« 20121103氷見漁港 | トップページ | 久々ツーリング ヤマハフェザー8 »

2013年11月30日 (土)

20131104 金沢 兼六園

夕べの五箇山は雨音が大きかったな

Imga0405 でも、明けてみると薄日がさし始めた!
いやいや、予報では東側しか良くなる予報では無い
なんとなく残った面子で記念写真

10時チェックアウトに従って出発
皆さんお元気で!
気をつけて帰りましょう

さあ

本日は一人金沢へ!

休日出勤代休で金沢延泊
今までは通過するだけだった
初めての金沢

今までの移動に比べて何とも近いのが助かる
しかし、雨の予報だし
しっかりカッパ着込んで走り出す

辺りは明るいけどね
でもこれが後で助かった
すぐにトンネル

下界に降りて北陸道
どんよりとした雲だが、濃いのと薄いのとがある
金沢方面へ向けて ドヒュンとアクセル一ひねりで到着

金沢東インターはパス?で良いのか不明
まあ次の金沢西で降りる

結果的には遠回りだった
ここは159号線がある金沢森本インターがベストだったみたい
降りると159はバイパスのような道路で快適そうだ
しかし富山方面からまっすぐ金沢の町に入れるわけでは無いから
道に迷いやすいかも

高速乗っているとあまりにもまだ山の中なので
もう少し開けたところから降りたくなるのだ

まあかえって道は解りやすかったと思う
なんとなく小さなGPS画面を確かめ携帯の画面タンクの上においてチラ見しながらの運転

そんな中大粒の雨が・・・

ホテルは相当近いはずなのだが看板が見当たらない?
ちょっと町外れまできてしまったぞ?

まいるなぁ
どうやら戻れば良いみたいだけど

さらに雨脚が強くなる中
ムリせず路地に入って1ブロック回って
Uターン

看板が必ずあるはず!!
上も、下も注意して
走る

んーいったいどこだ?
おお、あったよ・・・・

でっかい「三菱電機」の看板の下
目立たない ホテルの看板が・・・・

なるほどね、この看板は目立つから見覚えがある

しかし、さすがアパホテル
一番 金になる所はホテルの看板でなく別に貸し出すわけね

ちぇ!

まあ道沿いなんで即 駐車場へ入れます
裏に回れば、屋根付き立体

母屋の屋根の下が軽車両のエリアで
すぐに係りの人が出てきて案内してくれた

さらに荷物を降ろすとタオルも差し出してくれたよ
サービスはOKでしょう

午前中からチェックインはムリだけど
快く荷物は預けられる

着替えてさっそく兼六園にGO!!!

Photo でも、11時過ぎで腹が減ったぁ
かた町の繁華街の路地裏を歩いていると
旨そうなカリー、オムライス、ハヤシライスの看板

「凱」

いただきます! 金沢ハヤシライス 

腹が満たされてさて
そそくさとGPSの示す方向へGO!

綺麗な堀のある路地裏を抜けると大通り

くすのき迎賓館や風情のある建物とモダンは建物
さらに金沢城の城壁がバックに見えて
なかなかな眺めです

兼六園の入り口が交差点のはす向かいに見えてきた

と、

Imga0420 右を見ると 21世紀美術館!
あらまあここがそうなんですか
そんじゃ時間もあるので
先に美術館に入ろう!

特別展覧として
画像、映像アートの特別展

んー
重いテーマが多い

老い、老化、希望、信仰

一本20分程度から数時間
これは全部見切れません

普通の芸術より時間を使うねぇ

常設展示部も見た後世界ガラス工芸の展覧会はすばらしかった
ガラスの硬さと柔らかな表現との調和が見事です
2時過ぎまで見てしまった

さて、近代的芸術の世界から
日本古典的芸術、文化に触れることとしましょう

兼六園
入場500円
あ、21世紀の方は特別展も含めて円だった

真弓坂口 は上り坂
多くの人は桂坂口から入るかと思われるが
こちらはひっそりとしていて
自分以外誰もいない

少し日が影っていて涼しい
ひさご池の先には日本最古らしい噴水まである
ちょいと寒いが美しい作りです

玉砂利の歩道を歩くと
逆に熱いくらいになる
調節の難しい気温かな、けど晴天になって良かったぁ

Imga0456 あの有名な 雪つり の松
この二三日で吊り上げの作業が開始されたらしい

観光客がけっこう集まっているが、3連休最後の3時近くなんで
もうたいした人数ではない
記念写真用の団体広場には人はまばらです

美しい眺め、高台になってて池と 松 かえでなどの広葉樹のコントラストも美しいが
逆を見ると 金沢の町が見渡せる
Imga0444 日本庭園でも規模がこんなにあると凄い!

さらに手入れをする職人が多い、これは雪つりの作業のせいもあるかもしれないが
枯れてくる草木は除去して景観を保っている
手間がかかってるんだ

敷地の裏手には 伝統産業工芸館 がある
ここも立ち寄ってみる

Imga0470 この地方は水引きが有名ですね
綺麗な模様を作って伝統的行事の供物に結ぶ

漆器や織物の伝統工芸以外に、例の世界的有名な
スズ100%の変形させて使う容器を発見!

さらに世界で一番軽い繊維 天女の羽衣!

ガイアの夜明けで見たなぁこれがその実物だ
スズ容器はかっこよいが高いし使い道ないのでパス
スカーフは高いけど軽いし母には買って帰ろう

隅々まで見学して兼六園の残されたエリアを散策

時雨亭の前庭が美しい・・が本日はもう終了!しまったぁ
閉館時間も近いわけだ

まあほとんど見て回ったでしょう
Imga0492 帰りはもう一度 21世紀美術館の建築をじっくり拝見して
景観に気を付けた 市役所を眺めて ホテルにチェックイン

大風呂は無いが・・・近くの繁華街の中の系列ホテルに行けば・・・
温泉の露天風呂やサウナがあるらしい

どうせ飲み屋に行くわけで
ついでに長町って武家屋敷も見てみようなんてな事で
温泉へ

系列ホテルは・・・
おーこれではバイクで雨の中探すのが大変だったかも

屋上に温泉
夜の街を眺めながら
ゆっくり風呂
気持ちよいですねぇ
極楽だ

ゆっくり入ってからぶらりと散策

おーここが武家屋敷跡
基本、普通の人が住んでます

Imga0495 街灯も少なく、門構えと塀が風情のある家並み

これが武家屋敷だね
しかし、人っ子一人歩いてない
まだ7時なんですが・・・

ビデオでも撮ってると
黒猫が暗がりから出てきて挨拶・・
路地を横切る
これも風情だねぇ

街灯や街の明かりが無い方、無い方を散策し
腹も減ったし
また、繁華街へ

Imga0509 事前にチェックしていた居酒屋やグルメスポットも良いが
自分の勘に任せてここ

「ぶん家」に入る事にした
良いじゃない

酒が何しろこだわっている感じ
まあ喉が渇いてるので
ビール!!!

少し脂っこいもの
エビの天ぷらに・・・・
んー旨い

さらに飲み進んで
さあ日本酒

Imga0514
   ここが地の 天狗舞!で攻めます
大吟醸、杜氏中三郎特選大吟醸、山廃仕込
その外に手取川、久保田・・・

Imga0516
魚は あの有名な のど黒 の塩焼きやら白エビ、その他・・・
全て旨いです

量は気にしますが値段はまったく気にしません!

〆て 9800円なり

おー 飲んだねぇ
まだ9時前ですがすでに相当活動した一日

でも・・・

Imga0526 ライトアップされている金沢城に行ってみた
夜景もすんばらしい!

21世紀美術館もあの円形の建物が闇に浮かび上がって美しい!

さあて何となく小腹が空いて来てしまった・・・・が
〆のラーメン食わない主義なんで止めとく

すでに路地を何度も歩いてるのでだーれもいない路地を
そそくさと歩いてホテルへ

明日の準備もほどほど
朝早く?8時30分には金沢城に入場するので寝る
いやもう眠い・・・ぐぅ・・・

|

« 20121103氷見漁港 | トップページ | 久々ツーリング ヤマハフェザー8 »

モーターサイクル」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284386/53981485

この記事へのトラックバック一覧です: 20131104 金沢 兼六園:

« 20121103氷見漁港 | トップページ | 久々ツーリング ヤマハフェザー8 »