« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月29日 (火)

20131020レース本番

最終日 朝
Imga0177


昨夜はビール小瓶3本に、ウイスキーロックを数杯飲んでテキーラナース攻撃も一回
ワインもそれなり飲んではいたが
美味しく朝食バイキングをいただけた

どよーんとした曇り空にベタなぎの湖面がホテルから一望できる

まずはコンビニで飯買ってビーチスマリーナへ
131020_163801


マリーナの施設でもシャレててけっこう量のある飯が注文できるけど
皆が集中したらすぐ一杯になってしまうしね
でも、オムライスがすんげー旨そうだったなぁ

到着すれば、皆さん準備万端・・・
スローなのはジジイだけか

即20分後スタート予告が出された

そそくさと組立てて沖へ!

なんとかスタートに間に合った
なんせオフショアでプレーニングしない風で
下のスタートラインに行くのは遠い!

相当レースには不向きなコンディションだよ・・・・

それでもかろうじてスタートライン付近ではプレーニングするけど
上マークは・・・・
ビーチスマリーナのある半島のブランケじゃないですか?

そんな中スタートシーケンスが開始!
5分タイマーON !

バッチリ時間管理
ほぼジャストスタートできたけど・・・・・

20131020fwcp


スカッと風無し・・・・
走りの良いトップグループはそれでもプレーニング
自分は風の抜けの良いと思われる南海面へ一人向かう

数回タックしたらもうノンプレーニングへ

本部船は走リ回ってキャンセルの公示
一旦帰着せよ!!!!

でもこれからが地獄
OFFショアで微風で 上の岸へ帰るのはきつ~い・・・・
動かないと寒い シーガルではダメだった
パンピングするとバランス崩れるほどの無風
猪苗代横断を思い出すなぁ

それでも風のある方の海面にいたので浜に帰るのは
FWクラスでは上位?だ
浜の中央に上陸
組み立てた時は一番端っこだったけど

寒いしもう今日は終わりだろぉ なぁ
でもまだ12時

マリンコートを羽織ると寒さは凌げた
冷たいお茶を温めて
飯とする

すると沖にブローの気配
やるんですか?
やるんですって?
実連最後のイベントだ!

13時スタート予告公示

やるんだぁ
シーガルのしたにタッパー着て
こりゃ暖かい!
出艇!

インサイドは風が巻いてて もうしどろもどろ

100mほど出てようやく走り始める
お!10.5でもきついくらいになってる!

カニンガムを引いて調整
条件は良い!
体も温まった
この強風で本日最高速の40.5km
フォーミュラーじゃ40kmは越えた覚えが無い

行けます!

スタートシーケンス開始

周囲の連中を良く観察
セールもボードも大きいいフォーミュラーは集団になると引き波とブランケが凄く大きい

幸い上をキープして本部船の下をくぐり
そこでできるだけまばらな場所を探してプレーニングしながら
スタートライン手前をキープ

ここがスラロームと違うところ
上キープでスタートしなくとも上マークとの距離はそんなに変わらないから
プレーニングキープでホーンと同時にラインを切ればよいはずです

たしかに良い感じでスタートは切ったが・・・・・

え?なにこれ?
上位連中のボード
自分の登り角度のさらに10度以上?高く登ってませんか?

やはりねぇ
10年前のボード、セール、アップレースの経験不足が歴然だよ

しかし、皆さん平気でさっき無風だった南西海面に向かっている

20131020fwcp_2


よし、不利な自分はすぐタック!
北東海面の風を取りに行く

順調にレグを伸ばして登りを稼ぐ?つもり
他の連中がまったく視界に入らないくらい離れた
それでもこの作戦で行くしか無いでしょ

なんとか上マークが回れる位置まで来ると
おお、何艇も居るじゃないですか
ビリじゃないみたい

それでもあまりスカッと回れなかった
マーク位置ではすでに風が弱い

さあ!下り!
チキンストラップを最大限利用して
バウ沈寸前までスピード出したまま下らせる
36km/h程度だけど
フォーミュラーではけっこう恐怖

大雨の中
恐怖のジャイブを繰り返し
下マーク急接近
おお!スターフォーミュラー2014最新モデルの紺色が目に飛び込んで来る
これは、コウムラプロです
豪快にジャイブして回り込んでますね

もしかしてゴール?
そんじゃ自分はこれから2周目に入るから
トップがゴールしてから15分のルールからするとDNFかな・・・・・

それでも頑張ります!
また南海面を多く使って登る

一周目よりはだいぶ速く上に到着

そして下りのギリギリ食いしばりプレーニング
久しぶりにマウスピースを装着しているため
奥歯がギクシャクすることは無い
力技には必須アイテムだな

下りで一旦風が落ちるも何とかゴール!
すでに待機海面には無数の選手
あーこりゃ遅いわぁ

そんな間に
次のシーケンスへ突入!
問題なくタイマーセット
今回も上位連中とスタートラインだけは横切るが
登り角度がぁ
違いすぎ

自分は後ろ足ストラップを抜いてセール立てて
それでいてフィン蹴飛ばして精一杯登ってるつもり・・・

皆が行く海面よりも東海面のほうが風が入ると踏んで
すぐタック
皆の登り角度を意識するとスピンアウトしてしまうから
自分のペースを使うのが一番と判断

と!

大きく風が振れた感じ

20131020fwcp3


このレース、キャンセル!
岸に戻れ!
だって

でも風があるのでプレーニングしながら
上へ登って・・・・・・・

何回タックしても登れない・・・・・・
そのうち半島に近いところまでは来たが
ブランケでもう走らない

最初に東海面に行ったため皆よりも岸から遠く
俺だけしか海上にいない状況
船も全部引き上げちまった

15分ほどトロトロと登っていると
船を出してくれて
初体験のレスキュー
楽です!
ちぇ!ったく

船の利用が別料金じゃなくて良かったぁ
スタッフの皆さんサンキューです

帰る船のスピードが本日最速だったりして・・・・それは無かった

てなわけで
1レースが正立

ブービーでなくメーカーでも無い
ビリから数えて数番目

実連最後の表書式
持ち回りだった団体戦 優勝カップもトヨタサンに永久授与

帰りも大雨
浜名湖で皆さんと飯食って

さよならです

順調な東名高速渋滞なし
10時過ぎには帰宅できた

こんなに空いてる東名は久しぶり
天候不順が全国的だったこともあるんだろうな

レース的には課題も多いけど、楽しむには十二分!
宿泊イベント付きじゃないと
風が吹かない場合があまりにも切ないのがウインド競技だ

今回は相当昼夜にわたってプレーニングを楽しめたイベントでした

実連フォーエバー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

20131014 龍ヶ崎 フライト

前日13日モーターパラグライダーの砂落とし水洗い

車の周囲にキャノピーを吊り下げて内側、内部、外側とホースで水洗い
さすがに洗剤は使えません
あまり擦るのも良く無いので
水かける、手ででなでる
しかし、頑固な波崎の砂は綺麗には除去できなかった
まあこんなもんでしょうか

これができる条件はけっこう厳しい
車の周囲に吊り下げて作業できる広い場所とそれなりの水量が確保できる事
ポリタンクに電動ポンプじゃダメだね

夕方の作業だったんで完全には乾かなかったけど
フライトできる場所に広げておけばあっというまに乾くでしょう

さて

20131014月曜日
まずは家の買い物手伝い
昼から龍ヶ崎へ

11時には誰も居なかった

にいさんやこばさんに電話してみたが連絡つかなかったり
風邪だったり


慎重に一人でやります

エリアに着くと
風が上がり始め5,6mはあるか

海なら問題無いけど
陸は不安定なんで注意が必要

まづはライズアップ練習兼ねたキャノピーの乾燥
けっこうきつい風とガスティーなもんで
翼端がすぐに潰れて風向も微妙に変化する

それでも何とか安定して維持できる
十分乾燥するまで凧揚げ

次は
エンジンユニット組立て
釣り位置を少し3cmほど後ろにズラした
先日室内で吊り上げて乗ったところ
ペラが水平ではなく少し後ろ下がりになっていたからだが
釣った状態での調整じゃないのは少し不安
後で再調整が必要かな

今日は翼面積をアップした市販ペラ改造タイプ

やってる間に かめちゃん、鉄人さん、んっとさん3名登場で心強い
あとからさんも登場

MAX6920rpmを6850rpmくらいにリッチに調整
ペラが重いので回転はスムーズな感じ
新品プライマリーポンプも良好だが
最初のエア抜きが肝心

それでは行きます
キャノピーセット
アクセルライン接続
さて立ち上げ!

って!???スロットルレバーにラインが絡んで失敗
今回手の中にスロットルグリップが入らない取り付けをしてみたが
これが失敗
レバーの出っ張りにコントロールコードやらアクセルコードやらがひっかかった

ノーマルに直している最中にアイドリング中のユニットから異音
一旦降ろして確認するも不明
アイドリングが少し落ち込むタイミングでペラがどっかを叩いている音
しかし、良く見ても高回転にしても何も問題なし

仕切りなおして
キャノピー付けて
アクセル付けて

バックでライズアップ
ラインは問題なし
エンジン、ペラとも異音なし

GO!

風が強いが今一浮力を感じない
5歩程度でテイクオフ
右旋回で回り込んで高度を上げる

http://www.youtube.com/watch?v=uoA0R0G_b6s&feature=youtube_gdata_player

まずは360度

観音様Imga0677


そしてエリアImga0676


さらに本日一回目の
航跡20131014

本日は2回フライト

エキパイのゆるみを締め直し
ワイヤーロックも締め直し
残り3Lだったがどうもこの程度で機体が揺れるとエアを吸う場合がある、若干エンジンがプスンと言う場合がある

まあ本日はこんなもんだろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月15日 (火)

2013101213 岩井とケミカル ノンスリ加工も

自分家からの各ゲレンデって
ケミ1時間
富津、白子、岩井、波崎、大洗、三浦が全部2時間
御宿、和田、館山が2時間30分
本栖湖、苗場、石内丸山3時間
御前崎、浜名湖、猪苗代が4時間

(すべて渋滞なしの場合)

13日のケミカルライドは
7.5タイタン用意するも 北西風強く早い昼飯に上がった
店長の「昨日の岩井よりふてる」!の発言で
急きょ昨日と同じ6.8 マウイセールグローバルに変更
それでも昨日と同じ強気の6.8にしたんだけど 予報に反した北西風はガスティー
確かに6.8ジャストまではあったけどジャストは20分
アンダー、激アンダーと北へのシフト、それでもプレーニング重視!
で、海に向かって左の堤防の下まで行ってしまい 焦った

何とか2時にはケミカルビーチに到着終了
あとはショップで
フォーミュラーのノンスリ加工と
二液式ウレタン塗料をさっと塗った上に
ノンスリパウダーをポンポンと容器から振り掛ける
ここで重要なのは
密集してまかないこと!

適度な粗密を作る事!
さらにウレタン塗料で固定するように塗装

さらにいっぺんに全面やらずに
ノンスリ必須の重要な部分から区域を分けて行う事だ
一晩立てばけっこういける感じに仕上がる

自分でやれるね
しかし、使いきり2500円のウレタン塗料とパウダー1000円
フォーミュラーでようやく使い切る感じだから(パウダーは十分残る)
ショップに頼んだ方が良い場合もある

自分でやる場合は2枚から3枚をまとめてやる事がお得
今回、ウエーブ105Lのバーレーリズムの一部だけ余った塗料で加工した

さらにモーターパラグライダーの砂落とし水洗い

車の周囲にキャノピーを吊り下げて内側、内部、外側とホースで水洗い
さすがに洗剤は使えません
あまり擦るのも良く無いので水かける、手ででなでる
しかし、頑固な波崎の砂は綺麗には除去できなかった
まあこんなもんでしょう

ところで昨日の岩井
昨今の中でも絶品
11時から沖は6.8激オーバーなれどインサイドジャスト

風向がシフトするので良かったり悪かったりだったけど
バーレーのリズム105Lがこんなに使えたのは初めて
131012_13300100013回もフロントに行ける時も(先日借りたスラスターに近いセッティングに
してみた!)

4時まで堪能できたのは不思議!
セッティングは大事!
さらに今回
ようやく10年越しでうまくできなかったフロントターン

実は大した事ない膝腰のポジションであることが判明して・・
フロントに格段行きやすくなった
なーんだこんな事だったのにぃ!
バーレーリズム105Lもけっこう使えるじゃないですか。

フィン位置の工夫で動きが随分変わるのをお試しできたのも
シビアなセッティングのクワトロスラスター試乗のおかげかもしれない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒日記37

先日飲んだ 茨城の酒

月ノ井はけっこう旨かった

131012_215501

今回、衝動買い
八海山 純米吟醸 一升 4500円

端麗辛口、すっきり飲み口、ウルトラ上品
濃いさかなはダメ
デリケートな口当たりに合うのは・・・
湯豆腐や刺身かな
先日はカレイの煮付けと飲んだけど
合うね

いも焼酎 海童 1150円

安いけどけっこう行ける
最近いろいろ試してはいるけど
もっと腰のあるのが欲しいな

安いチリワイン450円

この前の7&i より旨いぞ
でも今度はバギンズパック3Lにしよっかな
アルコールを消費するだけの目的じゃ無い
食事とアフターディナーの充実のためなんだい

体組成計 タニタ 50V 

http://www.tanita.co.jp/tanita/hp/productDetail.do?_productId=1480&_isListBack=true

も買って 体重 68.75kg BMIも下がった
総合点で プロアスリート一歩手前らしい

オムロン血圧計は家庭にあったんで毎日計測
朝が高めで夜低め
それなりに下がった

後は来月の血液検査かぁ

これは酒日記である・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 8日 (火)

20131005大洗は やっぱ痛かった

131005_122401


天候不順な秋の一日

何とか会社の休日出勤は免れたが

ウインドには大洗辺りが妥当な予報

そんじゃまた行きますかね

少し前回より早めの出発?っても9時30分・・・出だしは遅い

でも何の支障もなく
まずは友部サービスエリアで昼食用の焼きたてパン購入

11時には到着
雨はほんの霧雨程度でほとんど降って無い

お!
シマー、クワトロの佐藤さんが居ますよ

声をかけると 
いつのも 硬い握手!

本日はボードの試乗を行っているららしい

すると
131005_154601


温存してあった?スラスター 92L 3本フィン!を貸していただいた!!!!

「仲間にも乗せてあげてね」
了解です


風は?北風で半島をかすめているためクロスオフの10mは吹いているが・・・
ガスティーでインサイドの一番波のある部分に風が無い・・・・

セールは05辺りの古い イジー 5.2
先日と同じですが、今日はジャストではと思ったんだけど・・・

たしかに沖の堤防隙間から噴出す風はオーバー!

しかし、インサイドはアンダー

波は?腰程度でダンパーぎみ

そんでもって

スラスターを走らせてみた

行けるじゃないですか
早いし風上に登る!

しかし、ジョイント中央にしたけど少し自分の持ってる
クワトロ リズム 81Lツインフィンと少し似てて
ノーズが風上に向きぎみだ
よって風上に登りやすいとも言えるかな

波に乗せるとスパーっと走ってインレールを入れると綺麗に回る!
波のトップを狙って踏み込むと・・・
ジョイント先行で
急回転してボトムへ向かう事が可能

これがノーズが風上に行きやすい傾向からくる特性なのかな?

もっとゆっくり踏み込む事も良いはずだが
なんだか嬉しくてついつい踏んでしまうし
ここの波
あまり粘って返したボードのボトム側レールを入れると
引き上げてくる水流に巻き込まれて撃沈する可能性もあるし

クロスオフの風なんで3回はフロントに行けちゃう!

貸していただいてありがとう
ジョイント位置を後方にずらしたら程よいバランスになって

さらに乗りやすい
でも・・・・
波超えの最後のところがガスティー
クロスオフなんでセールが遠い
急なブローで前に飛ばされる!

いってー!

今度はハーネスかけてスピードに乗った後に
無風と大波
ボードが何とかクリアした直後にブロー

マストと体の間に手首がぎっしり潰されて
折れたかと思ったほど

何とか動くのでそのまんまウインド

終わったらやっぱ痛かった

大洗は痛いな

3時30分には終了して
ボード返還

申し訳ない
何人かに試乗を声掛けしたんですが
波越え付近のガスティーさで
「風が安定したら乗ってみたい」
ってな返答でした

でも
自分は最近のボードに乗れて満足
買い替え意欲が高まって来たかも

てなこと言って
帰りは谷田部インターで降りて
モーターパラグライダーショップ
ラムエッティーに寄ってプライマリーポンプ購入
ゴムがひび割れていたのでここからエアーを吸ってしまってた

最近のモーパラ事情を聴きこんで
アプコの新型キャノピーがほしくなった
こりゃウインド、モーパラともに
消費税が上がる前に大きな買い物をすることになりそうだ?

本日は帰りにラムエッティーに立ち寄るので
イエローピットには寄らなかったけど
月の井は買ってかえりたかったなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

20130929波崎 45分フライト

ようやく修理が完了

130929_132901


エキパイが破断しても燃料タンクに火が行かないように熱切板増設

取り付けるとエキパイに過度なストレスがかかっていたので
屈曲部をアセチレン酸素バーナーで赤熱するまで加熱修正

エキゾーストパイプとチャンバーが
破断、分解してもペラ側に部品が行かないようにケージ側に留まるような安全対策

これである程度OKでしょう

本日は龍ヶ崎エリアをチェックしたけど
誰もいないし、小さな雲が多数で
気流の乱れが予想されるため
波崎へGO!

1時間で到着
魚屋さんや先生、優しい人など4名確認

雲ひとつ無い青空!

さすがに海沿いは条件が安定している
しかし

結構吹いてる
吹流しの尾っぽが真横で少し上下に振れているってことは・・・・
自分の感じる風速で6mくらい?
オンショアなんでウインドサーフィンはまったく不可能
だけど、カイトサーフィンの連中は何とか2枚目くらいの波までは行けてる・・・が
3枚目までは到達しない様子  真オンだ

自分の経験上OKなはず
まずはエンジン調整から

本日は古いけど軽いペラ、中央をカーボンケブラーで補強したやつ
MAX6700rpmで調整
しかし、高回転前で一旦エンジンがもたつく現象が発生????

キャブレターはスローを少し絞り、逆にハイを多めに空けたりして
?一旦エンジンストップ

どうやら燃料ホースにエアーが混入している
どこか供給ラインに穴がある
しげしげと観察
おお!
これは・・・手押しプライマリポンプの端に亀裂が!
もう古いもんな
ゴムが硬化してるであろうことは承知

どうする?
結束バンドでこの部分をきつく縛り上げて応急処置

OK
これでエアーは入らなくなったが
すぐ交換しなきゃあかんな

次は
ライズアップ練習
しかし
風が強い!
こんなはずじゃ無かったって感じで体を持っていかれる?

最近2ヶ月で3kgもダイエットしてしまったのが大きな原因か
さらに一昨年に比べると7kgは減っている

こればっかりは正直に現象で出てくる
3回ほどやり直し
何とか素早く頭上にキャノピーを持ってくる事で対応できた

ユニット担げばOKだろう
って甘い考えだった

いよいよフライト
って実はこの波崎 植物公園のエリア
津波対策の堤防がガッツリ出来上がっていて3mくらいかな
足場の悪い階段をユニット担いで上がらないとならないのだ

まあエンジン快調です
キャノピー連結

ほい!
ライスアップって・・・・
一度失敗で降ろしてしまったが
ささっと2回目で頭上へ

?左翼端がラインに引っかかってどうやっても外れない
風が強いのでコントロールコードの操作では突っ張ったラインがゆるまない

仕方なく一旦降ろして・・・
見かねた先生が手伝ってくれてサンキュウ

さて!
ほい!

OK!振り向いてっと?
スロットルがうまく握れないなぁ
慌てず握り直してフルスロットル!

2歩でテイクオフ

しかし、高度は
ささっと上がって行くけど
あまり前に出ない!

やはり風が強い!

前進20m程度で30mは高度が出る
まあこのまま左右にゆっくり振りながら上昇する

高度200mほどになって若干風下の海岸線を南下してみたが
相当早い

Imga0671これは行き過ぎると帰れないので
風上へ北上
高度は400m強まで到達

時速10km前後しか出ないが
眺めは秋空で最高

35分かけて赤白 ツイン風車前を通過
10分ほど後からフライトした2人がローパスで追い越して行く

自分のキャノピーは、でかいしスピードが出ないから仕方無い

http://www.youtube.com/watch?v=Bv8s8YVr1LY&feature=youtube_gdata_player

撮影は片手運転なんで高度があるうちに終了

20130929pmpd








帰りは追い風気味だけどローパスで行く
カモメやウミウの真上を見下ろしながらのフライトは
普通じゃ有りえない光景だが
201309292pmpdこのモーターパラグライダーは余裕で可能

でも油断は禁物
海岸線の海風だからできるとも言える
内陸部はちょっとしたあぜ道でもローター風が出るので
条件が限られるからだ
低空では失速に対応できる高度が無いからね

2013092910分程度でエリアに戻って
さあ着陸

安定して目標地点に着陸・・・!ゲゲ

風強し!振り向く間もなく後ろに持っていかれた!

ゆっくり後ろに倒れて行く・・・
初めての亀の甲羅倒し・・・・・

甘かったぁ
ペラは大丈夫か?

ゆっくり倒れたし、アイドリングだったし、柔らかな砂地だし

慌てず左のフックを外して風を逃がす

仲間も助けに来てくれて無事起き上がれた
どっこも破損なし

風が強いのにフレアをかけすぎてたかもしれない
前に走るつもりくらいで降りるべきだったなぁ

燃料7.5リットルで飛んで、残り1リットル
6.5リットルで45分
1リットル7分か

あんまり燃費良く無いなぁ

皆さんも終了ムード
しかし、自分のキャノピーは砂が付き易く取れにくい!
今日は特に最後の亀の子で砂に多めに擦れたのでひどい
ブラシで擦ってもなかなか取れない

これではキャノピーが重くなってしまい
ライズアップがしにくくなってしまう
芝生でしばらく砂払い作業したが取り切れない
こりゃ水洗い覚悟だな

5時には何とか撤収して帰宅
利根川高速で2時間ジャスト

混みあう利根川の栄橋ではなく手前の
長豊橋を渡ったのが良かった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒日記36

130929_200801


白州はスモーキーフレーバー

では

山崎は?

甘みあるワイン樽仕上げの感じ

日本食にも合うねぇ

そして

三岳

屋久島の芋焼酎

好きだったのは 原酒 屋久杉 なんだけど

最近購入したやつは昔の濃い味が無いね

三岳はうまいけどこれも元々そんなに濃い感じでは無い

360円の激安 チリワイン 7and iの大量買い付け品かな

んー

この香り と後味は・・・・今一かな
濃い味の肉やチーズには合うね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

E25 ZD30DDTi キャラバン405000Kmタイヤローテーション

今度は自分でやるか
しかし、クロスローテーションは無理だな
オイルジャッキと車載回転式ジャッキ二機で片側車輪を前後アップして前後交換しかできないよ?
やってやれない事は無いけど・・・・庭先の路地じゃ無理

先日ナットの増締めしたとき

キリキリと摩擦音がした・・・

以前、老齢な整備士が言っていた ホイルナットを締める時にこのきしみ音がする場合

摩擦で一旦固着した面が滑る時に急激なインパクトトルクがかかり

たやすくスタットボルトが折れることがあるよ

と言われた事がある

その整備士はボルトに油を塗っていた
たしかにその整備士や自分でローテしていた
37万キロ乗ったハイエースは一度も折れなかった

自分が一度へし折ったのは軽自動車のスタットボルト
パンク時にスペアに交換して締める時
キリキリキリ音がして・・・ドンっと十字レンチを持った自分が吹っ飛んだのが最初で最後

キャラバンでも最初は自分でやったりしてたのはたしか

最近?6年ほど前からか?タイヤ購入でローテーションやパンク修理、空気圧チェックは無料でサービス
エアインパクトレンチは使用していなかったけど・・・

これにおんぶに抱っこでお任せしていた事が原因なのかもしれない

きっちりテーパー部とねじ山に昔のように(556じゃない)油を塗付

トルクレンチ?俺の勘・・・

以前はこれで問題なかったし

まあ様子見るしか無い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »