« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

20131105金沢城、京都

ツーリング1日目

http://windmania78.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/20131101-2d9f.html

2日目

http://windmania78.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/20131102-58a7.html

3日目

http://windmania78.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/20121103-82a7.html

4日目

http://windmania78.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/20131104-d719.html

ラスト5日目朝!

目覚めは悪くない
昨晩の酒は相当量だったなぁ
シャワー浴びて
荷物まとめて
待ち歩きの軽いかっこうで8時には金沢城へGO!
8時30分から入城できる
かって知ったる道を通って市役所前

Imga0532

青空に城壁がはえる
城壁にも歩道が付いてるんで登ってみる
さらに城壁沿いに門前まで
これがうわさの 石川門
美しいね!
参道は係りの人が丁寧に掃除中
その脇を通勤の人が城内を抜けて行く通岐路にしてる
うらやましいかぎりだな
こんな文化財の中通って出勤するなんざぁ
Imga0535 前田利家の像も立派なもんです
さていざ入城
綺麗に掃除され 風格があって江戸城の門と劣る事なし
さらに復元されたばかりの 大手門から続く正門である
河北門も真新しくて何とも築城当時を思わせる感じ
向かって左の 橋爪門は再建中で覆いがかかっていて残念だが
これが出来上がるとそうとう立派な構えになるね
Imga0537 しかし看板を読むと9時にならないと内部の施設には入れない
まあ、ゆっくり周囲の施設を見て回る
なんせ手入れが行き届いてる
先日の京都御所、兼六園
文化財の保護のために相当な手間かけてることがうかがえる
この手入れがさらに失われた構造物を蘇らせて
さらに圧巻な文化財になっていくのでしょう
ここの城も何度も火災に合い最盛期の面影は この素晴らしさでも
一部でしか無いそうだ
完全復興ってな事はムリにしても
今後の地道な再建活動が続くことが大事だ

Imga0557

そのうち五十軒長屋の中の見学がオープン
独り占めで見学です!
3連休明け火曜日の朝9時
誰もいない城内
贅沢な場所にいます
梅雨時に行った首里城も平日の夕方
閉館前だったんでがらがらだったけど
やはりこういう
ゆっくりゆったり見れるのは超贅沢なもの
慌しいツアーとは違うな
最高です!!!
長屋の端から端まで見える範囲にも人影なし
独り占めの世界です
ひし形の菱櫓は柱もすべて菱形、ここから見る外の景色も絶景です
透明な堀には水鳥が優雅に泳ぐし
十二分に金沢城を堪能してホテルへ向かう
11時がチェックアウトだけど
バ イ クを 京都に帰すのは
14時まで!
300km近くあるので3時間?ではいけませんね
4時間でもけっこうすごい
高速道路がメインではあるけど・・・・
でも10時は過ぎてしまったぁ

さくっと金沢西インター
ドヒュン・・・

高速もほとんど車いないし
MAX速度か制限速度のどちらかでしか走らないし
頻繁な車線変更もしない

前に詰まって速度落としたら
何となく白いセダンが後ろからのこのこやって来て少しプレッシャーをかけてくる感じ
ここはこのプレッシャーを いなして走行車線に入って前に行かせると・・・

やはり居ました 覆面P

そのままじっくり先に行かせて、視界に入ったまま様子を見る

すると・・・
荷ヒモが垂れ下がった危ないトラックがターゲットに!

停止合図でストップ
お疲れさん!

少しドヒュンと行くが ガスが無いので
サービスエリアへ

満タン!走り出すとまたあの覆面Pが一旦SEに入って仕切り直ししてガソリンスタンド脇を加速中
まあこちらから捕捉できたのはラッキー

しっかり視界から逃さぬように走行
自分が警戒して走行しているので周囲の車も気が付いて80km走行の集団が硬直状態
こんな時、覆面Pは次のパーキングで仕切りなおしのため一旦離脱

速攻でドヒュンとさよなら

しかし、名神に入ってからも長かったぁ

何とか
13時にはインター降りて、バイク屋を目指す
近くで満タンにして、レオタニに到着13時40分

いやー
レンタルって止められませんねぇ

毎回
素晴らしいバイクを借りられて
込み合う首都圏、通勤時間帯を外して大きく時間が節約できて
さらに全国展開も拡<大しつつあるし
またよろしく

着替えてスーツケースに荷物を詰め込めば後はごろごろ転がすだけ

忘れ物無い?・・・・はずだったのに・・・・
ETCカード・・・
忘れてしまったい

後で 宅配してもらったりして・・申し訳ない!

午後は何所良くかな・・
まずは京都駅の南口の東端にある手荷物預かり所へ

さて京都タワーに登ってみよう
そこで何所良くか考えよう
ホテルの屋上にタワーがある

さあてどんな眺めやら
エレベーターガールがいらっしゃいます
すーっと到着

連休明けの平日
空いてます

どの方向も良く見える
目の前の東本願寺は改修工事の大きな覆いがかかっている
これはパスですね

Imga0625

んじゃ、東の国立博物館、豊国神社あたりに行きますかね

おー、新幹線が良く見える

駅ビルのモニュメントも面白い

あそこが

Imga0602_2

清水寺

あ、京都御所は真正面

銀閣寺はあんなに遠くか!
以前、TCSRの総会では、9時から加茂川そいに歩いて平安神宮、さらに銀閣寺
さらになんと大原まで24kmも歩いたなぁ

最後の坂道を歩いてる時にマッチャンに発見されて
車に乗せてもらったっけ

大原寂光院(平徳子を隠棲した所)の近く
宿の温泉が良かったなぁ

では、歩いて東の方向へ行ってみよう

Imga0617Imga0612
小さな堀、高瀬川には鴨の親子が泳いでるし

Imga0649
加茂川のほとりには 老舗の菓子屋 甘春堂
美味しそうなのが揃ってる

その裏路地を行くと店先で蒲焼、子持ち鮎の甘露煮など売ってる店

さらに行くと
おや? 耳塚?

ああ、あの秀吉の朝鮮出兵時に敵の首の代わりに持ち帰ったって言うやつの・・・

そんでその先どん詰まりは秀吉の神社 豊国神社って事

ここを右折して先に国立博物館へ行くつもりが・・・
本日は連休明けで休館でしたぁ

残念

Imga0624
ロダンの考える人を遠くから撮って終了

んじゃ
豊国神社へ

家康に葬られてしまっていたが
なんとか明治時代に神社が復刻
Imga0640宝物殿があるので拝観料を払って見てみる

おう
これが
千なりびょうたん(右奥)かい

Imga0644唐門は 清洲城ゆかりの門らしい!
Imga0653ライトアップされた 京都タワーは美かった

これで今回の旅はほぼ終了

荷物受け取る前に 九条ネギがたっぷりかかった
ラーメン! 旨い!

スーツケースを受け取って
適当な新幹線自由席に乗り込む

酒も買って、そうそう、少し土産物も
車内ではさっき買った 子持ち鮎の甘露煮をつまみに ぐびっ!

くー
最高です!

雨無くゴロゴロ徒歩 9時過ぎには帰宅
普通のツーリングではありえない余裕

感謝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013112324Pカップ いかにブランケを避けるのか・・・・

ピザーラクワアイナカップ2013

13年続く大会
すでに10年も出場してる
最初のオープンクラストライで偶然一回戦アップしたのをいい事に
いや、ピザとハンバーガーとパーティーの華やかさ
バブルの雰囲気残るこの大会は素晴らしい
さてと、今回は風が微風の予報
すでに三浦の大会のパターンは
5時15分に起床
40分には出発
海岸線に出た右のセブンイレブンに寄って朝飯やら・・やらを済ませる
お高い駐車場に入る
ゆっくりセッティング
レジストレーション
大会開始となる
ほとんど、開会式前に出艇する人は居ないのが通例
しかし
今回は別
今日明日ともにまったく風が見込めないのだ
自分も触発されて
マウイセール タイタン2012 9.0
タブーマンタ 2009 125L
マウイフィン 一番パワーのあるウイードフィン46cmをチョイス
ウイードフィンなのは・・・・
ターロン46にパワーが無い事
マウイフィン44もパワーが足りない
よって、少しバランスが悪いが、ウイードフィンとなる
ターロンなら48cmあたりが必要だろう・・・・
出てみると
けっこう走ります
今からでもレースやってほしい!
しかし、10時から開会式
まあ仕方ない
式典も終了し
レース開始
でもこれが・・・・
本部船が相当風上なんです
皆さんが何とか本部船に到達するころには風がさらに落ちてきた
でも
スキッパーズミーティングでも
落ちてもやります!宣言がされてる
んーまずい
シーケンス開始
できるだけ風上キープが大事なんだが
エキスパートのレースが先
ヒート毎回AP旗が出て間が空く
自分のスタートシーケンスでも十分風上へ・・・・
と思いきや
風向き東に変わったぁ
ヤバイな
集団の中間付近で2分前
もうポジションを風上に上げる事はできない
1分前、スタート!
それなりにラインは切ったが・・・・
ブランケがすごい
今回はなんと24艇2組づつ一斉スタート
パンピングしてもダメ
いけませんね
1マーク15番手程度で通過
12番手以上で無いとダメ
2マーク、3マークで10番以内に入ったがしかし
4マーク過ぎてからが長い
ゴール寸前で5艇が並びかける
この中には最後尾から追い上げてきたヤマジイが!
割り込んで来ている!
ヤバいぜ!
しかし、大きなパンピングではバランスを崩す
刻んでパンピング!
でもって
ゴール????
どうよ?
直観的にダメだ!
それでも聞いて見ると
ヤマジイアップ
自分脱落・・・・
これで今大会は終了です
もう二度とチャンスは無いだろう
この風の予報ではねぇ・・・・
仕方ない
酒だ酒だ酒・・・・
で、パーティーが重要ポイントとなる
寂しいなぁ
最近は落ちる事めったに無かったのに
フィンサイズとスタートポジションに課題がある!
浜に戻って帰着申告して
ピザを食らう!
うれしいね
買えば高いよ!
自分は、この大会で育ててもらったようなもの
皆さんレース終了でステッカーをビリビリ剥がすけど
自分は少しでも宣伝になればと一年中付けておく
他の大会によっては制限があれば、その時点で剥がすけど
さて、オープンBはその後開始、もちろんビギナーもゆったり時間が有る中シーケンス進行
自分は・・・
ひなたぼっこに、知り合いとのだべり
まあこんなもんでしょう
早めに本日のレースは終了
宿に行って 本日は 根本荘 間違って いつもの魚鰻に行ってしまったら
石井選手の軍団が15人
挨拶して撤退
根本荘でウエルカムドリンク!ビールのサービスいただいて
カンパーイ
6時からと言われていたパーティーに出発
やっぱいつもの6時30分からで、最前列に並ぶ事になった
131123_183001 いつものテーブルを取って
パーティー開始!
131123_181402 マグロのにぎり寿司が最高!!!!
この岬港はマグロの本場です
131123_181401 すぐに腹いっぱい
あとは酒ですね
そして、歌って踊る131123_190601  IRO さ ん2人組のショー
抽選会
ショップの3.4人は大物をゲット!!!
自分は無し
昨年はマウイセール タイタン7.5をチャリティーでゲットしたけど
今回は特に欲しいもの無く終了
宿に戻って一杯
131123_233101 さらに駅前に出て一杯
そんでもって ぐうっ・・・・・
翌日・・・・
予報とおり風無し
何の支度もせず・・・ボケボケ
いや、自転車出してそこいらを散策
思わずティアーズの中で・・・
フォーミュラーの中古を眺め回す
さらに!
Zフィンの中古も!
44cmから1cm刻みで47cmまで揃っていて38000円程度
先日のフィンパワー不足について
コウムラプロに聞いて見ると
ターロンはそのまま持っていて
46cmを使ってみてはとの事
んー
迷いに迷って購入
あーまた高額商品買っちまった
一日ぶらっとして終了
明るいうちから表彰式が開始
4時には帰路に・・・・
次はアマスラか
Zフィンのご加護があるかな
来年もやってほしいね Pカップ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒日記37 ボージョレ

本日解禁
酒日記ボージョレレッシュフルーティーなワイン

甘いわけではない
香りが素晴らしい!

そして
酒日記ボージョレあの
名酒
屋久杉 原酒!
やまやに偶然入荷してた!
やっぱりこくがあって素晴らしい〜

さらに!
酒日記ボージョレシーバスリーガル

ミズナラ
飲み屋でボトルを見て
なぜ ミズナラって書いてあるんだ?
と思ってた
シーバスリーガルの日本向け特別樽なんだぜ
まろやかな味わい
日本食に合う!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

20131117龍ヶ崎 飛べず・・

本日は風が回る予報

海は今ひとつと考え
来週のPカップのために
車搭載のウインド道具をレースのみの仕様とした

痛んだウエーブボードの修理
はがれかけたデッキをボンドで接着
先端部のヒビ、はがれにボンドコーティング
まあこんなもんでしょう

午後は風が南に変わるけどたいした風じゃないとふんで

龍ヶ崎エリアでフライト、準備
行く途中風が上がり始める
いかんなぁ
これはウインドに切り替えるか・・・

しまった
コンタクトレンズ・・・忘れちまった

仕方ない
龍ヶ崎にとりあえず行って見る

鉄人さん!
でももう帰るらしい
でも風が安定してるので早々準備
立上げ確認
少し風に持っていかれる事もあるが問題なし
前に作った残りが3L
さらに3L作って6L
調子よくエンジンスタート
6700rpmまで回るところ
リッチに振って6650rpmに調整
さて・・・・風が・・・・
吹流しの尾っぽがけっこう調子よく上下してる
風速6から7mだ

車に入って15分
やばいねさらに風が上がってきた
携帯で風情報を見ると!

やばい
沿岸部で風が上がってきている
予報も相当夕方まで上昇の予報

しばしすると 夕方の使者ともう一人参上

しかし
ユニットは持ってきてない
様子見に来ただけ
しばしだべりながら撤収

本日はエンジンの調子を確かめて
キャノピーのしわ伸ばしで終了でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013110910富津 岩井ウインド

13卒業生歓迎合宿?

8時過ぎに出発

間違い無く16号線が混んでるんで
全て裏道で穴川インターに向かう

でも高速は数キロ渋滞
まあ、いつもの混雑

岬荘の脇から入って浜へ
草むらが多く次の人のために4WDの威力で踏み倒しておく

風は北北東7m
思ったより吹いてるじゃない

では、マウイセール 2012タイタン9.0
タブー2008マンタ125L
マウイフィン 46ウイードフィン:富津は必須!!

11時には海に出られた
少し落ち気味で上に上がれないなぁ
ぼっくりが居るところまで上がれない

さらに漂流物、角材やら竹の棒やらが・・・・
何度もヒット!
さすがに角材には当たらなかったが、竹棒はけっこうひっかけた
波や光の具合で見難い角度なのもある
でもさすがにウイードフィンのおかげもあって吹っ飛ぶ事は無かった

そのうち風が持ち直して調子がすこぶる良くなる
昨年ウイードフィンに合うストラップ調整を行ったのでバッチリ!
9.0の力が十分スピードに変更されている感じ

2時間ほどで一旦飯
そして1時間ほど走って風が東に振れて終了

でも相当乗り込んだ感じ
9.0セールも軽い取り回しだった

そそくさと撤収
明日はババ吹きの予報なんで全部撤収

ここ富津では乗れないかな

岬荘のあったかシャワーで着替えて、風呂
助かるね

ロビーで飲み
皆とウインド談義
ジャイブはやっぱ前膝でしょう!ってな話で盛り上がる

さていようやく宴会
今回は女性2名
参加者もそう多くない

業界は冷えてるなぁ

それでも、日中のビデオ見たり
自分が撮影した夏の合宿風景や
おまけにカーチベーカップのもようや
さらに 先日バイクツーリングした風景まで
プロジェクターで上映

映像があるとそれないリに盛り上がる

12時くらいまで飲んだかな?

翌日は?
体調問題なし

朝飯をしっかり食って
さて何所に行く?
岩井!って事になった

ビギナーには酷な条件だが
ビーチ左の堤防脇はウォータースタート練習はできそうかな

下道で行っても10時ころには出艇

けっこう吹きそうだけど今はマイルド
5.2がほしいところ持って来るの忘れた

よってオンボロだけど調子の良い
2004?セールワークス4.6
クワトロ2009?リズム 81L ツインフィンで行く

風弱いなぁ
でも何とか走れる
引いてたクリューをゆるめてまあまあOK

何とも楽な乗りあじ
昨日の9.0のトルクとは打って変わって
脱力した感じ

なんて平和な世界だ
それでいて最近覚えた前膝固定のおかげでトップターンも
何回か可能
ジャンプはそこそこだが
疲れないうちにフォワード練習

イメージ完璧なのに
オンショアの風でフロントを下に持っていくとジャンプがおろそかになる
足首ひねったんで2回トライで終了・・・

フロントターンに集中しよう!
でも これもオンショアなんで顕著な症状
クリューファーストで波に近づいて・・・?????

ありゃ、波を越えちまったぁ・・・
裏風入ってひっくり返る・・・

波の押す力をあまり感じられないんだよなぁ
ボードが先走っちまう
目で見て波のトップまで我慢してボードを回すしかないけど

なんか足応えが無いんだ
もっとでかい波を狙うしか無いかな

そのうち猛烈な風に変身!
4.6では相当厳しい状況
一応クリューを引いて対応したが一旦上がる
少し待って風が落ちた感じでまたトライ

でも雨が降り始め目が痛い
動いても体温が下がり気味
本日はこれで終了とする

片付け始めると豪雨
そそくさと撤退
集合写真も撮る暇なし

まあ仕方なし
渋滞はいつもの穴川
16号もひどいので来た時と同じく裏道で6時には帰宅
充実の2日だった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

E25 ZD30DDTi キャラバン408000K エンジン警告灯

またも出てきたが今回は以前とは違い
頻発、症状もありだ

先日の浜名湖からの帰りに一回

先週と今週一回づつ

さらに先週、今週ともオートマ4速にアップする前にエンジン回転数が大きく落ち込む
現象のおまけ付き

エンジンを再スタートすると警告灯も消えてしまうい走りになんら支障なし

とうとう来たか・・・

しかし、これ

致命的というか、ディーラーで頻発再現しないと預けたとしても
けっきょく様子見になるなぁ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久々ツーリング ヤマハフェザー8

今回は2年ぶり

Imga0600


レンタル819でヤマハ、フェザー8を西院近くの京都中央レオタニにてレンタル!

11月1日

京都から京丹後、丹後半島、日本海沿岸回って五箇山

そして金沢、京都って4泊5日 ほぼ1090km

地図なし、現地ポイント観光案内で、現在地がわかる地図付きGPSと
携帯助手席ナビ程度の装備

到達時間の読みがまったくダメだったが

それを挽回できるバイクの高速性能に助けられた

5000rpmで115kmも出るし

40kmからでもガタガタしないでスムーズに加速する

さらに1万回転もスムーズに回る

Imga0407


カウル効果は絶大だが、伏せないと左右にブルブル振られる

6速1万回転ではブルブルが伏せてもひどくてこの世界は長居は不可能

足つき性は173.5の自分には低すぎるくらい

他のツアラーよりもスポーツポジションではあるが

取り回しもらくちん

中速コーナは寝込みが強いのでマシンだけ寝かせた方が安定してる

アクセル開け気味で走ると程よくコーナーが決まるね

自分の好きな色で気に入った

Imga0310


ただし、即社外品に交換されちゃうマフラーは鉄の黒塗装

極太の 炭

って感じ

エンジンから黒いので逆に目立たなくて良いとも言えるが

購入した人はきっとアフターパーツでステンレスにしちゃうでしょう

しかし、これの1000ccタイプもあるんですって?

んー、MT01:1700㏄やドカのムルチストラーダ1200なども乗り比べたけど

この辺りの排気量からは マッチョなイメージだけのためにあるような感じ

加速に差を感じるほどワイドオープンにするのはいったい何所か?

荷物もしっかりスーツケースが縛り付けられるので安定してるが

少しポジションが窮屈になってしまうのは・・まあ仕方ない

スーツケースはレンタルショップに置いてこようと思ってたんだけど

ヘルメットとバイク用ジャケット類を着てしまうとガラガラだし

でも

ポン

って乗っけてゴムバンドで締めると以外に決まるので・・・

スーツケースで行きます!

久々のバイクだったけど、渋滞なし、すり抜けなし、乗り始めも終わりも 昼

非常に お気楽 安全?高速移動 リーズナブル 

雨が少なかったのが何よりだ!

レンタル819さん ありが103!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20131104 金沢 兼六園

夕べの五箇山は雨音が大きかったな

Imga0405 でも、明けてみると薄日がさし始めた!
いやいや、予報では東側しか良くなる予報では無い
なんとなく残った面子で記念写真

10時チェックアウトに従って出発
皆さんお元気で!
気をつけて帰りましょう

さあ

本日は一人金沢へ!

休日出勤代休で金沢延泊
今までは通過するだけだった
初めての金沢

今までの移動に比べて何とも近いのが助かる
しかし、雨の予報だし
しっかりカッパ着込んで走り出す

辺りは明るいけどね
でもこれが後で助かった
すぐにトンネル

下界に降りて北陸道
どんよりとした雲だが、濃いのと薄いのとがある
金沢方面へ向けて ドヒュンとアクセル一ひねりで到着

金沢東インターはパス?で良いのか不明
まあ次の金沢西で降りる

結果的には遠回りだった
ここは159号線がある金沢森本インターがベストだったみたい
降りると159はバイパスのような道路で快適そうだ
しかし富山方面からまっすぐ金沢の町に入れるわけでは無いから
道に迷いやすいかも

高速乗っているとあまりにもまだ山の中なので
もう少し開けたところから降りたくなるのだ

まあかえって道は解りやすかったと思う
なんとなく小さなGPS画面を確かめ携帯の画面タンクの上においてチラ見しながらの運転

そんな中大粒の雨が・・・

ホテルは相当近いはずなのだが看板が見当たらない?
ちょっと町外れまできてしまったぞ?

まいるなぁ
どうやら戻れば良いみたいだけど

さらに雨脚が強くなる中
ムリせず路地に入って1ブロック回って
Uターン

看板が必ずあるはず!!
上も、下も注意して
走る

んーいったいどこだ?
おお、あったよ・・・・

でっかい「三菱電機」の看板の下
目立たない ホテルの看板が・・・・

なるほどね、この看板は目立つから見覚えがある

しかし、さすがアパホテル
一番 金になる所はホテルの看板でなく別に貸し出すわけね

ちぇ!

まあ道沿いなんで即 駐車場へ入れます
裏に回れば、屋根付き立体

母屋の屋根の下が軽車両のエリアで
すぐに係りの人が出てきて案内してくれた

さらに荷物を降ろすとタオルも差し出してくれたよ
サービスはOKでしょう

午前中からチェックインはムリだけど
快く荷物は預けられる

着替えてさっそく兼六園にGO!!!

Photo でも、11時過ぎで腹が減ったぁ
かた町の繁華街の路地裏を歩いていると
旨そうなカリー、オムライス、ハヤシライスの看板

「凱」

いただきます! 金沢ハヤシライス 

腹が満たされてさて
そそくさとGPSの示す方向へGO!

綺麗な堀のある路地裏を抜けると大通り

くすのき迎賓館や風情のある建物とモダンは建物
さらに金沢城の城壁がバックに見えて
なかなかな眺めです

兼六園の入り口が交差点のはす向かいに見えてきた

と、

Imga0420 右を見ると 21世紀美術館!
あらまあここがそうなんですか
そんじゃ時間もあるので
先に美術館に入ろう!

特別展覧として
画像、映像アートの特別展

んー
重いテーマが多い

老い、老化、希望、信仰

一本20分程度から数時間
これは全部見切れません

普通の芸術より時間を使うねぇ

常設展示部も見た後世界ガラス工芸の展覧会はすばらしかった
ガラスの硬さと柔らかな表現との調和が見事です
2時過ぎまで見てしまった

さて、近代的芸術の世界から
日本古典的芸術、文化に触れることとしましょう

兼六園
入場500円
あ、21世紀の方は特別展も含めて円だった

真弓坂口 は上り坂
多くの人は桂坂口から入るかと思われるが
こちらはひっそりとしていて
自分以外誰もいない

少し日が影っていて涼しい
ひさご池の先には日本最古らしい噴水まである
ちょいと寒いが美しい作りです

玉砂利の歩道を歩くと
逆に熱いくらいになる
調節の難しい気温かな、けど晴天になって良かったぁ

Imga0456 あの有名な 雪つり の松
この二三日で吊り上げの作業が開始されたらしい

観光客がけっこう集まっているが、3連休最後の3時近くなんで
もうたいした人数ではない
記念写真用の団体広場には人はまばらです

美しい眺め、高台になってて池と 松 かえでなどの広葉樹のコントラストも美しいが
逆を見ると 金沢の町が見渡せる
Imga0444 日本庭園でも規模がこんなにあると凄い!

さらに手入れをする職人が多い、これは雪つりの作業のせいもあるかもしれないが
枯れてくる草木は除去して景観を保っている
手間がかかってるんだ

敷地の裏手には 伝統産業工芸館 がある
ここも立ち寄ってみる

Imga0470 この地方は水引きが有名ですね
綺麗な模様を作って伝統的行事の供物に結ぶ

漆器や織物の伝統工芸以外に、例の世界的有名な
スズ100%の変形させて使う容器を発見!

さらに世界で一番軽い繊維 天女の羽衣!

ガイアの夜明けで見たなぁこれがその実物だ
スズ容器はかっこよいが高いし使い道ないのでパス
スカーフは高いけど軽いし母には買って帰ろう

隅々まで見学して兼六園の残されたエリアを散策

時雨亭の前庭が美しい・・が本日はもう終了!しまったぁ
閉館時間も近いわけだ

まあほとんど見て回ったでしょう
Imga0492 帰りはもう一度 21世紀美術館の建築をじっくり拝見して
景観に気を付けた 市役所を眺めて ホテルにチェックイン

大風呂は無いが・・・近くの繁華街の中の系列ホテルに行けば・・・
温泉の露天風呂やサウナがあるらしい

どうせ飲み屋に行くわけで
ついでに長町って武家屋敷も見てみようなんてな事で
温泉へ

系列ホテルは・・・
おーこれではバイクで雨の中探すのが大変だったかも

屋上に温泉
夜の街を眺めながら
ゆっくり風呂
気持ちよいですねぇ
極楽だ

ゆっくり入ってからぶらりと散策

おーここが武家屋敷跡
基本、普通の人が住んでます

Imga0495 街灯も少なく、門構えと塀が風情のある家並み

これが武家屋敷だね
しかし、人っ子一人歩いてない
まだ7時なんですが・・・

ビデオでも撮ってると
黒猫が暗がりから出てきて挨拶・・
路地を横切る
これも風情だねぇ

街灯や街の明かりが無い方、無い方を散策し
腹も減ったし
また、繁華街へ

Imga0509 事前にチェックしていた居酒屋やグルメスポットも良いが
自分の勘に任せてここ

「ぶん家」に入る事にした
良いじゃない

酒が何しろこだわっている感じ
まあ喉が渇いてるので
ビール!!!

少し脂っこいもの
エビの天ぷらに・・・・
んー旨い

さらに飲み進んで
さあ日本酒

Imga0514
   ここが地の 天狗舞!で攻めます
大吟醸、杜氏中三郎特選大吟醸、山廃仕込
その外に手取川、久保田・・・

Imga0516
魚は あの有名な のど黒 の塩焼きやら白エビ、その他・・・
全て旨いです

量は気にしますが値段はまったく気にしません!

〆て 9800円なり

おー 飲んだねぇ
まだ9時前ですがすでに相当活動した一日

でも・・・

Imga0526 ライトアップされている金沢城に行ってみた
夜景もすんばらしい!

21世紀美術館もあの円形の建物が闇に浮かび上がって美しい!

さあて何となく小腹が空いて来てしまった・・・・が
〆のラーメン食わない主義なんで止めとく

すでに路地を何度も歩いてるのでだーれもいない路地を
そそくさと歩いてホテルへ

明日の準備もほどほど
朝早く?8時30分には金沢城に入場するので寝る
いやもう眠い・・・ぐぅ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20121103氷見漁港

朝は昨日の残り物と

広○さんが作ってくれた具沢山スープ
さて本日は何処へ・・・
能登半島付け根の氷見漁港に行って
うまいもんを食おう
ってことで
先輩とショーン、あけちゃんは車
広○さん、自分、mts620さんはバイク
すぐには高速に入らずふもとまで一般道
美しい紅葉
無茶な走りをする広○さんをビデオ撮影
交通量も少なく
能登へ
Imga0369 ほどなく氷見に到着
氷見の駅に行ってみた
Imga0371Imga0372 氷見キネマ って言う映画館がある
映画祭をやってるとの事
休み中は無料だって
しかし、駅前は閑散としている
先発隊はすでに漁港に行ってるらしい
GPS自動相互確認機能のスマホ機能使って
相手の位置を確認する 広○さん
でも間違った場所へ・・・・
対岸の岸壁に来てしまった
そして
道の駅 氷見
ショッピングセンター ご当地グルメのオンパレード
押し寿司
新鮮な魚、ぶり!
柿やかまぼこ
おいしいねたの回転すし
これでしょう
でも長蛇の列1時間30分待ちだとさ
そこで
予約の名前入れて
13時からの港周遊観光船に乗る!
車でピストン輸送
先発が船を足止めさせておく
船頭の首根っこを押さえ込む?
なわけ無いでしょう

Imga0386

5分待ってもらって出航!
周囲にウミネコ。かもめ?がいっぱい
なぜ?そうえさをやる人が多いのです
船でカッパエビ煎を売ってるわけ
出航してすぐにエビ煎を投げると
うじゃうじゃ集まる
そこを撮りまくる
景色は二の次かい!
それでも結構長い港の周遊コース
  十分景色も楽しめる
でも怪しい風、どんよりした雲

Imga0393

もうすぐ雨の予感
なんだかんだ1時間は暇つぶしできて
すし屋に帰ったら数分で着席!
すばらしい!
そして
食べる食べる
白えび、ぶりは特に旨かったなぁ
満腹で一人4300円なり!!!!!!
みやげ物ブースも充実!
しこたま買い込んでる皆様
本日の酒盛り用もあるし
明日の朝用もある
店を出ると雨が・・
せっかく新調したカッパを着込むと・・・・
ジェジェジェ!!!
あの観光船にGPSが入ったバックを忘れてしまった
やべー
みんなには先に帰ってもらって
自分は波止場へ・・・
誰ーもいない・・・・・
船も・・・・
そこへ・・・
不振なバイク野郎がいると気づいた
パトカーが近づいて来て
何処から来たの?京都?
この地方を走るには
老人に気をつけて
地方独特の運転者で急に変な行動するから・・・
まあ暇つぶしにはなるが・・・うざいねぇ
そうだよ
このおっさんに忘れ物のこと相談してみよっと
観光船は特に波止場の建物に券売機があるわけでもない
しかし、おっさんが
とりあえず見に行く
俺も取りあえず行ってみると
あ、
乗船時間が書いてある
最終便は3時30分発
今は50分
もうすぐ帰ってくるはずだ
おっさんは?
観光局あたりに連絡してみてくださいとか
届けを出しておけば後で取りに行けるでしょうとか・・・いつ行くの??
今日でしょう!・・・・明日はもう帰るし・・・
まあ暇つぶしありがとさん
Imga0397_2 ほどなく船が帰ってきて
やっぱバイクの人だと思ったよ!
ってことで無事回収!!!
ありがとさんです
ささっとカッパ着てネオプレーンの防水グラブはめてGO!
着すぎて熱いくらい
結構な雨
それでもアクセルドヒュンと五箇山に帰宅
あったか温泉行こう!
雨なんで藤まら先輩の車で皆をピストン輸送か?
でも
内風呂でok組3名
新たにこの日に合流の細のさんも加えて
五箇山温泉へ
ゆっくりあったまって帰宅(もうこの古民家は何年も使ってるから)
買い込んだ氷見のおいしいものと昨夜とほぼ同じ夕食
それでもok
酒があれば満足です!!!
なんだかいったい何喋ったんだか???
いつものように夜はふける
でもって ぐうっ・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20131102丹後半島 五箇山

Imga0291 スカッと目覚め

朝風呂にどぶん!

師玉のひと時
そして屋上で涼んで
周囲を見渡す

澄んだ空気
山間の霧が谷間をぬうように見える

海の青さ
古い家並み

これが京丹後の風情かぁ
昨日も乗り継いだ高速道路から見る風情は
日本の田舎を完全に残したものだった
丘と水田とまばらな民家

日本って良いなぁ

朝飯も相当多めに食ってしまった

支度して
さて本日は丹後半島海側回って
五箇山まで行く!
でも工程の距離を算定してないけど
たいしたこと無いと踏んでた

料理長
さすがに朝の出勤はバイクじゃ無い
写真撮影などしながら
本日のコースなど聞いてみると・・・
中居さんも昔走ったと言う
ワインティングロード!
海岸線も見えて最高らしい!
さらに 経が岬 も素晴らしいらしい!

出発! お世話様でした

海岸線が美しい!
Imga0303 遠くに見える久美浜も
今回はほとんど見てないけど
今度来る時はしっかり見たいね

しばらく行くと有名な 琴引き浜!
西側から入ろうとすると・・・・・有料駐車場
バイクでも500円!!!!
即Uターン!
ちょっと浜に降りてみたいだけなのに・・・・

しばらく行くと 遊び浜?なる場所
未舗装もあるけど フェザー8なら楽ちん!
おー
サーファーが居ますね
キャンプ場みたいな施設

夏は有料駐車場らしいけど
今は無料!!!
琴引き浜は東側のエリアがお勧めです!

ポイントブレイクしてる波に親子のサーファーが楽しんでる
良いね!

さあて
鳴き砂のほんとの鳴きは聞けるのか!?
浜に降りてもなんら音がしない
どうすりゃよいの?

しばらく歩くとひょんな拍子で きゅっ って音がするよなしないよな??
そのうちコツが解った!
足の裏で乾いた砂を蹴りこむようにすると 完璧! 鳴きます!
そういう事ね!

Imga0310 さらに走って素晴らしい海岸線を堪能
そして 経が岬 本日はなんと!
特別に灯台の中を見学できる特別見学の日!!!!
ラッキー!

でもけっこうな山道
800mプラス山頂も回る1kmがっつり歩いて到着
素晴らしい眺めです
海上保安庁の係りの人が丁寧に説明してくれたり
絵葉書無料だったり
Imga0320 当たりです!
ラッキーです!

さらにバイクで海沿いを行くと?
舟屋?
Imga0336
そういえば海面すれすれの民家が並ぶ場所があるとか!
舟屋の里伊根 道の駅に寄ってみる
滅茶苦茶うまいかき揚げそばを食って海岸の舟屋見学
津波は大丈夫?って思ってしまうくらいすれすれ
船がそのまま家に入れる?

しばし、集落の沿岸道路を走ってみたりして
さあ!
明るいうちの
天橋立!

今日は山の上から見る!
天橋立ビューランド なる遊園地がある
その麓にケーブルカー 一人乗りリフト乗り場がある
すんごい混みようだが
麓駅前にバイク、自転車など無料の駐車スペースがあって
昨日回って見たとは言え無料の場所なし と思っていたが
あたりを2周回って駐車場の空きを探してみてたら
バイクはこちらです! って係りの人が・・・

おう無料ですってか!サンキュウ!
さあ
登ります!!!

後ろを振り向けばなんとなく絶景なんでしょうが
上まで登ってからしかるべきビューポイントがあるはず!
我慢して降りてくる人やケーブルカーなんかを観察
鹿がけっこう出没するらしく 足跡あり!
斜面の花壇がけっこうやられてますね

Imga0347
やっぱ上からの眺めが最高です
これが日本三景だ!!

二度も来たかいあって
上から見れて幸せです!
ゆっくり場内を散策
ってな事してる真に良い時間となった

果たして、本日の宿 五箇山にはいつ到着するわけ?
もらった観光パンフでみると高速道路はつながって無い

舞鶴から敦賀まで下道
そして高速乗ったまま岐阜方面へ行き
五箇山インター降りてすぐ!

でもこれが凄まじい距離だった
すでに夕暮れ4時近いのに200kmはありますぜ~

どういうこと!
そういう甘い考えってわけ

まづは下道
舞鶴はけっこう開けた都市ですね

真っ暗になって敦賀
ようやく高速に乗るが・・・・
福井まで60km、金沢まで90km
さらにその先80kmくらいはあるぞ

北蟹江に6時到着
ここいらで先着組に遅れることを連絡しておこう

天候が良いのが幸い
まあ8時までには到着するはず
飯 残しておいてぇ!

ただひたすら高速を走る
以前は雨の中 走ったな

今回は一人だし
やたら早いマシンだし
カウルも完璧
相当なスピードでもOK

7時45分にはコテージ到着
皆さんおで迎え?

違った?
飯も食ったし
これからライトアップされた合掌造りの家見学だって

まあ付き合いましょう
飯は お預け!

観光バスが数台乗りつけての
ライトアップ見学コースが設定されている

すでに8時を回るとほぼ、自分らの貸切状態
思い思いに夜景写真撮影

Imga0363 けっこう難しいが
綺麗に撮れる場合もある
しっかりおもちゃの三脚立てて、セルフタイマー使えば
光が足らなくてもOK
バッチリ

一通り回って、舞鶴で既に酒は
やまはい仕込みの旨そうなの購入してたけど
地酒も購入

さあ
帰って酒盛りです

昨晩の豪勢な膳には及びませんが
十分酒のつまみになります
五穀米も旨い
ついつい食いすぎるな

西は広島からの人も含め本日は 8名
深夜まで飲んで古民家の囲炉裏の香り漂う
寝床で ぐうっ・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20131101京都御所から京丹後へ

本日は、休日出勤分で会社休みの金曜日

昨日のニュースで京都御所が拝見できる短いチャンス!

13時からレンタル予定なんで

朝6時30分には家を出て10時ころには京都に到着

スーツケースを手荷物預かり所に預ける
駅のコインロッカーはもういっぱいで入る大ききの
なんかほんの僅かしかない

昔ながらの預かり所が南口の東の端にあった
さらにロッカー500円がここは430円だし!!!

今回は地図なし
携帯の 助手席ナビ さらにガーミンの GPS地図付きの旧型2007年モデル
map60CSxを持ち歩く

でも・・・・・

やっぱ地図必要だよ、大きく見渡せないので道筋が読めない!
でも買わない

そのへんで配ってる旅行パンフレットで代用

御所は・・・・真北
でもさっすがに歩きは時間がもったいない
地下鉄に乗って最寄り駅

歩き出すと??
GPSで現在地はわかっても御所のどの入り口に行けば良いのか???

角に交番があって最寄入り口は→

を見つけて・・・やっぱこういうのはねぇ GPSではわからない
いや、わかるのもあるのかも知れないけど
Imga0181持ってないし
携帯でルート案内すると急激に電池が消耗してしまうし

しかし広い敷地

今回は秋の一般公開5日間の2日目!ジャストタイミング
平日なんで空いてます!!!

公開される主なものは以下の通り

御車寄

おくるまよせ

屏風

びようぶ

墨絵山水

すみえさんすい

富士山

ふじさん

) 筆者 

がん

回廊

かいろう

(西側)

公事録附図

くじろくふず

パネル展示6点

回廊

かいろう

(東側)
生け花(

月輪未生流

つきのわみしょうりゅう

御室流

おむろりゅう

嵯峨御流

さがごりゅう

紫宸殿

ししんでん

高御座

たかみくら

御帳台

みちょうだい

清涼殿

せいりょうでん

釣灯籠

つりとうろう

5基

小御所

こごしょ

人形(

舞楽

ぶがく

)展示(

東遊

あずまあそび

4体,

陵王

りようおう

1体,

安摩

あま

2体Imga0229_2

御学問所

おがくもんじょ

(北側)

襖絵

ふすまえ

4面(

花鳥図

かちようず

迎春北

こうしゆんきた

) 筆者 

塩川文麟

しおかわぶんりん

広い外周を回り込んで
宜 秋 門から入場

日本人で良かったって思える素晴らしい文化財です

舞楽の舞姿、20世紀少年がパクったようですね
建造物の木造があまりにも見事

Imga0217

さらに庭木との調和
秋晴れの空とのコントラストが絶妙
これぞ秋の一般公開日和だぁ!!!
ほんとラッキーです

12時30分までゆっくり見学

素晴らしい秋のひと時でした

お次は阪急西院駅近くのレオタニへ
京都駅の手荷物預かり所で荷物受け取る前に
旨そうな京都ハヤシライスをいただいてからGO!

13時20分と少し遅れて到着
会員なんであっという間に手続き終了

着替えてから・・・さて
スーツケースどうする!

しっかりしたセカンドシートにサイドグリップ
雨の事や荷物のまとめやすさからして
このまま隙間だらけのスーツケース積んじゃえ!

バイクはフェザー8
Imga0600十分なカウル面積、低いポジションだけど
楽でもある
美しいブルーメタリック
これは自分が最初に買ったギター、カワサキGPZ900R、などのお気に入り色だ

さあていったいどこのインターから向かえばよいのか?

ガーミン60CSxは6年以上前の地図データ
携帯の 助手席ナビ でルート検索
京丹後の久美浜の宿 みのり旅館へ

沓掛インターって・・・
丹波から下道?
さらにわちでまた高速に乗って・・・

うわーわかりにくい

まずは沓掛入口で迷った
ってなんだかインター入口が携帯のナビと整合しなくて・・・

そんでもなんとか帆癖方向へ!
完成してない高速は何とも不安

宮津天橋立インターの看板に
日本三景天橋立すぐ!って書いてあったんで
思わずまだ3時だし
Imga0262行きます!

ここは平日以外絶対無理な
駐車スペース 智恩寺 

ここから歩いて天橋立方面へ
すると橋が・・・・

お早目に渡ってください???って

あーそういうこと!

Imga0265

橋が橋脚から回転!
船が通るのです!

ウイーンンン
ガシャン

なるほど!

誰だか「故障はしないの?」
係りの人はへいきで「時々します」

って

Imga0269_2

・・・・・「へぇー」
まあ回転が止まらなくなるとか
ずり落ちるとか????

そんな大事には至るまい?

先に行くと
ほうこれが天橋立?

あんまり絶景じゃ無いじゃん?

ただ凄い潮の流れが急で川のように流れてる
防風林の松があるのでこれさえなければ
OFFショアで風が吹けばウインドサーフィンの最高速トライが・・・・

Imga0273

できるわけないか

これは上の方からみないとダメでしょう
良く見ると両岸に丘の上まで行けるリフトがある!
これが基本の眺め方なんだな

うわさの股覗きはこの海岸線ではムリだってば

今日はもう5時近いので
明日また来てみよう!

さあここから宿までは?何キロ
たいした事ないじゃない?

40㎞はあることが判明!
頑張らねば

すっかり暗くなった丹後半島の付け根を横断

18時10分になんとか到着

そこにはBMW k1300が!

聞くとなんと 料理長が通勤で使ってるとか・・・

Pa0_0008

料理長
この料理

まづは温泉入ってからだけど
キャスター付きスーツケースの荷物はこびは楽ちん
さらに旅館の人が持ってくれたんで

さらに楽

案内してくれた中居さんも なんと!

以前は裏の峠を走っていたとか・・・・じぇじぇじぇ
って?走り屋の宿?
たしか宿のHPにも ツーリングの宿として・・・・
みたいな文句が書いてあったぞ
http://www.minoriryokan.com/

Pa0_0006まあ昔の話ってこと
さらに料理長もここ2年ほど前に
ここで働き始めたそうだ

最近になってツーリング客も意識し始めたらしいね

食事も旨かったし
料理長さんを呼びつけて?

いやあ バイクの話がしたくて
このあたりはもう冬ごもりでバイクはお蔵入りだとか
モンキー数台持ってて、ネットで買ったパーツで改造しまくりだとか

もう明日の仕込みもあるのに話し込んでしまったい

なんせ 食事コースを贅沢したんで
出るは出るはの料理
丹後牛、アワビ、かに、かれい、その他・・・・

酒もしこたま飲んで

外に飲みに行きたい雰囲気なのにもう
意識不明・・・・・・ぐうぅ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最高な初日だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013101920JWA FW アマCSとオープン参戦 実連解散P

JWAフォーミュラーウインドサーフィン アマチュアチャンピオンシップ2013

浜名湖

お世話になってきたウインドサーフィン実業団連名 解散パーティーもあって
参加してみた

4時30分起床の5時出発って感じ

いつもの御前崎行くのと同じ
湾岸回って行こうとしたら?
どうやら一部通行止め情報がナビに・・・・

じゃ、東京湾トンネル抜けてから首都高へ

でも・・・東名川崎で事故・・・2km20分
牽引していたプレジャーボートが外れて、路肩でストップ???

何とかその先は三ケ日まで渋滞無し
途中 富士川サービスエリアでしらす釜揚げどんぶり!

131019_174901


富士山が今年初冠雪だったが曇り空で上部が隠れて撮影には耐えない
でも、節目の富士山は美しい
夕方やってたテレビの画像拝借

三ケ日から20分程度でビーチスマリーナに9時15分到着
けっこう皆さん到着してる

小奇麗な湖畔の設備です

131019_1125010001_2


しかし、どんより曇り、小雨、無風
まづはフォーミュラーを仕立てて
10.5ベイパーを組み立てる

まあ見知った人と雑談で暇を潰す
ぼう ○○ハの関連社員の方から
V MIN?の開発秘話聞いたりして盛り上がったぁ
冷却ファンやらホイールベースのことなんか

そんな中 Aグループ(自分はB) 7.5㎡級はスタート予告!

ほんとにできるんかなぁ?

実連の老齢な皆様も次々出艇!

え、いつも運営サイドの、あの人もこの人もウインド乗れるんだぁ?
ってな失礼な・・・

実連の創世記では活躍していたのだった?!

でも・・・レースやっぱ一部キャンセルだったらしい

本日は実連解散 フォーエバー パーティー
そちらの準備で フォまれ君も来てる・・・でも
カレとはスキー場の宿かレストランか温泉でしか見たことが無かった
水辺で会ったのは初めてだけど、パーティー準備のために来てるので
海上にいるのは今回も見送り

Ca3b0048_2


Ca3b0047_2


Ca3b0051_2


Ca3b0053_2


Ca3b0055_2


Ca3b0057


なわけで湖畔を散策

浜名湖唯一の島 つぶて島

回り込んで山に入るとお寺が2件

こんな半島の先っぽにもあるんですね

アサガオ?綺麗な大倫の花弁

10m以上もの高いところまで延びてる

こりゃなんて花か?葉っぱは見慣れないけど花はアサガオだね

で、やっぱ本日は終了

一旦宿 くれたけいん鷲津 わしづ へ

駅前です
なんかお祭りしてる様子?

Imga0012


チェックインしてから様子を見に出てみると!

駅前広場に向かって山車が練り歩いてる!
おお!さらに広場では振舞い酒! 升酒ですよ!

Imga0016


思わずいただきます!
さらにImga0022


Imga0024


花火まで上がってこりゃまたパーティー前の景気付けには上出来!

そしてマイクロバスで会場 ヴィラ浜名湖 へ

こりゃまた豪勢な感じの会場です
前の結婚式が終わって無いって・・・待ち

それでも手馴れた実連の皆々、対した遅れも無く準備を整えて
オープン!

Imga0051


サクラダさんとシフォさんがあの名番組 ザ・ベストテン!
に似せて登場し、進行もあの順位表の画像が出されて
10番目から
プログラムがめくられて行く!

プロジェクター画面は2面も使用してマルチ画面!
(ちょっと不手際もあるが愛嬌です)

Imga0150


すばらしい演出です

Imga0054


Imga0097


功績のあった人、逸話のある人、思い出のイベント、ファミリー紹介、創世記の話画像、会場に来られなかった人への直撃テレフォン、懐かしいの実連立ち上げ年度のイントロ当てクイズ、テキーラナース攻撃

猛烈な勢いと構成にビックリ

さすが としか言い様がありません

この勢いをJWAが継承できるとは思えないなぁ・・・・

いや、実連の勢いも取り込んで楽しく大きくなってほしいですね

7時30分から10時30分まで 大いに騒いで楽しめました
送迎バスに乗って くれたけいん鷲津  就寝

最終日へ続く・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »