップグループはそれでもプレーニング
自分は風の抜けの良いと思われる南海面へ一人向かう

数回タックしたらもうノンプレーニングへ

本部船は走リ回ってキャンセルの公示
一旦帰着せよ!!!!

でもこれからが地獄
OFFショアで微風で 上の岸へ帰るのはきつ~い・・・・
動かないと寒い シーガルではダメだった
パンピングするとバランス崩れるほどの無風
猪苗代横断を思い出すなぁ

それでも風のある方の海面にいたので浜に帰るのは
FWクラスでは上位?だ
浜の中央に上陸
組み立てた時は一番端っこだったけど

寒いしもう今日は終わりだろぉ なぁ
でもまだ12時

マリンコートを羽織ると寒さは凌げた
冷たいお茶を温めて
飯とする

すると沖にブローの気配
やるんですか?
やるんですって?
実連最後のイベントだ!

13時スタート予告公示

やるんだぁ
シーガルのしたにタッパー着て
こりゃ暖かい!
出艇!

インサイドは風が巻いてて もうしどろもどろ

100mほど出てようやく走り始める
お!10.5でもきついくらいになってる!

カニンガムを引いて調整
条件は良い!
体も温まった
この強風で本日最高速の40.5km
フォーミュラーじゃ40kmは越えた覚えが無い

行けます!

スタートシーケンス開始

周囲の連中を良く観察
セールもボードも大きいいフォーミュラーは集団になると引き波とブランケが凄く大きい

幸い上をキープして本部船の下をくぐり
そこでできるだけまばらな場所を探してプレーニングしながら
スタートライン手前をキープ

ここがスラロームと違うところ
上キープでスタートしなくとも上マークとの距離はそんなに変わらないから
プレーニングキープでホーンと同時にラインを切ればよいはずです

たしかに良い感じでスタートは切ったが・・・・・

え?なにこれ?
上位連中のボード
自分の登り角度のさらに10度以上?高く登ってませんか?

やはりねぇ
10年前のボード、セール、アップレースの経験不足が歴然だよ

しかし、皆さん平気でさっき無風だった南西海面に向かっている

20131020fwcp_2


よし、不利な自分はすぐタック!
北東海面の風を取りに行く

順調にレグを伸ばして登りを稼ぐ?つもり
他の連中がまったく視界に入らないくらい離れた
それでもこの作戦で行くしか無いでしょ

なんとか上マークが回れる位置まで来ると
おお、何艇も居るじゃないですか
ビリじゃないみたい

それでもあまりスカッと回れなかった
マーク位置ではすでに風が弱い

さあ!下り!
チキンストラップを最大限利用して
バウ沈寸前までスピード出したまま下らせる
36km/h程度だけど
フォーミュラーではけっこう恐怖

大雨の中
恐怖のジャイブを繰り返し
下マーク急接近
おお!スターフォーミュラー2014最新モデルの紺色が目に飛び込んで来る
これは、コウムラプロです
豪快にジャイブして回り込んでますね

もしかしてゴール?
そんじゃ自分はこれから2周目に入るから
トップがゴールしてから15分のルールからするとDNFかな・・・・・

それでも頑張ります!
また南海面を多く使って登る

一周目よりはだいぶ速く上に到着

そして下りのギリギリ食いしばりプレーニング
久しぶりにマウスピースを装着しているため
奥歯がギクシャクすることは無い
力技には必須アイテムだな

下りで一旦風が落ちるも何とかゴール!
すでに待機海面には無数の選手
あーこりゃ遅いわぁ

そんな間に
次のシーケンスへ突入!
問題なくタイマーセット
今回も上位連中とスタートラインだけは横切るが
登り角度がぁ
違いすぎ

自分は後ろ足ストラップを抜いてセール立てて
それでいてフィン蹴飛ばして精一杯登ってるつもり・・・

皆が行く海面よりも東海面のほうが風が入ると踏んで
すぐタック
皆の登り角度を意識するとスピンアウトしてしまうから
自分のペースを使うのが一番と判断

と!

大きく風が振れた感じ

20131020fwcp3


このレース、キャンセル!
岸に戻れ!
だって

でも風があるのでプレーニングしながら
上へ登って・・・・・・・

何回タックしても登れない・・・・・・
そのうち半島に近いところまでは来たが
ブランケでもう走らない

最初に東海面に行ったため皆よりも岸から遠く
俺だけしか海上にいない状況
船も全部引き上げちまった

15分ほどトロトロと登っていると
船を出してくれて
初体験のレスキュー
楽です!
ちぇ!ったく

船の利用が別料金じゃなくて良かったぁ
スタッフの皆さんサンキューです

帰る船のスピードが本日最速だったりして・・・・それは無かった

てなわけで
1レースが正立

ブービーでなくメーカーでも無い
ビリから数えて数番目

実連最後の表書式
持ち回りだった団体戦 優勝カップもトヨタサンに永久授与

帰りも大雨
浜名湖で皆さんと飯食って

さよならです

順調な東名高速渋滞なし
10時過ぎには帰宅できた

こんなに空いてる東名は久しぶり
天候不順が全国的だったこともあるんだろうな

レース的には課題も多いけど、楽しむには十二分!
宿泊イベント付きじゃないと
風が吹かない場合があまりにも切ないのがウインド競技だ

今回は相当昼夜にわたってプレーニングを楽しめたイベントでした

実連フォーエバー

|

« 20131014 龍ヶ崎 フライト | トップページ | 2013101920JWA FW アマCSとオープン参戦 実連解散P »

ウインドサーフィン」カテゴリの記事

レース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284386/53754556

この記事へのトラックバック一覧です: 20131020レース本番:

« 20131014 龍ヶ崎 フライト | トップページ | 2013101920JWA FW アマCSとオープン参戦 実連解散P »