モーターパラグライダー

2014年9月18日 (木)

ペラ破損

9月14日は久々にモーターパラグライダー

でも、風弱くキャノピーの立ち上げがギリギリ
エンジンは問題なく6800rpmまで回転
回転計の電池切れてたので2032購入
ほぼ良好
さて
キャノピーも綺麗に開いていると思われたので飛んでみる
が、
何ともおそまつなランにて揚力が感じられない?
3回失敗して装備確認
じたばた、けつまづく事もあったので背中からカツーン
とか
いやな音がしたりしてた
あー
やっちまった
Kimg0061先端部3㎜が~
ガードにこすれてギザギザ
まあ、この程度は治せるけど
バランス悪くなったので
もう一本のペラに交換
さて、再トライ!
しかし~
どうもダメ
これは本日は玄が悪いとして中止する
エリアには多数のクラブ員が来てたので
様子を聞いてみると・・・・
キャノピーが遅れていると・・・・
体の後ろに行ってしまって
前に出ていないとの事
トリムが全開では無いのでは?
との指摘
確認しても・・・全開だった
そう言えば
遠い昔になってしまったが、風が弱い時に飛ぶ機会が少なく
弱い時は相当苦労していた事を思い出した
どうも、キャノピーに重さを感じ
消費税アップ前に買い替えも考慮していたのだが
急遽、プニさんのハイエースを購入してしまったので断念していたのだった
空飛びに不安は禁物
やっぱ買う?
Kimg0064 で、ペラは修理完了。
バランスはアルミテープでOK
ユニットの推力は、平岡さん確認では、俺のよりはるかにあるよ!
との事だし、実際にいつものペラで回転数は十分なのでその通りだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月30日 (土)

20131117龍ヶ崎 飛べず・・

本日は風が回る予報

海は今ひとつと考え
来週のPカップのために
車搭載のウインド道具をレースのみの仕様とした

痛んだウエーブボードの修理
はがれかけたデッキをボンドで接着
先端部のヒビ、はがれにボンドコーティング
まあこんなもんでしょう

午後は風が南に変わるけどたいした風じゃないとふんで

龍ヶ崎エリアでフライト、準備
行く途中風が上がり始める
いかんなぁ
これはウインドに切り替えるか・・・

しまった
コンタクトレンズ・・・忘れちまった

仕方ない
龍ヶ崎にとりあえず行って見る

鉄人さん!
でももう帰るらしい
でも風が安定してるので早々準備
立上げ確認
少し風に持っていかれる事もあるが問題なし
前に作った残りが3L
さらに3L作って6L
調子よくエンジンスタート
6700rpmまで回るところ
リッチに振って6650rpmに調整
さて・・・・風が・・・・
吹流しの尾っぽがけっこう調子よく上下してる
風速6から7mだ

車に入って15分
やばいねさらに風が上がってきた
携帯で風情報を見ると!

やばい
沿岸部で風が上がってきている
予報も相当夕方まで上昇の予報

しばしすると 夕方の使者ともう一人参上

しかし
ユニットは持ってきてない
様子見に来ただけ
しばしだべりながら撤収

本日はエンジンの調子を確かめて
キャノピーのしわ伸ばしで終了でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

20131014 龍ヶ崎 フライト

前日13日モーターパラグライダーの砂落とし水洗い

車の周囲にキャノピーを吊り下げて内側、内部、外側とホースで水洗い
さすがに洗剤は使えません
あまり擦るのも良く無いので
水かける、手ででなでる
しかし、頑固な波崎の砂は綺麗には除去できなかった
まあこんなもんでしょうか

これができる条件はけっこう厳しい
車の周囲に吊り下げて作業できる広い場所とそれなりの水量が確保できる事
ポリタンクに電動ポンプじゃダメだね

夕方の作業だったんで完全には乾かなかったけど
フライトできる場所に広げておけばあっというまに乾くでしょう

さて

20131014月曜日
まずは家の買い物手伝い
昼から龍ヶ崎へ

11時には誰も居なかった

にいさんやこばさんに電話してみたが連絡つかなかったり
風邪だったり


慎重に一人でやります

エリアに着くと
風が上がり始め5,6mはあるか

海なら問題無いけど
陸は不安定なんで注意が必要

まづはライズアップ練習兼ねたキャノピーの乾燥
けっこうきつい風とガスティーなもんで
翼端がすぐに潰れて風向も微妙に変化する

それでも何とか安定して維持できる
十分乾燥するまで凧揚げ

次は
エンジンユニット組立て
釣り位置を少し3cmほど後ろにズラした
先日室内で吊り上げて乗ったところ
ペラが水平ではなく少し後ろ下がりになっていたからだが
釣った状態での調整じゃないのは少し不安
後で再調整が必要かな

今日は翼面積をアップした市販ペラ改造タイプ

やってる間に かめちゃん、鉄人さん、んっとさん3名登場で心強い
あとからさんも登場

MAX6920rpmを6850rpmくらいにリッチに調整
ペラが重いので回転はスムーズな感じ
新品プライマリーポンプも良好だが
最初のエア抜きが肝心

それでは行きます
キャノピーセット
アクセルライン接続
さて立ち上げ!

って!???スロットルレバーにラインが絡んで失敗
今回手の中にスロットルグリップが入らない取り付けをしてみたが
これが失敗
レバーの出っ張りにコントロールコードやらアクセルコードやらがひっかかった

ノーマルに直している最中にアイドリング中のユニットから異音
一旦降ろして確認するも不明
アイドリングが少し落ち込むタイミングでペラがどっかを叩いている音
しかし、良く見ても高回転にしても何も問題なし

仕切りなおして
キャノピー付けて
アクセル付けて

バックでライズアップ
ラインは問題なし
エンジン、ペラとも異音なし

GO!

風が強いが今一浮力を感じない
5歩程度でテイクオフ
右旋回で回り込んで高度を上げる

http://www.youtube.com/watch?v=uoA0R0G_b6s&feature=youtube_gdata_player

まずは360度

観音様Imga0677


そしてエリアImga0676


さらに本日一回目の
航跡20131014

本日は2回フライト

エキパイのゆるみを締め直し
ワイヤーロックも締め直し
残り3Lだったがどうもこの程度で機体が揺れるとエアを吸う場合がある、若干エンジンがプスンと言う場合がある

まあ本日はこんなもんだろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

20130929波崎 45分フライト

ようやく修理が完了

130929_132901


エキパイが破断しても燃料タンクに火が行かないように熱切板増設

取り付けるとエキパイに過度なストレスがかかっていたので
屈曲部をアセチレン酸素バーナーで赤熱するまで加熱修正

エキゾーストパイプとチャンバーが
破断、分解してもペラ側に部品が行かないようにケージ側に留まるような安全対策

これである程度OKでしょう

本日は龍ヶ崎エリアをチェックしたけど
誰もいないし、小さな雲が多数で
気流の乱れが予想されるため
波崎へGO!

1時間で到着
魚屋さんや先生、優しい人など4名確認

雲ひとつ無い青空!

さすがに海沿いは条件が安定している
しかし

結構吹いてる
吹流しの尾っぽが真横で少し上下に振れているってことは・・・・
自分の感じる風速で6mくらい?
オンショアなんでウインドサーフィンはまったく不可能
だけど、カイトサーフィンの連中は何とか2枚目くらいの波までは行けてる・・・が
3枚目までは到達しない様子  真オンだ

自分の経験上OKなはず
まずはエンジン調整から

本日は古いけど軽いペラ、中央をカーボンケブラーで補強したやつ
MAX6700rpmで調整
しかし、高回転前で一旦エンジンがもたつく現象が発生????

キャブレターはスローを少し絞り、逆にハイを多めに空けたりして
?一旦エンジンストップ

どうやら燃料ホースにエアーが混入している
どこか供給ラインに穴がある
しげしげと観察
おお!
これは・・・手押しプライマリポンプの端に亀裂が!
もう古いもんな
ゴムが硬化してるであろうことは承知

どうする?
結束バンドでこの部分をきつく縛り上げて応急処置

OK
これでエアーは入らなくなったが
すぐ交換しなきゃあかんな

次は
ライズアップ練習
しかし
風が強い!
こんなはずじゃ無かったって感じで体を持っていかれる?

最近2ヶ月で3kgもダイエットしてしまったのが大きな原因か
さらに一昨年に比べると7kgは減っている

こればっかりは正直に現象で出てくる
3回ほどやり直し
何とか素早く頭上にキャノピーを持ってくる事で対応できた

ユニット担げばOKだろう
って甘い考えだった

いよいよフライト
って実はこの波崎 植物公園のエリア
津波対策の堤防がガッツリ出来上がっていて3mくらいかな
足場の悪い階段をユニット担いで上がらないとならないのだ

まあエンジン快調です
キャノピー連結

ほい!
ライスアップって・・・・
一度失敗で降ろしてしまったが
ささっと2回目で頭上へ

?左翼端がラインに引っかかってどうやっても外れない
風が強いのでコントロールコードの操作では突っ張ったラインがゆるまない

仕方なく一旦降ろして・・・
見かねた先生が手伝ってくれてサンキュウ

さて!
ほい!

OK!振り向いてっと?
スロットルがうまく握れないなぁ
慌てず握り直してフルスロットル!

2歩でテイクオフ

しかし、高度は
ささっと上がって行くけど
あまり前に出ない!

やはり風が強い!

前進20m程度で30mは高度が出る
まあこのまま左右にゆっくり振りながら上昇する

高度200mほどになって若干風下の海岸線を南下してみたが
相当早い

Imga0671これは行き過ぎると帰れないので
風上へ北上
高度は400m強まで到達

時速10km前後しか出ないが
眺めは秋空で最高

35分かけて赤白 ツイン風車前を通過
10分ほど後からフライトした2人がローパスで追い越して行く

自分のキャノピーは、でかいしスピードが出ないから仕方無い

http://www.youtube.com/watch?v=Bv8s8YVr1LY&feature=youtube_gdata_player

撮影は片手運転なんで高度があるうちに終了

20130929pmpd








帰りは追い風気味だけどローパスで行く
カモメやウミウの真上を見下ろしながらのフライトは
普通じゃ有りえない光景だが
201309292pmpdこのモーターパラグライダーは余裕で可能

でも油断は禁物
海岸線の海風だからできるとも言える
内陸部はちょっとしたあぜ道でもローター風が出るので
条件が限られるからだ
低空では失速に対応できる高度が無いからね

2013092910分程度でエリアに戻って
さあ着陸

安定して目標地点に着陸・・・!ゲゲ

風強し!振り向く間もなく後ろに持っていかれた!

ゆっくり後ろに倒れて行く・・・
初めての亀の甲羅倒し・・・・・

甘かったぁ
ペラは大丈夫か?

ゆっくり倒れたし、アイドリングだったし、柔らかな砂地だし

慌てず左のフックを外して風を逃がす

仲間も助けに来てくれて無事起き上がれた
どっこも破損なし

風が強いのにフレアをかけすぎてたかもしれない
前に走るつもりくらいで降りるべきだったなぁ

燃料7.5リットルで飛んで、残り1リットル
6.5リットルで45分
1リットル7分か

あんまり燃費良く無いなぁ

皆さんも終了ムード
しかし、自分のキャノピーは砂が付き易く取れにくい!
今日は特に最後の亀の子で砂に多めに擦れたのでひどい
ブラシで擦ってもなかなか取れない

これではキャノピーが重くなってしまい
ライズアップがしにくくなってしまう
芝生でしばらく砂払い作業したが取り切れない
こりゃ水洗い覚悟だな

5時には何とか撤収して帰宅
利根川高速で2時間ジャスト

混みあう利根川の栄橋ではなく手前の
長豊橋を渡ったのが良かった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月11日 (火)

20130526龍ヶ崎エリアでフライト

久しぶりに飛びましょう!
ユニットの調子は良い・・・はずなのだ・・・が

家族と買い物の義務を果たし午後1時ころ

お!本日は3人

にいさんとかめちゃんとかんばんやさん

このエリアは春の風がボヨンボヨンなのは承知
さらに田んぼに水が入っているので緊急着陸地点も少ない

気を付けなくてはいけない
この時期の事故が多いのだ

まずは新型 草刈機を購入しったって事なんで分担金5500円払っときます

にいさんは草刈中、他の人は?風が強いとの事で様子見?
でも!たいした風じゃないような・・・吹流しのしっぽが水平より少し下がっていながら
ちょっと跳ね上がる時もある
風速5mあるか?無いか

まずは 立ち上げ練習

問題なく一発で静止
しばし頭上でコントロール
OKでしょう

ユニットに燃料を入れる
ポンプでオーバーフローまで燃料供給
ほとんど一発でエンジン始動!

7000rpmまで回るところ
6900rpmに絞って調整完了
少しづつ最高回転が上がっているのは?

一旦エンジン切ってキャノピー近くで背負ったまま
しっかりエンジン始動!

OKOKOKOK!

キャノピー、装着、アクセルコード接続
後で上空で確認、取り回し間違えてた・・・・・

ラインの取り回しについてはしっかり習得しなくては危険だ!

そんでもってバックから
ライズアップして前を向く

風が安定せずいったん向き直って
整えて前を向く
4歩程度でテイクオフ!

もんだいなし

高度をとるためエンジン全開!

100m程度でなんかエンジン音が違う感じ
それでも200m超え
300m近くでエンジンが7000rpmを超える?

130526_150201 さらにアクセルを開けると
高回転過ぎてトルク不足になり回転が落ちる現象
おお?これはかつてのGPライダー フレディーが使った
GPマシンのオーバーレブ走行と同じか?
モーパラで使う技じゃねえ!
回転計で6900rpmをキープすれば十分なパワーが得られるので
さほど遠くには行かないまま上空で写真撮影

なんとなくいつもと違うエンジン特性なので20分程度で着陸態勢

エリアを捉えて高度まだ100mほど

エンジンストップ?
やはり何か不調だ

手前の田んぼには落ちるはずはない距離
エリア内に必ず着陸すると言い聞かせて
下降を行う
風が強めのため押し戻され気味

コントロールコードは上げっぱなし
トリムも全開

何とかエリアに着陸
130604_1246010001り向いてキャノピーを下ろすと
ギリギリエリア内に下ろせた

ユニットを確認してみてびっくり!

マフラーは振動でステー付け根部がバックリ破損
エキゾーストもポッキリ!

130607_074601 なんとエンジン下方向に 炎が出て
その炎で燃料タンクに穴が・・・・・・

危うく上空で火だるまになるところであった・・・・

マフラーは以前クラックが入って

かしくら鉄工所さんに修理してもらっていたが

130604_124602 エキゾーストまでいってしまうとは・・・

写真は全て修理の後・・・・

そそくさと片づけてラムエッティーに向かう

修理よろしく

ってことで

昨日大洗の帰りに出来上がり

12700円

破損個所が多く工費が加算だ

タンクは半田小手等で溶かして補修可能とのことで自分でやってみる

組んでみると・・・・・思い出した

新品の時も組み付けが癖があってなかなかうまくいかなかった

エキゾーストに いらぬストレスがかかっている

熱処理で修正すべきだろう

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月19日 (水)

20121216波崎でGO

昨夜は声かけてもらって 空飛び連中 太陽の里にて忘年会

8人とも見知った連中
元気に飛んでいるそうだ
会長だった森田さん
なんとか時々車で顔を出すそうだけど

とりあえず忘年会
1時過ぎから記憶が無い
が、しっかり毛布かぶって寝てた
7時30分には声かけて起こしてくれるし
十分朝風呂 入れるし

少しぼけっとしてるけど・・・
調子漁港で朝からやってる食堂でそばを喰らう

ゆっくり波崎エリア、一旦砂浜側から入ってみる
海岸には多数のゴミが散乱している
これはやはり津波の関連物も多そうだ

風向きが今一クロスオフショア西風なんで
クロスオン北になるまで待つ

ユニットに燃料を仕込んで浜に持っていってからエンジン始動!
十分な始動性、回転は6800rpmまで上がるところ
6700rpmに落としてセーフティーを取るが
このままでもOKだと思う
高度2000mまで上がらないと
さほど空気の薄さが気になるはず無く
上げて500mだしね

自分は今年3回日目?

あんまりかぁ
しかし、前回はきっちりシリンダーヘッドばらして掃除してるし
快調です!

燃料も夏を越えてるのに問題なし
このソロの230ccエンジン
キャブへのパイプ部さえしっかりしていて空気を吸わなければ
快調なんですよ

キャブもずいぶん手入れしていないかも・・・
でもフィルター部はしっかり交換してるから
ゴミはあまり進入しないはずだ

7Lの燃料で離陸
少し強めの北西の真サイドの風
上の風力発電地帯に向かう

すばらしい景色
はるか太平洋水平線に雲が見えるが
快晴!!
昨日の暖かい雨で少し大気に湿気が多いのか
筑波山もうっすらしか見えないけど
視界は良好!

アクセル全開を続けるのはエンジンに負荷かかるから
6400rpm付近でフットアクセルを押しこんでやる
本日はGPSを持ってくるの忘れたので高度やスピードが不明だ

まあ、このスカイバイクはあまり反応が良く無いのでスピードも変化無い感じ
途中降下して地面すれすれを飛ぶ

最初の2本組の赤いマーク入りのプロペラ風車に到達
けっこう勢い良く回転している
良くウインドサーフィンしてたエリアだ
ちょうど20分ほど飛行しているのでこの辺で引き返す

帰りは追い風
余裕でもどって
旋回、着陸

目標より手前に降りた
まだまだ目標ぴたりは今一だ

燃費はやはり10分1L
こんなもんだ残り3.5L程度

新たに燃料作るか?
まあもう一回20分ほどで終了しよう

遅い昼食
皆もしっかり飛び始めてる
空に4人はいる状況

少し他の人の動きを注意しつつ
風向きはオンショア北東の風に変化

海岸線を飛ぶのには時間計算が楽
北にも南にも同じ時間で行ける

燃料が少ないので一旦南下して波崎の漁港までで引き帰す
が、もうガス欠の兆候

慌てず姿勢を水平にしてガスが吸い込みやすいようにして
回転が安定する状況を確認

まっすぐ着陸地点に向かって5500rpmあたりをキープ
時々プスンプスンとなる
まるで大昔のオンボロ飛行機みたいだ

本日は総選挙
今日はここで終了して投票に行く
手間を省くためエリアに立てた
吹流しに向けて着陸
手前2mで着陸
バッチリです

そそくさと撤収して
皆さんに挨拶

利根川高速道路?にて帰路
地平線の真正面に真っ赤な夕焼けに富士山・・・・
地平線が見えるのがすばらしい
オレンジから青い空までのグラデーションが見事だ
昨日の大雨が嘘のよう

ダメダメ民主党でも継続という事でしっかり国を運営してもらいたいので
民主党にした

でも、おおかたの予想通り自民党の圧勝
また、大借金の政治に戻るわけだ
どっちみち大借金地獄の日本なので
徳政令を出すタイミングが問題?江戸時代じゃないからそれは・・・

帰るとクラブチャンピオン決勝!
コリンチャンスとチェルシー
すばらしい両チームの試合は手に汗握る攻防の連続
どちらもおしいシーンの連続
その中

一瞬の隙を突いたコリンチャンスが1-0で優勝!
拍手!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月30日 (土)

竜ヶ崎20120630

竜ヶ崎
竜ヶ崎
風は5から7
東北東
ウインドサーフィンは本栖湖が微妙な感じ
空ですな

竜ヶ崎に1時半
ペラを付けて
ん!
圧縮上止点で何か引っかかる
前回は全く問題なしだったのに
仕方なくシリンダーヘッドを外した

何の問題なし
?????

とりあえず
ヘッドのカーボン全く無し
シリンダーヘッドはそれなりに付着
綺麗にカーボンを除去
デコンプを埋めるボルトをシッカリ圧縮漏れ無いように加工し直し
ヘッドの外回りの汚れも除去
新しいプラグが無かったのでプラグも掃除

仕方ないのでここで
きっちり組み上げて

もう一度ペラを手で回してみると

ガツン!????

あちゃぁー
ペラの逆付けでした
このペラはここが当たるから気づくようになってるはずなのに・・・
フライト間隔が空きすぎだ
チェックリストでも作らないとまずいか・・・・

気を引き締めて

5時立ち上げ練習して6時からフライト
かぜは強めなんで4歩でテイクオフ

とりあえず撮影
観音様も良く見える
筑波山もくっきり
スカイツリーも!
30分でガス欠気味
4リットルの燃料ではこんなもの

無事着陸

近くの農家の方が話しかけてくる
空の話しで有効的に歓談
ユニットを背負ってみてもらったり
非常に有効的です!
適当に片付けて終了

日が長いと助かります

プラグの焼け具合から少し白いので
熱価の低いBR7HSを8番に変えてみようかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月29日 (日)

20120428竜ヶ崎今年初飛び

GW初日

本来スキーに行くつもりだったが先輩もキャンセル

相当な渋滞予報

さらに29日は母の誕生日

やっぱ当日になんかしてあげたいよね

ゆっくり起きて

TV見てたら

小笠原諸島の特集(昨年の再放送)

海上から砂浜すれすれを飛ぶモーパラ画像

海面、岩場すれすれの映像はやっぱモーパラだね

よっしゃ!!!!

ささっと積み込み

昨年11月?いらいのモーターパラグライダー

しかし、風が思ったより強い

7m超えてるな

朝が涼しくて日中はポカポカ

サーマル風が吹き始めたか

Photo いつもの春の風

何度かライズアップするがヤバい

持ってかれる

仕方なくメンテでもするか

長年蓄積したキャノピーに入った砂やごみを一つ一つのセルをまくりあげて掃除

果てしないほどの27セル

Pa0_0009 凄い量の砂、泥

これはヤバかった

こんなだとまともに飛ばない

砂袋をセルの後ろに積んでるのと同じ

いつもコントロールコードを引いている状態

イコールライズアップしにくい

速度も出ない

2時間近くもかけて除去

そうしてると少し風が落ちた

よっしゃ!

8リットルの燃料

MAX6800rpmを6750rpmに抑えて調整

アイドリングは2500rpmで少し高め

一旦エンジン停止

座ってセッティング

エンジン始動!

問題なし

立ち上がるのが一苦労

キャノピーまで歩いていると?

しまったウエストベルトロック忘れ

やっぱブランクか しっかりチェックしなきゃ

さて

ちょいと面倒なアクセルラインセット

さあ

飛びます

バックでライズアップ

けっこうキャノピーがあばれる

でも振り返ってアクセル全開

一歩でテイクオフ

やはり風が強いからだ

なかなかステップが出ない

足をかけられないと辛いが

なんとか高度を上げてからグイグイムリムリ引き出す事ができた

http://www.youtube.com/watch?v=0fbzTYNz9s8&feature=youtube_gdata_player

田んぼには水が貼られ始めて

いよいよ田植え

遠くの筑波山はふもとが霞んでいる

スカイツリーやその他高層ビルも 春霞 のかなた

30分のフライトで本日は終了

各部のチェック

マニーホールドキャブ周囲、パッキンのズレがある

一旦ばらして清掃組み直し

エンジンヘッドトップのボルトからのオイル垂れ

緩みは無いが

まし占めして終了

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

20111127 ダメもと竜ヶ崎

本日は風が・・・

まず望めない予報

ウインドははなからあきらめ

空は

波崎くらいしか無理な予報

とりあえず竜ヶ崎に寄ってみるか

すると・・・・

意外に風がある

えーと

1127 クラブ員多数

自分も含めて7名も集合

近年まれにみる人数か?

風が良い間にそそくさと準備

ライズアップも好調

エンジンは

6750rpmを6720rpmに調整

このところ回転が上がり気味

改良ペラも調子良い!

サクッとライズアップ練習

OKOK!

一旦止めたエンジン

ハーネス付けた状況での再始動も問題なし

調子良いですな

さて、キャノピーセット

バックでライズアップ

振り向いて2歩でテイクオフ

んーっ

好調好調!

さてしかし、アクセルのラインが悪い

どうも ねじれて取り付けてしまう

上空200m以上に到達してからアクセルラインを一旦外してひねりを治す

まだアクセルに慣れて無い

落ち着いたところで

写真でも・・・

あれ?

飛ぶ前にバッテリー交換したけど・・・

実は 未充電のバッテリーだったみたい

しまったぁ

まあ仕方ないか

40分弱のフライト

湿気がそれなりにあってあまりくっきりした 視界では無いがまあこんなもんでしょう

降りると

にいさんがトン汁をふるまってくれた

旨かったっす

久々に珍しいクラブ員と懇談

?自分の方が珍しいクラブ員か・・・・

なんせ震災以来2回しかエリアに行かなかったからなぁ

ほどなく無風に近い状況

かめさんのオゾン 新型キャノピー「スピードスター」

新型競技用?をかりてライズアップ

やはりオゾンはけっこう良さそうだ

なんだかんだその後は

夕方の使者登場

完全無風で上手く飛ぶもんです

自分は片づけて終了!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20111126 富津ウインド不発 モーパラ良好!

6時に波伝説で風チェック

吹いてる

でも眠い

7時に起床

モーターパラとウインド道具背負って?富津へ

道中ですでに風が落ち始める

10時前に到着したらなんとかウインド走る風が残ってる

マウイセールTR4 9.2 タブーマンタ125でGO!

と思いきや

111126_101801 バツン!ってな音とともにセールのダウンが外れた!

またぁ

マストトップが抜けたかな?

?違う

?シートが切れた????

なんと滑車の留め金が 破断 !

もう!

已む無くマウイセールタイタン7.5を張ってみるが・・・・

すでに風が落ち始めてるのに

すっかりダメダメです

海上30分であきらめ

道具に水かけて乾かす

そして

モーターパラグライダーに切り替え

まだまだ午前中

ハギさんところにキャノピー担いで行く途中

???

どこかで見たことのありそうな人物とすれ違った

一応「こんちわ」っとスカイエンジェルのひとのはずなので挨拶しておいた

さて

そこいらの人とウインドやモーパラの話で道草しながら組み立て準備完了

そこへ

先ほどの人物

あー!

さん

だったんですか

「いつごろから始めたんですか?」

「まだ一カ月です」

「空にはまってしまったんですね」

「ええ、まあ」

なんて会話

気取りも無く気さくです

まずはエンジンチェック

6730rpmのところ6700rpmに調整

キャノピーもライズアップ確認でOK!

少しシワが多い感じだがまあ風も良好な3mくらいで安定してる

お!

2 さんが飛ぶらしい

トップ80の軽いユニット

まだ一カ月

そう慣れていない様子

何回かバックでのライズアップを繰り返す

そして

テイクオフ!

さほど危なげない感じ

聞くと先日は松の木にひっかかったらしいけど・・・・

さて

自分も飛ぶ!

エンジン掛けて、キャノピーセットして・・・・

「ちょっとまった!」

Photo 警察きてるから

え?

何?

どうやら モーパラ墜落の通報があったらしい

ほどなく 保安庁の大型ヘリもやってくるは・・・

先に飛んでた聡さんやメシ塚さんもヘリが近づいたので降りてきた

1時間は捜索していたが・・・・

なんと!

横浜のイベント会場から飛んできた赤い直径80cmのバルーンが落ちた事が判明!

お騒がせな話だが

保安庁も警察も通報者も悪い訳では無い

ありがたい話だ

何かあったらほんとに来てもらう事だってあるんだし

気を取り直して

GO!

風が少し弱め

ライズアップ途中で2度ほどやり直し

3回目で3歩でテイクオフ

しばらく飛んでると

さんと もう一人も離陸

2機を動画で空撮してみた

Photo_2 雲間から太陽がそそぐ三浦半島が美しい

40分ほどで着陸

後は皆さんと歓談

風もさらに落ちて終了

本日は思わぬ人と遭遇できた

https://picasaweb.google.com/105007894298571806244/20111126?authkey=Gv1sRgCI3Z-Omlgr2oIg#

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧