« 20131101京都御所から京丹後へ | トップページ | 20121103氷見漁港 »

2013年11月30日 (土)

20131102丹後半島 五箇山

Imga0291 スカッと目覚め

朝風呂にどぶん!

師玉のひと時
そして屋上で涼んで
周囲を見渡す

澄んだ空気
山間の霧が谷間をぬうように見える

海の青さ
古い家並み

これが京丹後の風情かぁ
昨日も乗り継いだ高速道路から見る風情は
日本の田舎を完全に残したものだった
丘と水田とまばらな民家

日本って良いなぁ

朝飯も相当多めに食ってしまった

支度して
さて本日は丹後半島海側回って
五箇山まで行く!
でも工程の距離を算定してないけど
たいしたこと無いと踏んでた

料理長
さすがに朝の出勤はバイクじゃ無い
写真撮影などしながら
本日のコースなど聞いてみると・・・
中居さんも昔走ったと言う
ワインティングロード!
海岸線も見えて最高らしい!
さらに 経が岬 も素晴らしいらしい!

出発! お世話様でした

海岸線が美しい!
Imga0303 遠くに見える久美浜も
今回はほとんど見てないけど
今度来る時はしっかり見たいね

しばらく行くと有名な 琴引き浜!
西側から入ろうとすると・・・・・有料駐車場
バイクでも500円!!!!
即Uターン!
ちょっと浜に降りてみたいだけなのに・・・・

しばらく行くと 遊び浜?なる場所
未舗装もあるけど フェザー8なら楽ちん!
おー
サーファーが居ますね
キャンプ場みたいな施設

夏は有料駐車場らしいけど
今は無料!!!
琴引き浜は東側のエリアがお勧めです!

ポイントブレイクしてる波に親子のサーファーが楽しんでる
良いね!

さあて
鳴き砂のほんとの鳴きは聞けるのか!?
浜に降りてもなんら音がしない
どうすりゃよいの?

しばらく歩くとひょんな拍子で きゅっ って音がするよなしないよな??
そのうちコツが解った!
足の裏で乾いた砂を蹴りこむようにすると 完璧! 鳴きます!
そういう事ね!

Imga0310 さらに走って素晴らしい海岸線を堪能
そして 経が岬 本日はなんと!
特別に灯台の中を見学できる特別見学の日!!!!
ラッキー!

でもけっこうな山道
800mプラス山頂も回る1kmがっつり歩いて到着
素晴らしい眺めです
海上保安庁の係りの人が丁寧に説明してくれたり
絵葉書無料だったり
Imga0320 当たりです!
ラッキーです!

さらにバイクで海沿いを行くと?
舟屋?
Imga0336
そういえば海面すれすれの民家が並ぶ場所があるとか!
舟屋の里伊根 道の駅に寄ってみる
滅茶苦茶うまいかき揚げそばを食って海岸の舟屋見学
津波は大丈夫?って思ってしまうくらいすれすれ
船がそのまま家に入れる?

しばし、集落の沿岸道路を走ってみたりして
さあ!
明るいうちの
天橋立!

今日は山の上から見る!
天橋立ビューランド なる遊園地がある
その麓にケーブルカー 一人乗りリフト乗り場がある
すんごい混みようだが
麓駅前にバイク、自転車など無料の駐車スペースがあって
昨日回って見たとは言え無料の場所なし と思っていたが
あたりを2周回って駐車場の空きを探してみてたら
バイクはこちらです! って係りの人が・・・

おう無料ですってか!サンキュウ!
さあ
登ります!!!

後ろを振り向けばなんとなく絶景なんでしょうが
上まで登ってからしかるべきビューポイントがあるはず!
我慢して降りてくる人やケーブルカーなんかを観察
鹿がけっこう出没するらしく 足跡あり!
斜面の花壇がけっこうやられてますね

Imga0347
やっぱ上からの眺めが最高です
これが日本三景だ!!

二度も来たかいあって
上から見れて幸せです!
ゆっくり場内を散策
ってな事してる真に良い時間となった

果たして、本日の宿 五箇山にはいつ到着するわけ?
もらった観光パンフでみると高速道路はつながって無い

舞鶴から敦賀まで下道
そして高速乗ったまま岐阜方面へ行き
五箇山インター降りてすぐ!

でもこれが凄まじい距離だった
すでに夕暮れ4時近いのに200kmはありますぜ~

どういうこと!
そういう甘い考えってわけ

まづは下道
舞鶴はけっこう開けた都市ですね

真っ暗になって敦賀
ようやく高速に乗るが・・・・
福井まで60km、金沢まで90km
さらにその先80kmくらいはあるぞ

北蟹江に6時到着
ここいらで先着組に遅れることを連絡しておこう

天候が良いのが幸い
まあ8時までには到着するはず
飯 残しておいてぇ!

ただひたすら高速を走る
以前は雨の中 走ったな

今回は一人だし
やたら早いマシンだし
カウルも完璧
相当なスピードでもOK

7時45分にはコテージ到着
皆さんおで迎え?

違った?
飯も食ったし
これからライトアップされた合掌造りの家見学だって

まあ付き合いましょう
飯は お預け!

観光バスが数台乗りつけての
ライトアップ見学コースが設定されている

すでに8時を回るとほぼ、自分らの貸切状態
思い思いに夜景写真撮影

Imga0363 けっこう難しいが
綺麗に撮れる場合もある
しっかりおもちゃの三脚立てて、セルフタイマー使えば
光が足らなくてもOK
バッチリ

一通り回って、舞鶴で既に酒は
やまはい仕込みの旨そうなの購入してたけど
地酒も購入

さあ
帰って酒盛りです

昨晩の豪勢な膳には及びませんが
十分酒のつまみになります
五穀米も旨い
ついつい食いすぎるな

西は広島からの人も含め本日は 8名
深夜まで飲んで古民家の囲炉裏の香り漂う
寝床で ぐうっ・・・・

|

« 20131101京都御所から京丹後へ | トップページ | 20121103氷見漁港 »

モーターサイクル」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284386/53963458

この記事へのトラックバック一覧です: 20131102丹後半島 五箇山:

« 20131101京都御所から京丹後へ | トップページ | 20121103氷見漁港 »