« 2013112324Pカップ いかにブランケを避けるのか・・・・ | トップページ | プロジェクター »

2013年11月30日 (土)

20131105金沢城、京都

ツーリング1日目

http://windmania78.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/20131101-2d9f.html

2日目

http://windmania78.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/20131102-58a7.html

3日目

http://windmania78.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/20121103-82a7.html

4日目

http://windmania78.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/20131104-d719.html

ラスト5日目朝!

目覚めは悪くない
昨晩の酒は相当量だったなぁ
シャワー浴びて
荷物まとめて
待ち歩きの軽いかっこうで8時には金沢城へGO!
8時30分から入城できる
かって知ったる道を通って市役所前

Imga0532

青空に城壁がはえる
城壁にも歩道が付いてるんで登ってみる
さらに城壁沿いに門前まで
これがうわさの 石川門
美しいね!
参道は係りの人が丁寧に掃除中
その脇を通勤の人が城内を抜けて行く通岐路にしてる
うらやましいかぎりだな
こんな文化財の中通って出勤するなんざぁ
Imga0535 前田利家の像も立派なもんです
さていざ入城
綺麗に掃除され 風格があって江戸城の門と劣る事なし
さらに復元されたばかりの 大手門から続く正門である
河北門も真新しくて何とも築城当時を思わせる感じ
向かって左の 橋爪門は再建中で覆いがかかっていて残念だが
これが出来上がるとそうとう立派な構えになるね
Imga0537 しかし看板を読むと9時にならないと内部の施設には入れない
まあ、ゆっくり周囲の施設を見て回る
なんせ手入れが行き届いてる
先日の京都御所、兼六園
文化財の保護のために相当な手間かけてることがうかがえる
この手入れがさらに失われた構造物を蘇らせて
さらに圧巻な文化財になっていくのでしょう
ここの城も何度も火災に合い最盛期の面影は この素晴らしさでも
一部でしか無いそうだ
完全復興ってな事はムリにしても
今後の地道な再建活動が続くことが大事だ

Imga0557

そのうち五十軒長屋の中の見学がオープン
独り占めで見学です!
3連休明け火曜日の朝9時
誰もいない城内
贅沢な場所にいます
梅雨時に行った首里城も平日の夕方
閉館前だったんでがらがらだったけど
やはりこういう
ゆっくりゆったり見れるのは超贅沢なもの
慌しいツアーとは違うな
最高です!!!
長屋の端から端まで見える範囲にも人影なし
独り占めの世界です
ひし形の菱櫓は柱もすべて菱形、ここから見る外の景色も絶景です
透明な堀には水鳥が優雅に泳ぐし
十二分に金沢城を堪能してホテルへ向かう
11時がチェックアウトだけど
バ イ クを 京都に帰すのは
14時まで!
300km近くあるので3時間?ではいけませんね
4時間でもけっこうすごい
高速道路がメインではあるけど・・・・
でも10時は過ぎてしまったぁ

さくっと金沢西インター
ドヒュン・・・

高速もほとんど車いないし
MAX速度か制限速度のどちらかでしか走らないし
頻繁な車線変更もしない

前に詰まって速度落としたら
何となく白いセダンが後ろからのこのこやって来て少しプレッシャーをかけてくる感じ
ここはこのプレッシャーを いなして走行車線に入って前に行かせると・・・

やはり居ました 覆面P

そのままじっくり先に行かせて、視界に入ったまま様子を見る

すると・・・
荷ヒモが垂れ下がった危ないトラックがターゲットに!

停止合図でストップ
お疲れさん!

少しドヒュンと行くが ガスが無いので
サービスエリアへ

満タン!走り出すとまたあの覆面Pが一旦SEに入って仕切り直ししてガソリンスタンド脇を加速中
まあこちらから捕捉できたのはラッキー

しっかり視界から逃さぬように走行
自分が警戒して走行しているので周囲の車も気が付いて80km走行の集団が硬直状態
こんな時、覆面Pは次のパーキングで仕切りなおしのため一旦離脱

速攻でドヒュンとさよなら

しかし、名神に入ってからも長かったぁ

何とか
13時にはインター降りて、バイク屋を目指す
近くで満タンにして、レオタニに到着13時40分

いやー
レンタルって止められませんねぇ

毎回
素晴らしいバイクを借りられて
込み合う首都圏、通勤時間帯を外して大きく時間が節約できて
さらに全国展開も拡<大しつつあるし
またよろしく

着替えてスーツケースに荷物を詰め込めば後はごろごろ転がすだけ

忘れ物無い?・・・・はずだったのに・・・・
ETCカード・・・
忘れてしまったい

後で 宅配してもらったりして・・申し訳ない!

午後は何所良くかな・・
まずは京都駅の南口の東端にある手荷物預かり所へ

さて京都タワーに登ってみよう
そこで何所良くか考えよう
ホテルの屋上にタワーがある

さあてどんな眺めやら
エレベーターガールがいらっしゃいます
すーっと到着

連休明けの平日
空いてます

どの方向も良く見える
目の前の東本願寺は改修工事の大きな覆いがかかっている
これはパスですね

Imga0625

んじゃ、東の国立博物館、豊国神社あたりに行きますかね

おー、新幹線が良く見える

駅ビルのモニュメントも面白い

あそこが

Imga0602_2

清水寺

あ、京都御所は真正面

銀閣寺はあんなに遠くか!
以前、TCSRの総会では、9時から加茂川そいに歩いて平安神宮、さらに銀閣寺
さらになんと大原まで24kmも歩いたなぁ

最後の坂道を歩いてる時にマッチャンに発見されて
車に乗せてもらったっけ

大原寂光院(平徳子を隠棲した所)の近く
宿の温泉が良かったなぁ

では、歩いて東の方向へ行ってみよう

Imga0617Imga0612
小さな堀、高瀬川には鴨の親子が泳いでるし

Imga0649
加茂川のほとりには 老舗の菓子屋 甘春堂
美味しそうなのが揃ってる

その裏路地を行くと店先で蒲焼、子持ち鮎の甘露煮など売ってる店

さらに行くと
おや? 耳塚?

ああ、あの秀吉の朝鮮出兵時に敵の首の代わりに持ち帰ったって言うやつの・・・

そんでその先どん詰まりは秀吉の神社 豊国神社って事

ここを右折して先に国立博物館へ行くつもりが・・・
本日は連休明けで休館でしたぁ

残念

Imga0624
ロダンの考える人を遠くから撮って終了

んじゃ
豊国神社へ

家康に葬られてしまっていたが
なんとか明治時代に神社が復刻
Imga0640宝物殿があるので拝観料を払って見てみる

おう
これが
千なりびょうたん(右奥)かい

Imga0644唐門は 清洲城ゆかりの門らしい!
Imga0653ライトアップされた 京都タワーは美かった

これで今回の旅はほぼ終了

荷物受け取る前に 九条ネギがたっぷりかかった
ラーメン! 旨い!

スーツケースを受け取って
適当な新幹線自由席に乗り込む

酒も買って、そうそう、少し土産物も
車内ではさっき買った 子持ち鮎の甘露煮をつまみに ぐびっ!

くー
最高です!

雨無くゴロゴロ徒歩 9時過ぎには帰宅
普通のツーリングではありえない余裕

感謝

|

« 2013112324Pカップ いかにブランケを避けるのか・・・・ | トップページ | プロジェクター »

モーターサイクル」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284386/53985848

この記事へのトラックバック一覧です: 20131105金沢城、京都:

« 2013112324Pカップ いかにブランケを避けるのか・・・・ | トップページ | プロジェクター »